ハンバーガー屋に必要な開業資金と成功させるコツまとめ

ハンバーガー店を始める場合には、どのくらいの開業資金が必要なのでしょう。

開業資金の目安と、物件選びや資格、そしてフランチャイズと個人経営の違いについてもご紹介していきます。

1. ハンバーガー屋に必要な開業資金はいくら必要?その内訳は?

ハンバーガー店の開業資金は、どのくらいなのでしょうか。家では使わないものも必要ですから、検討が付かないという方もいらっしゃるでしょう。

1-1. ハンバーガー屋の開業資金

ハンバーガー店をはじめる場合には店舗の場所や広さなどで費用が変わりますが、大体700万円から1000万円程度の資金が必要と言われています。

フライヤーや鉄板、調理器具も必要ですからかなりの資金がかかります。また、店舗は持ち帰り専門ではなく座席を用意したいという場合は、ソファやテーブルも必要です。

1-2. 初期費用の内訳

では、初期費用の内訳を見ていきましょう。

・物件費用 150万円
・改装費用 200万円
・調理器具 200万円
・冷蔵庫 100万円
・その他 30万円

この資金に、運転資金が必要になります。また、スタッフの制服代やドリンクサーバーの必要、材料費や紙袋なども必要です。軽食に分類されるハンバーガーですが、初期費用はそれなりに必要ということです。

2. ハンバーガー屋の開業資金を調達する方法

では、ハンバーガー店を始める際の開業資金を調達する方法をご紹介しますね。

2-1.銀行融資を受ける

事業資金になりますので、各銀行からの事業資金の融資制度を利用できます。

事業資金としての融資は金利が低いのが特徴です。また、返済期間も長くなっています。

事業資金の融資を受ける場合には、事業計画書や見積もりなどの書類が必要ですので準備しましょう。自己資金ゼロで融資を受けられる場合と、自己資金が必要な場合があるので、そこも金融機関に確認しましょう。多くの場合、自己資金があるほうが融資を受けやすいのが事実です。できれば、少しだけでも自己資金を用意できればいいですね。

融資の条件や必要書類はそれぞれ違いますので、金融機関とよく相談しましょう。

2-2.親戚などから借りる

銀行融資は避けたいという場合には親戚など頼るという方法もあります。応援してくれている親族がいるという場合は、一旦お金を借りて開業するという方法もあります。

親戚から借りることで、銀行融資より金利が低く(場合によってはありません)支払い面も融通が効きます。

親戚などが支援してくれるという場合には、たくさんのメリットがありますので、素直に甘えるのも悪い方法ではありません。

2-3.助成金・補助金を利用する

開業資金が足りないときや、ないときには補助金や助成金の利用を検討することもできます。補助金や助成金にはいろいろな種類があり、設備金の補助や低金利で事業資金融資など、いろいろな種類があります。受けられる条件などは様々ですので、一度調べてみるといいかもしれません。飲食店を開業するときに利用されることが多い、創業資金補助金は飲食店の開業の場合は、審査通過しやすいと言われています。開業後に利用できるキャリアアップ助成金もありますよ。手続きが難解な補助金や助成金もありますが、条件はとてもよいものが多いので、チャレンジしてみてもいいのではないでしょうか。

3. ハンバーガー屋の物件選びのポイントと契約時の注意点

物件選びの際には、家賃と初期費用がいくらかかるのかがまず重要なポイントです。家賃は毎月コンスタントにかかってくる費用ですから、それなりの金額になります。できるだけ安い方が理想的です。

また、保健所の許可を取るために必要な設備や、壁紙などの内装、水道やガスの配管などがどのくらいかかるか…も物件によってかなり違います。しっかりと費用を計算してトータルで最も費用がかからない物件を選びましょう。

また、立地や近隣に学校など、若者が集まるところがあるか、そしてライバルになるハンバーガー店がないかも確認したいですね。

4. ハンバーガー屋のような飲食店ビジネスの問題点と成功のコツ

飲食店ビジネスにはポイントがあります。

人材の確保と、魅力あるサービスとメニューの提供、しっかりと計算をしていきましょう。

そして、スタッフの質は店の質を左右するものになりますので、とても重要です。いいスタッフを育てることで、いいお店を作ることができ、それが成功に繋がるのです。自分が利用したいと思うかどうか…を考えながら飲食店経営をしていきましょう。

そして、ハンバーガー店の場合は、学校など若者が集まる場所に設置するのが適しています。住宅地より、駅や学校、繫華街の側が適当です。また、国道沿いなどで開業する場合は、駐車場の有無も確認しましょう。

5. 失敗しないハンバーガー屋の開業・経営方法

大金をかけて開業するのですから、失敗の少ない方法を選びたいですよね。

5-1. ハンバーガー屋のフランチャイズ経営

ハンバーガー店には、たくさんのフランチャイズがあります。有名店のフランチャイズで経営する場合は、当然ですが加盟金やロイヤリティが掛かります。ですが、すでに成功している大手企業や有名店のノウハウやレシピ、そして、知名度を利用することで、リスクが少なくスムーズに開業することができます。

加盟金やロイヤリティという出費は痛いかもしれませんが、知名度やノウハウに価値があるという場合もあります。

5-2. ハンバーガー屋の個人経営

すでにハンバーガーをつくる腕に自信があるという場合は、個人経営という方法もあります。個人経営の場合、フランチャイズの加盟金やロイヤリティは必要ありません。その反面、広告やレシピ、ノウハウなどすべて自分で始めなれりばなりません。ですが、自分ですべてを仕切ることができるので、自由度が高くそして、利益はすべて自分のものという魅力があります。

2号店3号店と、自分で広げていくという楽しみと夢もあります。

6. ハンバーガー屋を開業するために必要な資格や許可

飲食店を開業する場合には「飲食店営業許可」の届け出が必ず必要です。これは、営業許可証は食品衛生法で定められたもので、飲食店は調理業に分類されています。そして、営業内容や提供するもの、その形態で「飲食店営業」と「喫茶店営業」の2つに区分されています。ハンバーガー店は、弁当惣菜の資格になる場合と、そうではない場合がありますので、保健所に確認をしておきましょう。どのような許可になるかは、営業形態によってことなります。

もし、この営業許可を得ずに勝手に営業した場合は、営業許可基準もしくは営業許可期間に関する違反となります。その場合は、2年以下の懲役または200万円以下の罰金となります。 絶対に、取得しましょう。

営業許可には、申請手数料が必要です。この費用は各都道府県および自治体で違います。ですので、まずは各自治体の保健所に問い合わせをしましょう。

また、営業許可の申請に当たっては、施設への立ち入り検査があります。ですから、先に店舗の場所を決めて、保健所が指定する所定の条件を満たした厨房を設置しましょう。そのあとで、保健所に営業許可の申請をしましょう。

そして、営業許可をとる際に必ず必要なのが、食品衛生責任者の資格です。食品衛生責任者の資格は講習は難しいものではありません。講習を受けるだけで取ることもできますし、調理師や医師、薬剤師などの資格がある場合は、その資格で食品衛生責任者になることができるとされています。

つまり、ハンバーガー店を開業する場合には、営業許可と食品衛生責任者の資格が必要ということです。

7. ハンバーガー屋に必要な開業資金と成功のコツまとめ

ハンバーガー店を開業するためには、最低でも700万円程度の資金が必要です
居抜きなどの店舗を見つけられれば、もう少し安くできるかもしれません。リースなどを利用すれば、初期費用は抑えられますが、その分、月々の支払いが発生するのでその点はしっかりと計画しましょう。

また、フランチャイズで経営するのか個人経営するのかという選択もあります。

資金を調達するためには、銀行融資という方法や親せきから借りるという方法もありますので、それぞれのメリットとデメリットをしっかりと精査してどちらを選ぶか決めましょう。

物件を選びの際には、規模や資金だけでなく立地も考慮する必要があります。

失敗の少ない方法で、リスクを出来るだけ少なくしてハンバーガー店を始めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする