ワインショップに必要な開業資金と成功させるコツまとめ

従業員としての働き方だけでなく、経営者として働くことを考えている方も今の時代には多いのではないでしょうか。

ワインショップはその名前を聞くだけでもとてもおしゃれに感じますよね。

そんなワインショップの経営に魅力を感じている方も多いのではないでしょうか。

ワインショップを経営する為には、一体どのような資格が必要なのでしょうか。

ワインショップを経営する場合は、どういった形でワインショップを開業するかによって必要になる資格の数が異なります。

店舗でワインの販売をおこなう場合は一般酒類小売業免許、ワインの通信販売をおこないたい場合は一般酒類小売業免許と通信販売業免許を取得することで経営することが可能です。

通信販売に関して輸入酒であるワインの場合は免許を取得していれば条件はありませんが、国産酒類を取り扱う場合は条件があるようなので注意してください。

上記の点を踏まえ、今回はワインショップの開業に必要な資金は一体どの程度必要なのか、開業資金の調達方法や物件選びのポイント、開業後に上手く成功させるコツなどを紹介していきます。

開業資金については初期費用やランニングコストの内訳についても詳しく紹介していくので、ワインショップの開業を考えている方は参考までに是非ご覧ください。

1. ワインショップの開業資金はいくら必要?その内訳は?

ワインショップの開業資金は一体いくら必要なのでしょうか。ここではワインショップの開業資金から、初期費用としてかかる資金の内訳、ランニングコストについてお話します。

1-1. ワインショップの開業資金

ワインショップの開業は、店舗を構えてワインの販売をおこなうのか、ネット通販で販売をおこなうのかによって必要な資金が異なります。店舗を構える場合は物件を借りる資金と店舗の内装工事費用などが必要です。今回は店舗を構える場合に焦点を当てて見ていきましょう。

1-2. 初期費用の内訳

店舗を構えてワインショップを経営したい場合は、まず物件を借りなければなりません。家賃は物件によって異なるので明確な数字は明記できませんが、家賃と保証金がひつようです。保証金は家賃の約10か月分と言われています。工事費用は20坪程度の店舗の場合で約1000万円~1500万円ほど必要です。

1-3. ランニングコストの内訳

ランニングコストも店舗の規模によって異なりますが、ざっくり説明すると人件費として経営者含め約50万円~60万円、水道光熱費約10万円、宣伝広告費約10万円、その他雑費や消耗品、保険料などに約30万円と月で約100万円以上、年間では約1200万円以上必要です。ここにワインの仕入れなどの費用がかかってきます。

2. ワインショップの開業資金を調達する方法

ワインショップを開業するにあたりまず一番に必要になるのは開業資金ですよね。自分の資金で賄うことができるに越したことはありませんが、開業に必要な資金は決して安いものではありません。資金調達方法として挙げられるのは融資による調達です。

銀行や信用金庫から借り入れするのも良いですが、金利の負担が発生してしまいます。国民生活金融公庫などの公的機関であれば、開業の為の制度が存在するようなので借り入れしやすいかもしれませんね。開業に関連する制度は「新規開業資金制度」、「新創業融資制度」などがあるようです。

3. ワインショップの物件選びのポイントと契約時の注意点

ワインショップの物件選びにおける一番重要なポイントは、価格だけで選ばないということです。内装もそれなりに綺麗で価格も安い物件もありますが、それだけでいい物件とは言えません。もちろん大事な要素ではありますが、一番大切なのは物件の「場所」です。お金を稼ぐために店舗を経営するわけですから、いくら物件が安くても人通りが少ない物件を借りても成果を上げるのは難しいと言えるでしょう。

契約時の注意点としては、店舗賃貸借契約書に記載されている契約内容をしっかりと確認することです。支払い期日に関する記載や退去時の条件なども記載されているので、見た目や場所だけで勢いで決めてしまわず、店舗賃貸借契約書を確認して納得した上で契約するようにしましょう。

4. ワインショップのような在庫ビジネスの問題点と成功のコツ

ワインショップのような在庫ビジネスの経営において一番重要なのは在庫管理ですよね。在庫の管理がしっかりできていないと在庫不足や仕入れすぎて大量に在庫が余ってしまうような状況になってしまう可能性もあります。問題点というわけではありませんが、利益にも関わってくる在庫管理こそが在庫ビジネスにおいて一番重要で注意しなければならないポイントです。

成功のコツとしては、商品の分類と在庫のデータの記録をしっかりと取ることです。データが残されていれば、経営をおこなっていく内に自ずとどれくらいの商品を仕入れれば良いのか、在庫はどれくらい残しておけばいいのかが数字として表れるはずです。

5. 個人経営のワインショップの成功事例と年収

ワイン業界は競争が激しいと言われ、他の在庫ビジネスよりも経営の難易度も比較的高いと言われています。そんなワインショップに成功事例はあるのでしょうか。

残念ながら、年収や明確に成功したというデータが公開されているワインショップを見つけることはできませんでしたが、多くの個人経営のワインショップが存在すること、そのワインショップが続いているという点も考えると、成功している店舗は多いのかもしれませんね。

6. 失敗しないワインショップの開業方法

失敗しないワインショップの開業方法として挙げられるのは、当たり前のことですが下調べをしっかりおこなうということです。なんの下調べをおこなうのかというと、ここで紹介している物件選びや資金調達、在庫管理などの仕入れについてです。

「ワインが好きだからワインショップを経営したい!」という気持ちも大切ですが、それだけで成功するのは難しい世界だと思うので、開業する前にしっかりと下調べをすることが必要です。また、実際にワインショップを経営している方が身近にいるのであれば、開業する前にワインショップについていろいろ聞いてみるのも良いかもしれませんね。

7. ワインショップを開業するために必要な資格や許可

冒頭でも紹介したように、ワインショップを経営する為には資格が必要です。必要な資格についてそれぞれ詳しく見ていきましょう。まず、ワインショップを店舗として構える際に必要なのは一般酒類小売業免許という資格が必要です。

この資格を取得することで、ワインだけでなく世の中に存在するお酒を全て販売することが可能になります。店舗を構える場合は一般酒類小売業免許を取得してから開業するようにしましょう。また、オンラインショップなどの通信販売をおこなう場合は、一般酒類小売業免許だけでなく通信販売業免許を取得する必要があります。

通信販売業免許を取得することで輸入酒類は条件なしに通信販売をおこなうことができます。国産酒類の場合は、前会計年度の課税移出数量が3000リットル未満の酒類製造者が製造するお酒を販売することが可能という条件が設定されているので、注意が必要です。

ワインショップに必要な開業資金と成功のコツ.まとめ

今回はワインショップを開業するにあたって必要になる資金や、物件選びのポイント、在庫ビジネスを成功させるためのコツ、必要な資格などについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

名前を聞くだけでとてもおしゃれに感じるワインショップ。そんなワインショップで経営して成功することができたらとても素敵ですよね。しかしながら、ワイン業界は競争も激しく、利益を上げる為にはそんな激しい競争を勝ち抜く必要があることもわかりましたね。

ワインショップの開業を考えているという方は、そんなワイン業界の激しい競争を勝ち抜くため、しっかりと下調べと準備を整えた上で開業をおこないましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする