副業の詐欺が横行?株式会社delightについて

最近は政府が副業を推進しているぐらいですから、副業情報がネットにも盛んに増えていますよね。

実際に自分が調べただけでも数え切れないほどの副業情報があり、ネットビジネスを4年やっているのに未だに見たこと無いビジネスモデルを発見することもあります。

そんな副業の最盛期とも言える昨今ですが、このブームを利用した新手の詐欺のような被害も見聞きするようになりました。

副業ワークを紹介するという名目で登録料や利用料を支払ったのに全く仕事が紹介されない、という被害が起きています。

『株式会社delight』という会社での被害者が多数いるので、今回はこちらの会社についての記事を書いていきたいと思います。

株式会社delightはヤバイのか?

株式会社delightとは

株式会社delightとは愛知県名古屋市に本社を置くIT系の企業です。

所在地をGoogle Mapで調べてみましたが、立派なビルだったので信頼できそうな企業ではあります。

多くの怪しい商材会社などは、Google Mapで住所を調べるとボロアパートや一軒家が出てくることも珍しくないのですが、こちらは実態のある会社のようです。

株式会社delightでは副業パートナーを随時募集しておりホームページでも堂々と募集をされています。

株式会社delightの副業に参加すべき理由

株式会社delightの副業には、すぐに参加すべきです。

その理由をお伝えします。

スキマ時間の作業でネットショップを運営

本業が忙しい人でもスキマ時間だけで確実に月8万の安定収入を得ることができます。

副業を始めても時間が全然足りなくて、プライベートの時間が無くなってしまう人も珍しくありません。

本業から帰宅したら家でずっと仕事ばかりの生活をしてやっと月1万とかの世界ですからね。

ただ株式会社delightのノウハウがあれば、未経験者でもサポートがあるので大丈夫です。

未経験でも完全にサポート

・ネットビジネス未経験者

・ネット自体を使ったことがないインターネット初心者

などでも、株式会社delightの指導があれば確実に稼げると説明されています。

ネットビジネス未経験者はまだしも、ネット初心者まで稼げるって凄いですね。

今までネットを使ったことがなくて、キーボードの打ち方すらままならない人でも稼げてしまうのですから、株式会社delightのサポート力は信用できます。

誰でもやるだけで稼いでいける

誰でもやるだけで稼げてしまうと宣言されているので、おそらくサポート力やノウハウに相当の自信があるのでしょう。

実際に愛知県の株式会社delightのパートナー40人は平均で月収10万を稼いでいるほどなのです。

40人全員が稼いでいるというだけでも、再現性が非常に高く信頼できるビジネスノウハウだと思います。

株式会社delightの副業の真相

株式会社delightの副業はおすすめできる?

株式会社delightの副業はおすすめできるのかと聞かれると…

全くおすすめできません!!

絶対に利用しない方が良いです!

登録料を取られるだけで終わる

実際に副業のパートナーに登録した方々の口コミを見たのですが、登録料を30〜50万も必要なのに仕事が全然もらえなかったそうです。

副業の仕事ができるから、高い登録料を払っていたのに、意味のない投資になってしまってるのです。

そもそもネット副業の初期費用として30万や50万は高すぎます。

ネットショップ運営程度なら1万以下でも作成が可能なのに、無知な情報弱者に対して偽りの事実を述べることによって無理やり高い契約をさせているんでしょうね。

仕事が全然貰えず稼げない

株式会社delightの副業パートナーになったら「やればやるだけ稼げる」と言われていたのに、仕事がいつまで経っても貰えずに全く稼げないまま半年や1年が経過した人達がいます。

返金してもらおうと頼んだら『カリキュラムをやっていないので無理』と断られた方もいるのです。

いやいや…

なんで副業始めるのにカリキュラムがいるねん!笑

副業をするはずのに学校になっているし…

株式会社delightの、この発言が事実だとするのならば稼がせる気なんて全くないのでしょう。

ネットショップ運営に費用は必要ない

そもそもの話なのですが、ネットショップ運営に高額な費用は必要ありません。

・ドメイン代…年間1000円程度

・サーバー代…月額1000円程度

・テンプレート代…5000円〜2万円の1回買い切り

程度の費用なので、1万〜2万程度の軽費で抑えられるのが実情です。

私はアフィリエイトを4年以上やってきて、今までサイトを50以上作ってきたからこそ、サイト運営に費用がかからないことは分かっています。

ですが、これからサイト運営を始めて行こうとしている人は、費用相場が分かりませんからネットショップを作るのに30万や50万が必要だと誤解してしまっても不思議ではありません。

このような誤解を利用して騙し取っているのは許せない行為でしょう。

ネットショップで月8万の難易度

ネットショップで月8万を簡単に稼げると説明されています。

ですが、現在はネットショップ運営で月8万を稼ぐ難易度は非常に高まっています。

というのもネットショップでアクセスを増やすにはSEO集客をする必要があります。

ですがSEOの難易度が急上昇しており、簡単に上位表示ができる時代ではなくなりました。

昔はコンテンツを追加していったり、被リンクを集めるだけで簡単に上位表示ができていました。

ですが現在はコンテンツや被リンクの『品質』も重要視されるようになってきており、適当なSEOだと効果を得ることができません。

SEOこそがネットサイト運営の収益の柱になるので、ここの難易度が上がっており月8万ですら簡単な時代では無くなってきているのです。

特商法が完璧でも騙されない

今回の株式会社delightの販売ページにある『特商法に基づく表示』は完璧です。

・住所

・代表者氏名

・会社名

・電話番号

などが全て記載されています。

住所を検索しても立派なビルが表示されますし、京都に支社まであるようです。

このような怪しい案件を紹介している会社は特商法の表示が無茶苦茶だったりするのですが、株式会社delightは立派な企業の形となっているのです。

ちゃんとした会社ならば、副業で騙すようなことをせずに真剣に仕事を紹介した方が良いのに…、と思ってしまいますね。

返金対応はされないようです…

多くの方が返金を求めて問い合わせをしているみたいですが、株式会社delight側は全く対応してくれないようですね。

・消費者センターに問い合わせ

・カード会社に強制解約を頼む

の2つが唯一返金してもらた事例のようです。

消費者センターから株式会社delightに連絡をしてもらって返金してもらえた事例があったようです。

またカード会社側に詐欺であることをしつこく伝えると、ご厚意によって解約対応してくれる所もあったみたいです。

一度契約してしまったものなので、後から解約するのは骨が折れますが何もしないよりは試してみる価値があるのではないでしょうか?

被害者が掲示板で嘆いている

こちらの株式会社delightの被害者はネットの個人の口コミが多く掲示板や質問サイトで嘆いておられました。

個人ブログでの批判は、まだまだ少ないですが今後に被害が拡大していけば増えていくかもしれません。

ネットショップの運営は難しい

Amazonなどの強豪が強すぎる

ネットショップ運営は

・Amazon

・楽天

・ヤフーショッピング

の3つが強すぎて、総合サイトでは勝ち目がありません。

Amazonなどの大手サイトを使わず、得体の知れない個人の通販サイトを使うわけがないですよね?

無名サイトは特化してニッチで稼ぐしかない

無名サイトは1つの小さなサブジャンルなどに特化して商品を売っていくのがベストです。

例えば、

・海外食品の総合通販

ジャンルが広すぎてライバルも多く今から参入は無理です。

ですが、

・カンボジア食品専門の通販

・ブルガリア食品専門の通販

など範囲を狭めることができれば個人でも売れそうだと思いませんか?

実際のところ個人がネットショップを運営するのなら、ジャンルを狭くする必要があるのです。

ただジャンルを狭くするとアクセス数も少ないので売上が出るまでに時間がかかります。

簡単にやればやるだけ稼げる、というほど甘い世界ではないのです。

月8万はガッツリ作業が必要

月8万を稼ごうとしたら、1日最低5時間ぐらいの作業は必要です。

それを半年ぐらい毎日繰り返したら。やっと月5万〜10万程度の収益になるかもしれない、というレベルですね。

昔のように運任せで稼げるような時代ではないので、サイトを育てるにも下積みが必要になります。

株式会社delightは実在する会社

株式会社delightは会社として成立している

この手の怪しいビジネスをしている会社は、所在地を検索するとバーチャルオフィスやレンタルオフィスであることも珍しくないです。

ですが株式会社delightは、立派なビルの1室にオフィスを持っているんですよね。

支社まで実在する

『京都支社で契約しました。』という口コミもあったので関西に支社まであるみたいです。

支社を持てるほどの基盤のある会社が、どうして人を騙すような仕事をするのでしょうか?

会社の見た目に騙されてはいけない

株式会社delightはパッと見ると立派な会社ですが、それだけで信用してはいけないという良い事例ですね。

会社のホームページも健全な雰囲気ですから、自分も家の近くにあったら騙されていたかもしれないです。

株式会社delightの被害の対策

個人で訴訟を起こしている人が多数いる

株式会社delightの副業被害については既に弁護士に相談している方が多数おられるようです。

50万という大金ですから、どうにかして取り返したいですからね。

このような怪しいビジネスをしている会社は、住所が嘘だったり電話番号が無記載だったりするので、すぐに逃げられてしまうリスクがあり訴訟を起こしても意味がなかったりします。

ですが、株式会社delightはオフィスをしっかりと構えていますから逃げる気はないでしょうし、訴訟を起こしてみる価値はあるかもしれません。

個人だと費用倒れになるので集団訴訟

個人で訴訟をすると費用倒れになる可能性も高いです。

30〜50万を取り返せたとしても、訴訟費用に20万〜50万ぐらいは必要になりますから、裁判に勝ったとしてもプラスマイナスゼロになってしまうこともあるのです。

ですが集団訴訟ならば費用を分かち合うことができるので、一人あたりの出費額を抑えることができます。

弁護士的にも集団訴訟の方が良いらしいので、あまり億劫にならずに集団訴訟に参加してみてください。

おそらく結構な被害者の数がいるようなので、集団訴訟をできるだけの人口を集めることができるかもしれません。

集団訴訟ならプラットフォームで一致団結

集団訴訟をしたいけど被害者は何処で集まればいいのか…

と疑問に考えてしまいかもしれません。

集団訴訟の被害者同士で集まるのは、なかなか大変でして実現しないことが大半でした。

ですが集団訴訟のプラットフォームができてからは、このような詐欺でも被害者同士で集まりやすくなったのです。

これからは世の中から詐欺を無くすためにも、ぜひ被害者の力が必要になります。

『MatoMa』というプラットフォームは株式会社delightの被害者のトピックができているので、後は人が集まったら良いだけです。

あなたの勇気あるコメントが被害者を救うことになり、お金を取り戻すことができるようになるのです。

まとめ

今回は株式会社delightについての記事となりました。

株式会社delightは一見すると信頼ある企業のように見えますが、実態は副業紹介ビジネスによって多額のお金を集めているような事業をしていました。

愛知県名古屋に本社があるのですが、関西に支社もあり、関西方面の被害者もおられます。

もしかすると被害者同士の住んでいる場所が近い可能性もありますから、集団訴訟まで話が進みやすいかもしれませんね。

住んでいる場所が日本全国に散らばっていると法律事務所も対応が大変かもしれませんが、近くに住んでいれば何かと便利でしょう。

同じ地域に住んでいるということで一致団結力が加わって、集団訴訟のモチベーションにも繋がってくるというものです。

株式会社delightでは未だに副業パートナーを募集しているので、これ以上被害者が出ない為にも登録だけは控えた方がいいでしょう。

そもそも公式な企業の副業パートナーがLINE@での説明というのも怪しいです。

LINE@を使ったネットビジネス詐欺が横行していますから、どうしてもそちらを連想してしまうんですよね。

普通の企業が仕事を依頼する時はLINEなんて使わずにメールでのやり取りが基本になりますからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする