居酒屋に必要な開業資金の目安と成功させるコツまとめ

焼き鳥、海鮮、炉端、立ち飲みスタイルなど種類も豊富な居酒屋ですが、居酒屋のオーナーになろうと思う場合の開業資金の目安、必要な許可申請や資格、ビジネスを成功させるためのコツなどを紹介します。

居酒屋開業を考えているあなた。ぜひ読んでご参考にしてください。

1. 居酒屋に必要な開業資金の目安はいくら?その内訳は?

店の規模やスタイルにもよりますが、安く抑えて200万円、こだわりのある店にするなら1000万円が必要な開業資金の目安です。

居酒屋開業のための資金の内訳は以下の7つに分類できます。
1.物件取得費用(礼金、不動産屋への仲介手数料、最初の家賃が含まれる)
2.内装・外装・設備工事費用
3.什器・備品・機材・消耗品費用
4.食品・ドリンク類の仕入れ費用
5.広告費
6.求人募集費用
7.初期運転資金

1-1. 居酒屋の開業資金の目安

カウンターのみの立ち飲みスタイルから、大バコの居酒屋まで、居酒屋の形態には種類があるのでひとくくりにはできませんが、業界では抑えて200万円、平均で600万円、こだわって1000万円の開業資金が必要といわれっています。

実際に大手グルメサイト「ぐるなび」が居酒屋オーナーに開業資金に関してアンケートをおこなったことがあります。その結果によると、居酒屋開業のための資金の平均は、1063.9万円で、初期の運転費用を除いた開業資金の目安は、800万円から1000万円という結果になりました。

ちなみにこのアンケート結果の開業資金は、初期運転費用を除いたものですから、開業のためには初期運転費用の分も加えて用意する必要があります。

1-2. 初期費用の内訳

居酒屋開業のための資金の内訳は以下の7つに分類できました。
1.物件取得費用(礼金、不動産屋への仲介手数料、最初の家賃が含まれる)
2.内装・外装・設備工事費用
3.機材・備品・什器・消耗品等購入費用
4.食品・ドリンク類の仕入れ費用
5.広告費
6.求人募集費用
7.初期運転資金

これら7つの分野をもう少し細かく説明していきます。

1.物件取得費用
店舗物件の賃借料です。保証金、不動産仲介業者に支払う仲介手数料や、オーナーに支払う礼金、最初の月の家賃が含まれます。
保証金もしくは敷金の相場は家賃の6ヶ月から12ヶ月分です。
オーナーに支払う礼金に関しては無いところもありますが、家賃の1,2ヶ月分が相場です。礼金は閉店後、返還されません。

2.内装・外装・設備工事費用
居酒屋の店舗にするための設計費、外装工事費、内装工事費、電気・ガス・上下水道工事費、厨房設備説地工事費、冷暖房設備設置工事費、看板設置工事費、電話・インターネット工事費などです。

室内が壁と柱の骨組みだけの状態の「スケルトン物件」の場合、改装工事費は1坪当たり50万円前後を目安にできます。
厨房設備や備品がそのまま残っている居抜き物件が見つかれば、コスト削減できます。しかし「造作譲渡費」として、内装や設備をそのまま受け継ぐ場合は、前の借主にその譲渡代金を支払うことになります。金額は内装や備品の状態、経過年数などによって変化します。

3.機材・備品・什器・消耗品等購入費用
テーブル、イス、食器、厨房機器、冷蔵庫、レジ、ユニホーム等の購入費用です。
業務用のテーブルやイスは、家庭用のものより強度が求められるので高額です。コスト削減のために中古の什器や備品など使えます。
生ビールやハイボールなどのドリンクにこだわるのであれば、ドラフトタワーなどの購入も必要になります。

4.食品・ドリンク類の仕入れ費用
居酒屋にとって原価率を左右する酒類・ドリンク類の仕入れはカギとなります。複数の酒屋から相見積もりを提出してもらえます。
酒屋によっては、ジョッキ、タンブラー、とっくり、サーバーなどを提供してくれるところがあります。また、商品の協賛もしてくれるところがあります。メーカーの名前やロゴが入ったグラスやジョッキを使えるのであれば、コスト削減になります。

5.広告費
宣伝のためのホームページ、フライヤー、のぼり、名刺制作費用です。グルメサイトへの掲載費用なども含まれます。

6.求人募集費用
求人募集のための費用です。

7.初期運転資金
家賃、光熱費、食材・酒類の仕入れ費用、宣伝費、従業員の給料、店舗のクリーニング代など開業後の毎月の経費です。
運転資金が枯渇しての廃業を避けるためにも、毎月の経費の6ヶ月分は初期運転資金として準備しておくなら安心です。

1-3. ランニングコストの内訳

居酒屋の運営に必要な毎月のランニングコストの内訳は以下の通りです。
1.家賃
2.人件費
3.電気・水道・ガス・通信費
4.食材・酒類・ドリンクの仕入れ費用
5.消耗品費用
6.ビアサーバー、製氷機などのレンタル費用
7.宣伝広告費
8.店舗クリーニング代
9.雑費(上記のどれにも該当しない費用)

これら9項目の合計がランニングコストです。ランニングコストよりも売り上げが上回れば黒字経営になります。ランニングコストを上回るような売上計画を立てましょう。

2. 居酒屋の開業資金を調達する方法

基本的には自己資金のみで開業資金を調達できればベストです。
一般的には自己資金で足りない分を、金融機関から融資してもらい、開業資金を調達します。

しかし、民間の金融機関は個人の新規開業者に対して、よっぽどの信用や保証がなければ簡単には融資してくれません。
ですが、日本政策金融公庫といった政府系の金融機関では新規事業者をサポートしてくれる融資制度があります。
例えば、新規事業者または事業開始後おおむね7年以内の方向けの「新規開業資金」。女性、若者、シニア向けの「女性、若者/シニア起業家支援資金」といった融資制度があります。
(参考サイト:日本政策金融金庫

開業後、借金を長期にわたり返済し続けるなら、経営を圧迫することになります。開業資金の50%は自己資金で用意できるなら、その後の借入金の返済も早期に終了でき、安定した居酒屋経営につなげることができます。

3. 居酒屋の物件選びのポイントと契約時の注意点

居酒屋の物件選びでポイントは、あらかじめ店のコンセプト、ターゲットにする客層を決めておくことです。
なぜなら、大衆居酒屋、パブやバル、”ひとり呑み”もできる立ち飲み居酒屋では立地や物件の条件が異なるからです。

大衆居酒屋的な店をイメージしていれば、人が集まりやすい路面店です。
しかし、最近では、店を選ぶのに、SNSやグルメサイトを利用するのが一般です。またインスタ映えするメニューや内装、こだわりのメニューやドリンクなどで集客し、SNSで情報を拡散してもらい、お客様を誘導するという方法もあります。そうした方法を利用するのであれば、駅から少し離れた物件、ビルの2階以上のテナントでも集客できる可能性があります。

さらに、店をオープンしようと思う曜日、時間帯に候補地の周辺を観察し、歩いている人の年代、どこに行くのかなどの人の流れを調べることができます。そこから得られる情報も物件選びや店の看板メニューの開発に役立つかもしれません。

契約時には、保証金を支払う必要があります。地域によってはオーナーへの礼金を支払う必要があります。居抜きの物件の場合、造作譲渡費を支払う場合もあります。開店資金の項目の中でも高額な分野ですが、きちんと用意しておきましょう。気に入った物件に出会っても、保証金や家賃が払えないと契約できなくなるからです。

4. 居酒屋のような飲食店ビジネスの問題点と成功のコツ

居酒屋ビジネスの問題点はその種類の豊富さ、開業しやすさゆえに、ライバルが多いという点です。
しかし、成功させるためには他の居酒屋との差別化を図り、それを明確に打ち出していくことができます。

新鮮な魚介類にこだわる、郷土料理が食べられる、揚げたての天ぷらが楽しめる、他では飲めないワインや焼酎が揃っている、シメのスイーツが絶品など、他店との違いをアピールできる強いを持っておくことが成功のコツのひとつです。

5. 居酒屋経営の成功事例と年収

日経レストランの調査によるとオーナーシェフや個人飲食店経営者の平均年収は627万円です。2017年の全国の平均世帯所得5545万8,000円より高い収入平均になります。
しかし個人で居酒屋を経営している経営者には年収200万円というケースもあります。

次に紹介する最近の成功事例あるように、他店との差別化を図り、効率的に集客できれば、居酒屋でも坪売り上げが伸び、年商アップ、オーナーの年収アップにつながります。
「ローマ軒 大阪駅前大3ビル店」イタリア風居酒屋のこの店の売りは、30分500円のビール飲み放題。店内に30席の店内に14台のビアサーバーがあり、飲み終わればセルフでビールを注ぎます。

お酒のアテになるフードメニューを2,3品頼む形式になります。イタリア風居酒屋なので名物は「焼きスパ」ですが、居酒屋なので唐揚げや、冷やしトマト、肉豆腐などの居酒屋メニューも充実しています。
30分という時間制限を設けることで回転率を高めることができ、飲み放題なので、ドリンク提供などのサービスが軽減でき少人数での営業を可能にしました。
こうした秘訣により坪売り上げ62万円という驚異的な売り上げを記録し、居酒屋経営の成功事例となっています。

6. 失敗しない居酒屋の開業・経営方法

居酒屋を開業・経営する方法には大きくわけて2つの方法があります。
ひとつは個人でゼロから始めるという方法です。もう一つはフランチャイズに加盟して居酒屋経営を始めるという方法です。

6-1.個人で居酒屋経営を始める

初めての居酒屋経営であれば、経営に関するノウハウがないので試行錯誤するかもしれませんが、自分の理想とする店を一から作り上げるという夢を追い求めることができます。
成功するためには、ライバル店との差別化、集客、リピーターの確保、客単価の維持、コスト削減など意識しなければならないポイントがたくさんあります。
しかし、最初の店舗の売り上げが伸びるようになれば、そこでの実績を活かして2店舗、3店舗と店舗数を拡大していけるかもしれません。

6-2.フランチャイズに加盟する

フランチャイズに加盟すれば、少ない自己資金でもフランチャイズ本部からの融資などで開業することも可能です。さらに本部からの指導や研修制度などがあるので、未経験・異業種からでも参入が可能です。
フランチャイズ店なので、すでに名前が知れている、安心してもらえる、仕入れルートの開発やメニュー開発などを自分で行う必要がないなどメリットもたくさんあります。
しかし、経営に関しては本部の意向に従う、ロイヤリティを毎月支払う必要があるといった点も覚えておく必要があります。

7. 居酒屋を開業するために必要な資格や許可

居酒屋開業のために必要な許可申請や資格は以下の通りです。

資格・申請 届け出場所 備考
食品営業許可申請 保健所 開業10日〜2週間前までに保健所に届出

場合によっては、保健所の現場検証あり

食品衛生責任者 講習受講後、管轄の自治体に届出 要請講習は都道府県などの自治体や保健所等が主催しており、ほぼ毎月開催されている
防火管理者選任届 消防署 店舗収容客が30人以上を超える物件ならば、消防署への届け出が必要
深夜酒類提供飲食店営業開始届 警察署生活安全課 午前0時以降も酒類を提供し続ける前提の営業ならば必須の届出

営業開始10日前までに提出

違反した場合は、風俗営業法違反で摘発を受け、営業も停止になる場合もあり

8. 居酒屋に必要な開業資金の目安と成功のコツまとめ

居酒屋開業に必要な資金は少なくても200万円、こだわりのある店にするなら1000万円は必要でした。
居酒屋というスタイルはすでにたくさんあるので、他店との差別化を図り、独自のスタイルを打ち出すことが新規参入して成功するためのポイントです。

個人でゼロから店を出すという方法もあれば、フランチャイズに加盟し、居酒屋のオーナーになるという方法もあります。
いずれの方法で経営する場合でも、お客様に「ごちそうさま」と言ってもらえて、また来てもらえるような店にすることが大切です。そんな雰囲気のいい店ができれば、あなたも立派な居酒屋オーナーになれるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする