ブロックチェーンのメリットとデメリットを紹介!

「ブロックチェーン」はメリットやデメリットが存在するようで、様々な貿易業務への動きが注目されているようです。

そこで今回は「ブロックチェーン」についてメリットやデメリットを含めて、たくさんの情報をお届けしますのでぜひ参考にしてみてください。

1. ブロックチェーンが貿易業務を変える?!

「仮想通貨」を上手に活用している方は「ブロックチェーン」という言葉をご存知でしょうか?

「仮想通貨」のサービスが成り立つ上でかなり重要な技術として注目されているのが「ブロックチェーン」のようです。

「ブロックチェーン」は貿易を変えるのではないかと言われているみたいですが、デメリットや今後の課題はまだまだあるそうです。

デメリットなど紹介する前に、「ブロックチェーン」とは何なのかわからない方のためにも、少し紹介させていただきます。

「ブロックチェーン」はサトシ・ナカモトという方が公開したシステムで、一言でいうと台帳と言えるみたいです。

なぜかというと全ての取引を記録しているからということだからです。

「仮想通貨」と何の関係があるのかというと、「ビットコイン」の取引データ技術として活躍しているということのようです。

「ブロックチェーン」は分散して管理されるみたいなのですが、ユーザー同士でシステム管理をする構造になっているようなのです。

そんな「ブロックチェーン」ですが、まだ活用され始めたばかりの技術なので、当然デメリットや今後の課題はあると言われています。

「ブロックチェーン」にはどんなデメリットなどがあるのか、遅くなりましたが紹介していきますので、参考までに見てくださると嬉しいです。

デメリットは「ブロックチェーン」の処理速度というのが挙げられているようで、今後の課題としても話題になっているようです。

やはり、「ブロックチェーン」が活用し始めたばかりの技術ということで処理速度が課題になってしまうのは当然になってしまうのかもしれません。

処理速度は数秒から最大でも10分くらいの時間がかかってしまうので、スピーディーを求められる動作のアプリケーションにはとても不向きだと言われているみたいです。

スピーディーな処理をしてくれるなら、安心感はあるものの処理速度が遅いという点だけでも、かなり不安要素のあるものと認識されてしまいがちです。

とはいっても、最近活用され始めた技術なのに処理速度のみのデメリットと課題なら前向きに考えるとかなり優れているほうなのではないかという考え方もできるようです。

しかも、処理速度が上がれば貿易業務をどんどん変えていってくれるのではないかとも言われているようです。

「ブロックチェーン」にはデメリットや課題がありますが、それ以上にメリットとなることがあるのでお次で紹介していきたいと思います。

2. ブロックチェーン技術が与える貿易業務への可能性

「ブロックチェーン」は上記で紹介したことだけでなく、「フィンテック」の中でかなり注目されている技術としても話題を集めているようです。

「分散型台帳技術」とも呼ばれている「ブロックチェーン」ですが、複数の取引関係者の間で情報をとにかく共有できるというのが大きな特徴だと言われているみたいです。

「ブロックチェーン」が登場するまでは、色んな導入を考えてきたりしたようですが、どれも全世界ベースで足並みを揃えることは簡単なことではなくて、「ブロックチェーン」のようにすることはできなかったようです。

ということで「ブロックチェーン」は貿易業務においてかなり優れている技術として導入されているようで可能性を秘めていると注目されています。

さて、「ブロックチェーン」が与えるメリットはどんなものなのか見ていきましょう。

「ブロックチェーン」のメリットはというと、分散型なので他所で復旧できるというメリットがあるようです。

その他に海外への送金コストがかなり削減できることが挙げられているみたいです。

これは、「ブロックチェーン」によるユーザー同士の直接の送金ができるので、最小限の手数料で済むらしいです。

そしてデータの改ざんが不可能になるということがメリットとして挙げられています。

なぜかというと、「ブロックチェーン」は暗号化されて分散して保存されるからということみたいです。

何かあればすぐ不正が明らかになるし、ほとんどの確率でデータの改ざんが不可能とされているようです。

データの改ざんが不可能ということだけで、かなりメリットの高いものだと思います。

ということで、「ブロックチェーン」は安全性の高いものと言えるでしょう。

今では様々な貿易業務へ「ブロックチェーン」の技術が導入されているようで、必要性もかなりあるとされています。

そこでお次では貿易業務への「ブロックチェーン」の技術導入の動きについて紹介していきますので、参考までにと言ったところですがぜひ見てみてください。

3. 貿易業務へのブロックチェーン技術導入の動き

「ブロックチェーン」の技術は様々な貿易業務へ導入されているようですが、どこもまずは検討することから始めていたようです。

「ブロックチェーン」は取引関係者間のデータの共有に大いに活用できるのではないかと考えて導入を検討していった様々な貿易業務は、どのような動きがあるのかいくつか例を挙げて紹介していきますので、参考までに見てみてください。

3-1. WTO(世界貿易機関)

まず、WTO(世界貿易機関)という貿易業務の「ブロックチェーン」の技術導入の動きについて紹介したいと思います。

やはり輸送などのビジネスにおいて、コスト削減というのがかなり大切になってくるようです。

「ブロックチェーン」の導入として貿易量を増やすことができるという動きが見えているようなのです。

コスト削減ができる上に貿易量を増やすことができるなんてこんな嬉しいことはないと思いました。

3-2. 三井住友海上

お次に三井住友海上が「ブロックチェーン」の導入にあたって実証実験をしたようです。

やはりデータの改ざんが不可能といった点に導入を検討しているということみたいです。

データ紛失のリスクを削減できるということで実証実験を行っているので、今後どのような動きになるのか楽しみです。

3-3. NTTデータのコンソーシアム

お次にNTTデータのコンソーシアムということですが、コンソーシアム活動というのがあるようです。

NTTデータは、「ブロックチェーン」を活用して貿易関係者の事務の手続きの効率化や利便性の向上を目指しているようです。

なのですが課題なども見つかったため、コンソーシアム活動を行い課題への対応を行なっていくとのことです。

3-4. 東京海上日動とNTTデータ

お次に東京海上日動とNTTデータということですが、東京海上日動は「ブロックチェーン」導入をスタートさせたようです。

「ブロックチェーン」であれば、医療機関の受診状況などのプライバシーに関することであっても、セキュリティを確保することが可能と考えたようです。

東京海上日動とNTTデータは、保険金請求業務の「ブロックチェーン」の技術適用の実証実験を昨年冬に開始したようです。

実験終了時期は未定で、外交貨物海上保険の保険金請求への「ブロックチェーン」の技術の適用は、日本にとっても初の試みとなるみたいなので、今後に期待です。

4. ブロックチェーン技術と貿易業務の今後まとめ

「ブロックチェーン」の技術は様々な貿易業務においてメリットがたくさんあるので、導入するところが今後増えていくのではないかと考えられます。

今回は、「ブロックチェーン」のメリットやデメリットなど紹介していきましたが、「ブロックチェーン」はデータの改ざんが不可能となっていますので、かなりセキュリティの整っているものだと感じました。

不正することが不可能ですが、もし不正があっても分散型台帳技術ですので、すぐにわかるので安心したシステムだと言えるようです。

今や、「ブロックチェーン」は様々な貿易業務へ導入されていっているようですが、まだまだ始まったばかりの「ブロックチェーン」なので、課題はあるにしても実証実験を行ってしっかり対応していっているので、今後の「ブロックチェーン」の動きに期待できるでしょう。

今回紹介した点を参考にしてくださると嬉しいです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする