ソフトクリーム屋に必要な開業資金と成功させるコツまとめ

ソフトクリーム屋さんは利益率が高く、季節によってはかなりの売り上げを期待できる飲食店です。

狭い店舗でも運営しやすいソフトクリーム屋さんを始めるための開業資金についてご紹介します。

1. ソフトクリーム屋に必要な開業資金はいくら必要?その内訳は?

ソフトクリーム屋さんを始めるための開業資金はどのくらいかかるのでしょうか。開業を考えたときに、まず最初に直面する資金の問題について詳しくご説明していきます。

1-1. ソフトクリーム屋の開業資金

ソフトクリーム屋さんを始めるための開業資金は、500万円程度が目安です。店舗の場所や規模によってはもっとかかることもあるでしょう。

ではその内訳を見ていきましょう。

1-2. 初期費用の内訳

ソフトクリーム屋さんの開業資金の内訳を見ていきましょう。

・物件を借りるための資金 100万円
・内装工事費 150万円
・ソフトクリームの機械代金 200万円
・冷蔵庫 50万円

必要最低限の機材と内装に留めても、500万円は用意した方がよさそうです。ソフトクリームの機械を増やしたり、カウンターを設置したり、凝った内装にしたい場合はこれ以上の資金が必要になります。

利益率が高いといわれているソフトクリーム屋さんですが、機材代などにはかなりの資金が必要なのです。

2. ソフトクリーム屋の開業資金を調達する方法

ソフトクリーム屋さんの資金は最低でも500万円…これに運転資金を加えると700万円程度は用意しておきたいですよね。でも、そんな大金をもっていない…という場合にはどうすればいいのでしょうか。

2-1. 銀行融資を受ける

ソフトクリーム屋さんは、飲食店です。つまり事業資金ということになります。事業を始める資金は、各銀行からの事業資金の融資制度を利用して融資を受けることができます。

事業資金融資は、通常のカーローンやフリーローンなどと比べて金利が低いのが特徴です。条件によって金利は違いますが、大体3%程度で事業資金を融資してくれます。

事業資金の融資を受ける場合には、事業計画書や見積もり、領収書などを揃えで審査をうける必要があります。中には、自己資金ゼロで融資を受けられる事業資金の融資もありますよ。融資の条件や金額によっては、自己資金が必要な場合があるので、金融機関に確認しましょう。

飲食店経営の場合、事業資金を融資してもらうためには、自己資金があるほうが融資を受けやすいのは事実です。少しでもいいので、自己資金を用意できれば可能性は高くなります。

2-2. 親戚などから借りる

では、銀行融資は避けたいという場合や審査に落ちてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

もちろん、何年も事業資金をためるという方法もありますが、それはとても大変です。今すぐはじめたいという場合には、親戚など頼るという方法もあります。開業を応援してくれている親族がいるという場合は、一旦お金を借りておいて、開業してから返済していくという方法もあります。

親戚から借りることには、メリットもあります。金利は銀行融資より低く(場合によってはありません)支払い面でも融通が効きます。

親戚という間柄には、複雑な人間関係があるものですから、お金の話はしにくい…という面もあるでしょう。ですが、親戚などが支援してくれるという場合には、たくさんのメリットがありますので、素直に甘えるのも悪い方法ではありません。

3. ソフトクリーム屋の物件選びのポイントと契約時の注意点

さて、資金調達と同時に進めたいのが物件選びです。ソフトクリーム屋さんは、小規模店舗でも運営できる上に、持ち帰り専門でもいいというメリットがあります。自分のイメージに合った店舗をいくつかピックアップしてみましょう。

まずは、家賃と初期費用です。礼金や敷金はできるだけ安い方がいいわけですし、家賃は毎月コンスタントにかかってくる大きな出費になりますから、妥協せい゛に無理のない範囲で決めていきたいですね。なんとなく「このくらいでいいか」ではなく、明確な予算を計算してから物件探しをしましょう。

また、持ち帰り専門にするのか座席を設けるのかも熟慮すべき点です。都会や観光地であれば持ち帰り専門でもよいでしょうし、郊外や幹線道路沿いなら座席があるほうがいいかもしれません。

どんなお店にしたいかというビジョンを明確にして物件を選んでいきましょう。

4. ソフトクリーム屋のような飲食店ビジネスの問題点と成功のコツ

ソフトクリーム屋さんのような飲食店を成功させるためには、3つのポイントがあります。まずひとつめはスタッフの育成、ふたつ目は魅力あるサービスとメニュー、みっつめは適正な価格です。

スタッフは、店の顔ともいうべきものスタッフの質はそのままサービスや店のイメージに直結しています。そして、魅力あるサービスとメニューですが、ほかにはないメニューや質の高いサービス、物の提供があれば、飲食店経営は成功しやすいのです。そして、価格は適正に…利益と原価のバランスと競合店舗の価格と質を考慮して値段を決めていきましょう。

5. 失敗しないソフトクリーム屋の開業・経営方法

多額の資金と労力を投資してソフトクリーム屋さんを始めるわけですから成功したいですよね。失敗の少ない開業方法をご紹介しますね。

5-1. ソフトクリーム屋のフランチャイズ経営

ソフトクリーム屋さんの多くが、フランチャイズで経営をしていると言われています。フランチャイズの場合、ノウハウやレシピなどを考える必要がなく、知名度の近い看板と成功者のノウハウを武器に経営を進めていくことができます。

ゼロからスタートするのが大変な飲食店でも、フランチャイズであれば成功しやすいのです。加盟金やロイヤリティは必要ですが、その分のメリットがある方法と言えます。

5-2. ソフトクリーム屋の個人経営

フランチャイズではなく、自分が考案したソフトクリームを販売したいという場合は、個人経営という方法もあります。個人経営のソフトクリーム屋さんの場合は、フランチャイズと違ってすべて自分で始めなれりばなりません。

ノウハウやレシピ、看板のデザインや広告、価格調査もすべてを自分で行います。大変ではありますが、その分、自由度が高くそして、成功した場合の利益はすべて自分のものになり、2号店や3号店という夢を持てるというメリットがあります。

6. ソフトクリーム屋を開業するために必要な資格や許可

ソフトクリーム屋さんを始める場合には、飲食店営業許可と食品衛生責任者の資格が必要です。飲食店営業許可は、食品衛生法で取得を定められたもので、営業内容や提供するものやその形態で「飲食店営業」と「喫茶店営業」の2つに区分されています。

手続きの方法や、申請の必要に関しては各都道府県ごとに異なりますので、確認しましょう。そして、この営業許可を取るために必要なのが食品衛生責任者の資格です。講習を受けることで取得できますし、調理師や医師などの資格を持っている場合は、その資格で食品衛生責任者になることができます。

ソフトクリーム屋に必要な開業資金と成功のコツ.まとめ

ソフトクリーム屋さんを始める場合には、最低でも500万円程度の開業資金を用意する必要があります。そして、営業許可や食品衛生責任者の資格も必要です。

開業資金の調達には、自己資金のほかに銀行からの融資や親せきからの援助という方法があります
。ソフトクリーム屋さんを始める場合の開業資金は、事業資金に分類されるので低金利で返済期間が長いローンを利用できる可能性があります。

そして、物件選びの際には、家賃や立地、そして、店舗の規模などを吟味して自分が始めたい店のイメージと予算にあった物件を探していきましょう。特に家賃は、毎月コンスタントにかかってくる費用ですからしっかりと試算して、無理なく続けていける場所を確保しましょう。また、開業方法にも、フランチャイズと個人経営という2つの方法があるので、そこも吟味してくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする