大谷正光が提唱する自己実現プロデュースとは何?信用できるの?

「自己実現」
聞いたことがあるような、ないようなそんな感覚の人が多いと思います。文字でみたらなんとなく意味はわかりますが、いったいどんなことなのでしょうか?

人間には様々な欲求があり、それは下位欲求と上位欲求に分けられるそうです。

下位の欲求と言うのは、人間が本来持っている動物的な欲求である、生理的欲求そう食欲とか性欲睡眠欲などですね。

そして上位になるごとに、安全欲求や自尊欲求そしてその欲求の頂点に位置するのが自己実現欲求なのだそうです。欲求実現のメカニズムとして、最初は誰でも下位の欲求を満たそうとしますが、欲求が満たされたときに、より上位の欲求を満たしたいという欲望が出てきます。これって確かにわかりますよね。

生活に追われて、時間もお金もない人は漠然と、お金が欲しいとか、おいしいものが食べたいという下位の欲求に支配され、様々な世界で成功を収め、ステータスもお金も手に入れた人は、自らのランクアップに力を注ぐというのがよくみられます。

そんな自己実現の手法をコンサルタントに取り入れて成功を収めたのが、これから紹介する大谷正光さん。彼がどうやって自己実現とコンサルを結び付けているのか?そして成功に至るまでの大谷さんの経歴を追ってみましょう。

大谷正光はなぜ有名?

最近では仮想通貨のトレーダーとして、そしてトレーダー養成のセミナーを開催するようにトレーダー部門に力を入れている大谷さんですが、やはり彼を有名にしたのは、自己実現のセミナーで成功したというところです。

ネットビジネスの初心者から会社の経営者まで様々なひとに対して自己実現の講演を行い、結果を出してきました。

ネットビジネスのセミナーにありがちな、体験談やノウハウだけを教えるセミナーとは一線を画しており、ビジネスを行いながらその先に自己実現を目指すといったところが、他のセミナーとは全く違うものと言えると思います。

大谷正光の出身は?

大谷正光さんは、1976年石川県の出身です。

大学は地元ではなく、関西の神戸学院大学卒。卒業後は一般企業に就職しています。彼のブログを読むと、最初の仕事はホテルマンだったようで、最初は支配人を目指して頑張っていたそうです。

大谷正光さんのブログ

しかし、年功序列などの古い体制が彼には合わなかったようで、早い時期に退社を決めています。

そして次に就職したのが、飲食関連の上場企業。最初の就業先は、自分に合わないということでしたが、第二の職場では2年間で店長を任されるほどの出世ぶりで、そのまま出世を目指していくかと思いきや、社内の社員に対する冷遇というものを目の当たりにして、会社自体に信頼をおくことができなくなり退社。

大谷さんが、退社した原因と言うのが、自分の直接の上司がたった一つのクレームのために降格させられたということだそうですが、結構、どこの会社でもよくあることですよね。

しかし、その現実を見ても会社に残ることができる会社人間と、大谷さんのようにどうしても我慢ができないという人間に分かれてしまうんです。

普通の人は会社に疑問を感じても、自分の生活を考えると我慢してでも会社に残ることを選択してしまいますよね。ここで退社を決めた大谷さんは、年齢が若くてまだいくらでもやり直すチャンスがあるということもあったのでしょうが、それ以前にサラリーマンにはもともと向いていない人だったのかもしれません。

しかし、大谷さんがそのことに気づくのはもっと先の事でした。

飲食関連の会社を辞めた後にかれは再度サラリーマンにチャレンジ。今度はベンチャー企業に就職しました。理不尽な年功序列とか、派閥争いとかが存在していたのは、組織が大きかったからであって、少人数で成り立つベンチャー企業ならば、大手の企業とは違うと考えたのでしょうか?

確かに、今までの会社とは全く違ったようで、大谷さんが頑張れば頑張った分だけ会社の業績に反映されるというのは彼にとって喜び以外のなにものでもなかったようです。しかし、今度は忙しすぎて全く休日が取れないという問題が起きてきました。

家族と過ごす時間も全くなし、自分はいったい何のために仕事をしているのか?何のために生きているのかと自問自答しながら仕事を続けましたが耐えることができず退社しました。

それが大谷さんのサラリーマンとしての最後の姿となります。
その後、自己啓発の本を読み漁ったり、セミナープログラムに参加したりして自分の生き方を見つけようとしますが、どんなに本を読んでも、人の話を聞いても彼が納得できるものではありませんでした。

しかし、そんな大谷さんがあるコーチと出会ってから、人生が180度逆転します。そしてそのコーチが教えてくれたことこそ、今の大谷さんの柱となっている自己実現ということなのです。

「果てしなき自己成長によって生涯自己を高めること。」

自己実現と出会い、大谷さんの生涯にわたっての目標も定まりました。そして再度コーチングを学び始めてからは、一気に生徒を増やすことに成功し、日本でも有数のカウンセラーとして成功を収めたのでした。

カウンセラーとして成功してからは、株式のトレーダーとしてデビューし、一時期は1000万近くの利益を一瞬で叩きだしたようですが、その後損失を2000万出したそうです。

しかし、自分の失敗の原因に気づいた彼はトレード手法を修正し、現在では1000万円トレーダーというキャッチフレーズで、自身がトレードするのはもちろん、トレードに関してのセミナーやメルマガも多く発行するようになりました。

現在の力の入れ具合から見ると大谷さんの職業は、カウンセラーと言うよりもトレーダーと言った方がいいかもしれませんね。

大谷正光の評判は?

大谷さんの評判は、初期の頃はあまり悪い評判と言うものはありませんでした。セミナーの参加者でも大谷さんの事を悪く言う人はほとんどいなかったようです。

しかし、悪い評判が増えてきたのは、彼のセミナーに人が集まり、セミナー料金もどんどん高額になってきてからです。セミナーで教えている内容的には、初期の頃もその後も変わりがないと思います。何故、悪い評判が立ってきたのか?やはり塾の料金が高額になったからでしょう。

参加者の中でも大谷さんを批判する人もいます。同じ内容でも、自分が支払った金額が多くなれば多くなるほど、参加者の求めるものは大きくなり、大谷さんの教えが自分の思い描いた結果に繋がらないというジレンマから批判する人が増えたのではないかと思われます。

トレーダーに関しても、株式投資を行っていた初期の頃は批判はないのに、仮想通貨トレードに参入して大きな利益をだしてから批判の声が出てきていますので、やはりこういった評判というものは、稼いでる人に対しての嫉妬が多いのかななんて思ってしまいます。

まとめ

自己実現をするためには、下位の欲求を捨てるのではなく、全てを満たして上位の欲求を目ざすと言うのはいいですよね。自分がどんどんステップアップしていくのも実感できるのではないでしょうか。

確かに最初にビジネスを始めた時の理由って結構不純なものが多いですからね。女にもてたいとか、車が欲しいとか。そんな俗物的な欲求を最初に満たした上で次の目標が見えてくるっていう方法は本当に素晴らしいことだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする