仮想通貨ライトコインはどうやって管理すべき?おすすめウォレットをチェック!

仮想通貨のことを知っている方がどんどん増えており、それだけ所有している人が増えてきています。

そんな仮想通貨を所有している方は、どういった管理の仕方を行っているのでしょう?

もしかすると、仮想通貨取引所に放置している方もいるかもしれません。

では、仮想通貨取引所に置いたままではだめなのでしょうか?

回答すると、安心することはできないと思われます。

では、なぜ仮想通貨取引所に置いておくだけではだめなのでしょうか。

今回は、最近伸びているライトコインにフォーカスを充てながら、どうやってライトコインを管理したらよいのか、そしてライトコインの今後の展望についても紹介していきます。

1.仮想通貨ライトコイン(Litecoin)はどういったウォレットがいいの?

仮想通貨ラインコインは、ビットコインのソースコードを用いて作られた仮想通貨です。

発行量が多いのが特徴のライトコインですが、そのライトコインをどう管理しているのでしょうか?

仮想通貨の管理をする方法の一つとして、ウォレットがあります。

ウォレットは、仮想通貨の財布のようなものですね。

ウォレットには何種類か種類があり、オンラインウォレット・ソフトウェアウォレット・ハードウェアウォレットがあります。

仮想通貨取引所は、オンラインウォレットの中に分類されます。

では、仮想通貨取引所は安心できないのでしょうか。

仮想通貨取引所は、仮想通貨の取り扱いが最大の場所といえるでしょう。

ハッキングの可能性を考えたときに仮想通貨の規模がハッキングの対象になる可能性が高いというのはシンプルに考えても、至る結論ではないでしょうか。

つまり、オンラインウォレットはハッキングの可能性が高いので、セキュリティ面を気にする方にはおすすめできないですね。

では、そういったウォレットがライトコインにはよいのでしょうか?

1-1.仮想通貨ライトコイン(Litecoin)おススメウォレット① LoafWallet(ローフウォレット)

ローフウォレットはもともとはビットコインに対応するために作られたライトコインウォレットです。

このローフウォレットがおすすめの理由は、ライトコインを開発した人がこのウォレットの開発に関わっているということです。

つまり、ライトコインを考えて作られているウォレットと言ってもよいでしょう。

また、ウォレットの中でも日本語対抗しているのは日本の消費者のことも考えられています。

ほかの種類の仮想通貨も管理することができるので、多くの種類の仮想通貨を管理したい方もこのルーフウォレットはおすすめできます。

1-2.仮想通貨ライトコイン(Litecoin)おススメウォレット② LedgerNanos(レジャーナノエス)

仮想通貨の管理をするウォレットの中でも大きくおすすめすることができるのがこのLedger Nano Sです。

Ledger Nano Sはハードウェアウォレットになります。

このLedger Nano Sのおすすめするポイントはセキュリティ能力が高いところです。

USBに仮想通貨を保存する形になりますが、このようにオフラインで管理することで、仮想通貨へのデータアクセスの頻度も減ります。

ですので、パソコンでそのまま仮想通貨を管理するよりで心配する必要がある、ウィルス対策やリスクを考慮する必要がありません。

また、自分で管理するため安心して管理することができますし、USBでも管理することは何種類かで管理することができることと、さらにセキュリティ効果を上げることができるメリットがあります。

Ledger Nano Sの使い方を紹介していきましょう。

まず、パスワードを設定することから始まります。

パスワードを設定すると、リカバリーフレーズの設定に移ります。

これはハードウェアウォレットにおいて必要になるのですが、USBがもし紛失故障したときに、このリカバリーフレーズを使って復元することができます。

このリカバリーフレーズは他人に知られてしまうと、そのまま仮想通貨の流出を表すので、取り扱いには注意です。

そして、リカバリーフレーズを設定すると、Ledger Managerのアプリをインストールします。

その後、Ledger nanoをインストールすることで、Ledger Nano Sのセットアップが完了します。

手順が多いので、手間を感じるかたもいるかもしれませんが、その手間の分だけセキュリティを強化していると思ってください。

1-3.仮想通貨ライトコイン(Litecoin)おススメウォレット③ Litecoin Electrum

こちらのウォレットはソフトウェアウォレットになります。

ソフトウェアウォレットは、パソコンを使ったウォレットとスマホを使ったウォレットに分かれますが、このLitecoin Electrumはどちらにも対応します。

元々、Electrumというウォレットを聞いたことあるかたがいるかもしれませんね。

このウォレットは、ビットコインのウォレットとして有名です。

そのライトコイン用に作られたのが、このLitecoin Electrumです。

セキュリティの面でしっかりしている印象があり、オフラインにおいても、コールドストレージ機能を整備しているため、セキュリティ能力を上げています。

また、このような機能を兼ねそなえているにも関わらず、容量がそこまで大きくないのもメリットの一つです。

これはパソコンを使う人にとってありがたいメリットですよね。

ブロックチェーンのデータをダウンロードしようとすると、大きな容量を求められるのが普通ですが、Litecoin Electrumはサーバーを使ってブロックチェーンに問い合わせるため、ブロックチェーンのデータをダウンロードする必要がありません。

その分、パソコンのデータ容量を重くする必要がないので、パソコンの環境が整ったままで管理することができます。

Litecoin Electrumはアプリをダウンロードすると、アカウントを作成をする必要があります。

その後、アカウントとパスワードを設定し、仮想通貨を管理することができます。

このような仮想通貨の管理に大きな容量を使わず、ウォレットの設定にも大きな手間がかからないので、パソコンで仕事をするような人には特におすすめかもしれませんね。

2.ライトコイン(Litecoin)の2018年予想

ライトコインは、今後どのような展開を見せていくのでしょうか。

必ずしもこうなるという予言はできませんが、今後の可能性としてライトコインを取り巻く状況を整理しながら説明していきましょう。

ライトコインは今後、伸びていく可能性がを秘めているといえるでしょう。

その可能性の理由の一つは、ライトペイの普及です。

ライトペイは、ライトコインの支払いに使われている端末です。

ビットコインもビットコインキャッシュがあり、決済することを可能にしています。

しかし、ライトペイはビットコインキャッシュに比べて、高速です。

さらに、コストも低いため、使い勝手がよいのが大きなメリットの一つではないでしょうか。

これにより、より明確になってくるのが、ビットコインの低迷です。

ビットコインは仮想通貨を引っ張っていく存在として展開していましたが、ここ最近はその勢いが低下しています。

そのため、より実用的と評価され始めているライトコインの可能性がより上がりますよね。

仮想通貨の存在を広めたのは、ビットコインの功績が大きいと思われます。

そのためにブロックチェーンの可能性や仮想通貨の仕組みなども認知されましたよね。

こうして仮想通貨の可能性を知識として理解していく方が増えていくことにより、その仮想通貨の実用性が今後のコインの価値に大きくかかわってくることでしょう。

ですので、ライトコインは今後伸びていく可能性を秘めていると思われます。

3.まとめ

仮想通貨ライトコインについてウォレットにおいての管理や、今後の可能性について紹介してきました。

仮想通貨ライトコインは仮想通貨の展開が広がり、仮想通貨について理解が深まれば深まるほど、伸びていく可能性がありそうですよね。

ライトコインもそうですが、仮想通貨の業界自体が、今後の可能性を大きく秘めていると言ってもよいでしょう。

そして、その仮想通貨の資産を管理するのも自分の仕事といえるのではないでしょうか。

今後大きな可能性を秘めているからこそ、自分の資産を自分で守れるように、ウォレットを使いこなすことをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする