ワインバー経営に必要な資格と開業資金の目安

若者のアルコール離れという言葉がよく聞かれるようになりました、スナックやバーなど以前と比較してかなり苦戦しているというのも事実です。しかし、その流れの中で成功を収めている店も珍しくはありません。

現在、成功している店を見ていると、小規模な経営そして専門的に特化している店が目立ちます。

特にワインに特化したワインバーは、女性の来店も多く小規模経営でも利益を出すことができる魅力がある飲食店の一つです。

これからワインバーを開業するときに、開業資金というのはどれくらいかかるのか?

そして開業にあたって取得した方がいい資格や、必須の資格があるのかまとめました。

1.ワインバー経営に必要な資格とあった方が望ましい資格一覧

ワインバーを開業し、経営するために必要な資格は以下のものになります。ワインバーは法律的には飲食店になるので、保健所の管轄ですから、開業するために必須の資格は保健所の審査を通るためのもので、資格というよりも保険所の許可が必要になります。

1-1.必要な資格(許可)

・食品衛生法に基づく営業許可
・食品衛生責任者
・深夜酒類提供飲食店営業開始届出

1-2.あった方が望ましい資格(許可)

・防火管理者選任届
・特定遊興飲食店営業許可
・ソムリエ資格

小規模での営業で従業員が30人以下の場合、防火管理選任届は必要ありませんし、純粋にワインや、チーズなどの飲食の提供だけを行う場合、特定遊興飲食店営業許可の申請も必要ありません。これは、ワインバーの施設にプラスしてダーツやカラオケなどの遊興目的の設備があるときに必要になってきます。

1-3.ワインのソムリエ資格について

ワインのソムリエは、ワインバー開業のための必須の資格ではありません。しかし、ワインバーはワインに特化している専門店の必要があります。来店される方の多くは、自分にはないワインの知識を期待して訪れる方ということを考えると、全くワインの知識がない店主や従業員しかいない店には何の魅力も感じてもらえないということになるでしょう。

ソムリエの資格は、日本ソムリエ協会が認定しているものと、全日本ソムリエ同盟が認定している資格の2種類あります。どちらも同じソムリエ資格なので、どちらの資格も取得する必要はありませんが、開業前にどちらかのソムリエ資格を取得して、自分自身のワインの知識を深めることも、開業後の営業にあたって大事なことになると思います。

2.ワインバーの開業資金と必要な設備の目安

ワインバーを開業するにはどのくらいの資金が必要なのか?店舗の規模や物件の状態にもよりますが、一般的にどれだけの資金が必要で、必要な設備にかかる資金はどのくらいなものなのでしょうか?

2-1.初期費用と必要な設備の目安

ワインバーを開業するのに、店舗を一から建設していくという人は少ないと思います。
やはり、多くは店舗を借りることになると思いますので、まずは店舗を借りる資金が必要となります。

家賃は、立地条件や物件の状態などによって変わってきますが、最初に前家賃を払うのが一般的になります。そして礼金が一ヵ月分、敷金に関しては店舗経営の場合取らないのが通常ですが、その代わりに保証金が必要となります。

保証金の金額はかなり大きいものになり、通常ならば半年~10ヵ月分が保証金となることでしょう。賃貸契約をやめるときには、保証金は返還されるので、開業して失敗した場合の最後の命綱と考えた方がいいかもしれません。

つまり、店舗を取得するだけで、家賃の10ヵ月~12ヵ月分が必要なので、30万の家賃ならば300万円以上の資金が必要となります。

それに加えて、店舗の設備が必要となるのですが、居抜きの物件と言われる、店舗設備が付帯したまま、賃貸される物件ならば、そのまま店舗設備や厨房設備を利用できるので、整備費用くらいしか資金は必要とならないので、かなり初期費用を節約することができるでしょう。

そして、メインとなるのがワインの仕入れ代金。ワインバーを名乗るからには、かなりの種類のワインを入手しておかなければなりません。当然、高価なワインも入手対象になりますから、店舗取得の費用と同じくらい、もしくはそれ以上の仕入れ代金になるかもしれません。

2-2.ワインバー経営に必要なランニングコスト

飲食店のランニングコストは、賃貸物件の場合ならば家賃。そして従業員を雇用するのならば人件費、さらに仕入れ代金が必要となります。ワインバーの場合、メインのワインは賞味期限がないものであるので、在庫の入れ替えなどで仕入れ代金を圧迫することはありませんが、チーズや、ハムなどの調理に使う生鮮食品の仕入れ代金がメインとなることでしょう。

3.ワインバーに適した物件と立地

一般的に飲食店に適した立地は、人通りの多いところや繁華街の中ということになりますが、ワインバーなどのバー系にとっては、人通りが多い少ないはあまり重要視するポイントではありません。

まず大事なのは、ワインバーを経営するコンセプトです。

誰でも、フラッと入ることができるバーを目指すのであれば、多くの人の目につく大通り沿いや、繁華街の中という立地が条件になるでしょう。そして駅から近いというのもポイントになります。

しかし、最近流行している隠れ家的なワインバーを目指すのであれば、人通りは全く関係ありません。逆に目立たないことが隠れ家としての魅力となるので、路地の中など人通りの少ないところでも全く問題ないでしょう。

4.ワインバーを黒字経営するための工夫と事例

ワインバーを黒字経営するために必要なのは、飲食店とはいえども他の企業と同様で、どれだけの固定支出があり、そしてどれだけ利益が出ているのか自身で把握することが必要です。飲食店の失敗で一番多いのは、収支の管理がしっかりできていないことです。

飲食店の場合、毎日収入があるので、管理が雑になってしまうことが多く、雑な収支計算を繰り返すうちに、赤字が積み重なり閉店してしまうというものが非常に多いです。
黒字経営をするには、まず支出と収入を把握し、赤字が出ているのならば、その原因が何かを常に修正しながらの経営が必要となってきます。

収入がある程度目標を達成しているにも関わらず、支出が多い場合は、無駄な人件費を使っていないか?材料の入手ルートを変えることによって、仕入れ代金を抑えることはできないか?などを考えなければいけません。

また、収入が目標に達成していない場合は、店のコンセプトを見直す必要があります。ターゲットの年齢層がどのくらいなのか?女性の来店を増やしたいのか?隠れ家的な店か?それとも、気軽にワインを楽しめる店か?コンセプトに照らし合わせて、そのコンセプトに内装がマッチしているか?など基本的な部分から見直す必要があります。

実際に、コンセプトがはっきりしなかった飲食店でも、ターゲットを女性専門に絞り、内装を変えたりすることにより、集客がアップし、赤字経営を脱したという例が多くありますので、店のコンセプトは何かをはっきりさせることから始めることが重要でしょう。

まとめ

飲食店は、以前のように開業すれば儲けることができた水商売というものから、変化しつつあり、明確なコンセプトがないものでなければ存続できないという厳しい状況が続いています。しかし、裏を返せば経営のコンセプトがしっかりしていればやっていけるというものでもあるのです。

飲食店が不調なことにより、高かった店舗の賃貸料金も下がる傾向にあり、居抜きの物件も多数存在しています。それをチャンスと捉えることができれば、ワインバーでも安定した経営をすることが可能なのではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする