必読!スポーツジムに必要な開業資金と設備の種類

スポーツジムの開業は従来より人気の脱サラ方法として、多くのサラリーマンたちがジム開業によって脱サラに成功してきました。

この記事ではスポーツジムを開業する際に必要な資金や設備、集客方法についてのお話をしていきます。

スポーツジムの開業を検討されている方は是非とも参考にしてください。

1.スポーツジムに必要な開業資金

スポーツジムの開業資金は、そのジムにどれほど設備を充実させるかによって大幅に変わります。トレーニングマシンは1台数百万円を要し、それを数台揃えて全身を鍛えられるようにすると、設備代だけでも数千万円かかり、開業へのハードルがかなり上がります。

さらにそこから資格を持ったインストラクターを雇うとなると、月々の月謝も馬鹿になりません。スポーツジムを開業する際には、莫大な資金が必要になることを頭にいれておいたほうが良いでしょう。

しかし、指導方法に自信があり、トレーニングマシン抜きで開業している個人経営のスポーツジムを多くあります。その場合ですと、上に比べて開業資金を大幅に抑えることができ、約100万円程度で建てることさえも可能です。

スポーツジム最低限あった方が良いな設備・器具は、以下のようなものです。

・フィルムミラー
・ストレッチポール
・ストレッチマット
・ストレッチングボード
・床のコルクマット
・フラットベンチ
・ダンベル

これらを揃えれば、とりあえずはスポーツジムを開業すること自体はできるでしょう。しかし、トレーニングマシンがなくても、それなりのクオリティを提供できる自信がなければ、開業に莫大な資金がかかっても、しっかりと設備を整えたほうが良いでしょう。

1-1.スポーツジムの初期費用で必要なものと費用

スポーツジムを建てる上で必要なものを挙げましたが、それぞれの値段を見ていきましょう。

まず、上で述べた設備、器具ですが、すべて揃えると、40~50万程度です。これだけ揃えていれば、とりあえずはジムを建てることができます。しかし、内装や外装の整備、その他の諸経費(電気代、テナント代、広告費、経営費など)まで初期費用の計算にいれると最低でも500万円程度は欲しいです。

そして、やはり設備が整っていなければ、開業しても客が来ません。自分の経営に自信がある場合は別ですが、設備投資に関しては渋らないほうが基本的に得策です。

トレーニングマシンの費用ですが、前項でも述べた通り、1台100~200万円します。これらを充実させようとすると、数千万円の費用はかかるでしょう。トレーニングマシンを開業前に最初から全て買いそろえるのは現実的ではないので、徐々に買い足す形になると思いますが、どれくらいトレーニングマシンを初期費用に含めるかはあなたの経営力との相談になります。

更衣室、シャワー室、プール、サウナなどは敷地との相談になります。特にプールを後々取り付けようとすると、敷地を広げたり、建物を改築したりしなければならないので、プールの取り付けは開業時に決めるのが、普通です。当然それだけでも開業費が数千万跳ね上がるので、個人で開業するのは、あまり現実的ではありません。

個人で開業する場合は、ダイエットやヨガなど何かに特化したスポーツジムを500万程度で開業し、そこから徐々に設備を整えていくの最も現実的かつ着実な方法でしょう。

1-2.スポーツジムの毎月のランニングコスト

スポーツジムの毎月のランニングコストは月会費からある程度予測できると思います。月会費3000円の格安スポーツジムで300人前後の会員数を持つジムですと、単純計算で約100万の月収になります。しかし、これは売上であり、純利益ではありません。

つまり、このスポーツジムが月収40万以上の純利益を見積もっているのであれば、ランニングコストは月に60万円かかるということです。この60万円には、15万円程度のテナント代や、1人20万円/月のアルバイト代、光熱費などが含まれます。

この例は格安ジムの例を挙げたのでこのような計算になります。実際のところ、月収はもう少し出るでしょうし、経費ももう少しかけられるでしょう。また、テナントを借りず、自宅を改装してスポーツジムを立てる場合は、当然ですがテナント代の経費を削減することができます。

2.スポーツジムの規模による物件契約の注意点

スポーツジムの規模は個人宅で経営するジムからアリーナの規模で経営する大型のジムまであります。当然ですが、個人宅で経営する場合、テナント代などは一切かからず、ランニングコストを極限まで削減することができます。しかし、立地が悪い、設備が乏しい、収容数が少ないというデメリットがあります。個人宅でのスポーツジム経営は、これらのデメリットを独自のサービスで補って余りあるくらいなければおすすめできません。

それでは、ある程度規模が大きいジムを経営する方が得策ですが、アリーナを借りて、ジャグジー付きのプールやサウナまで取り付けるのは、個人で資金のやりくりできる範囲を超えています。

個人でジムを経営する場合、通常はビルの一室やホールを借りる形が一般的です。
その場合のテナント代は15万円前後を見ていた方が良いでしょう。その際に、ネックとなるのは初期費用で、1000万円程度かかります。

3.スポーツジム・パーソナルジムの集客方法

スポーツジムで儲かるか儲からないかは、この集客にかかっていると言っても過言ではありません。いくら良いサービスを提供できても、認知されなければ意味がないですよね。それでは集客方法についてのお話をしていきます。

3-1.ホームページを作成する

インターネットが生活の一部となった現在では、ホームページを作成することが最も効率の良い集客方法です。ホームページの内容がしっかりしていれば、グーグルの検索上位に案外簡単に表示されますので、作る場合はしっかりと作りましょう。

たとえば、駅ちかで周りにジムがない地区にジムを建てた場合、「○○(地区名) スポーツジム」と検索をかければ、大体グーグルの検索上位に来ますので、SEO対策は案外簡単です。しかし、掲示板などにホームページURLを貼りまくるなど、露骨に閲覧者数を上げようとすると、グーグル側からペナルティが下され、検索に引っかからなくなるので注意してください。

ホームページの作成はレンタルサーバー料や、ウェブデザイナーへの報酬などで、割と費用がかかります。無料でネットに掲載させたいという方は、無料SNSやブログなどを利用すると良いでしょう。

ブログやSNSは集客にはかなり適しており、SEO対策ができていなくても、ある程度の閲覧者数を稼ぐことができます。あなたの知り合いやスポーツジムに関心がある方に、運営の方からあなたのページを紹介してくれるので、ホームページを利用するとしても、是非とも併用することをお勧めします。

効果的なSNSの集客はこちらの記事で

3-2.会員特典と紹介特典をつける

これも集客でよく使われる技法です。紹介する側も紹介される側もメリットがあれば、こちらが何をしなくても、会員の方から勝手に集客をしてくれます。1人当たり3人の紹介が見込めるのであれば、1人から3人、3人から9人、9人から27人・・・・と会員数が加速度的に増えていきます。

しかし、一歩間違えれば、この手法は「ねずみ講」とみなされ、犯罪になってしまうので気を付けましょう。ねずみ講とみなされる基準は商品があるかないかですが、「1人誘うと2000円の報酬がもらえるので、2人誘うと月4000円の元がとれますよ」のようなものはやめておきましょう。それをしてしまうと、月4000円の経費(月会費)でビジネスを始める人が出て来ます。

会員特典・紹介者特典を利用する場合、それらがビジネスやトラブルにつながるあたりが「ねずみ講」のラインだと考えておきましょう。

3-3.立地を考慮する

立地も集客の大きな要素になります。たとえば、あなたがいつも利用している駅ちかのコンビニは決して場所を調べて来たわけではないでしょう。いつも通っていて、毎日自然に目に留まっていたからこそ、そこにコンビニがあることを認知しているのです。

駅ちかや都心部など、人通りが多いところに物件を借りるだけで、大幅な集客効果を得ることができます。仕組みは単純ですが、集客が成功するかしないかの大部分はこの立地にあるということを頭にいれておいてください。

3-4.広告を出してもらう

現在、アフィリエイトにより、誰でも比較的安価に広告を出して貰えるようになりました。そしてアフィリエイト広告は安価なだけでなく、拡散規模も非常に高いです。チラシを作ってもらって、ポスティングを行うくらいなら、アフィリエイト広告を利用しましょう。

4.スポーツジムの開業事例

それでは、実際にスポーツジムの開業に成功した、愛知県名古屋市の「AOKI JYUKU」の事例を紹介します。

AOKI JYUKU経営者の青木さんは、自宅の1室を改装してスポーツジムを建てました。その広さはなんとたったの6畳ほどしかありません。開業にかかった費用は器具代の50万円しかなく、月のランニングコストもウォーターサーバー代と光熱費のみです。

AOKI JYUKU公式HPはこちら

青木さんはダイエットの方法論に精通しており、カウンセリングからの入会率が9割を越える程の技量の持ち主です。専門知識の高さと経費の安さが相まって、開業後たったの1年で年収1000万円を達成したそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする