「反逆の即金族プロジェクト」はどう見ても怪しい!?主催者の佐久間健は何者?

通過FXや仮想通貨など、お金を稼ぐ手法は時代と共に様々なものが生まれていきます。
実際に、これらの手法で莫大な富を築き上げた人も中にはいるでしょう。しかし、その下には、財産を大幅に失った人々もいます。自分自身の判断で投資を行い、儲けたり損をしたりするのはまだいいですが、悪質なのは、こういった儲けの手法を詐欺などに活用する人々です。

「これをやれば確実に儲かる」と甘い言葉を囁き、最終的にはお金を騙し取られているという手口も多く、私たちは警戒を強めなければなりません。
今回紹介するのは「反逆の即金族プロジェクト」というプロジェクトです。名前からして怪しいですが、しっかりと調査をしていきながら真偽を明らかにしていきましょう。

反逆の即金族プロジェクトとは?

まずは、「反逆の即金族プロジェクト」の概要について明らかにしていきましょう。

何より目を引くのは、セールスページに載っているおびただしいほどの儲けの言葉です。
「1か月で1万円が3000万円になる」「異次元の爆勝世界」「カラクリを見破る者のみがすべてを支配する」「金儲けは全て出来レース」。
このような言葉が並んでいます。

また、「ギャンブル、投資、仮想通貨あらゆる法則を暗号解読し未来予測」などは、もはやオカルトみたいですね。
見るからに怪しそうなセールスページです、1万円が3000万円になるというのは、破格の利益率です。
このような儲け話の勧誘を行う業者は数多くありますが、利益率から言えば群を抜いているといえるでしょう。
ページを作る中で「さすがに盛りすぎかな…」とは思わなかったのでしょうか。

何はともあれ、このような内容が記されています。一般的な感覚から見れば、明らかに怪しいことは一目瞭然ですが、ただ具体的にどんな手法で稼いでいるのか気になってしまうのも事実です。
しかし、悪質な業者は、こういった興味本位で覗いてきた人をターゲットにしているという側面もあるので、のぞかないに越したことはないでしょう。
しかしながら、「オカルト」とも「中二病」ともとれる言葉が並んでいますね。人によっては魅力的に感じてしまうのではないかという突っ切った印象も受けてしまいます。

ただ、セールスページからは具体的な手掛かりを見ることができません。なので、もっと詳しく調査していきましょう。

次は、この「反逆の即金族プロジェクト」を立ち上げている佐久間健という人物についてです。

地上波テレビにも出演の佐久間健は何者?


とにかく気になるのは、「反逆の即金族プロジェクト」というプロジェクトの主催者でもある佐久間健という人物です。

どのような人物があの魅惑(笑)のセールスページを作ったのでしょうか。ちなみにセールスページに写っている佐久間健氏の指からは光が放たれています。

調べてみると、佐久間健氏は慶応義塾大学卒で、公認会計士の資格を有しています。世界4大会計事務所の「PwC(プライスウォーターハウスクーパース)」に在籍していた経歴を持っています。
自称「暗号解読の魔術師」と称しており、この「暗号解読」という能力が、「反逆の即金族プロジェクト」の根幹となっていると考えられます。

経歴だけを見るのであれば、エリート中のエリートといえますね。また、“世界4大会計事務所の「PwC(プライスウォーターハウスクーパース)」に在籍”という説得力を作るためには有効なアイテムを有しています。
「元マッキンゼー」とか「元ゴールドマンサックス」とか、私たちはこの手の経歴に弱い部分がありますよね。それだけで、その人物の言っていることが正しいように聞こえてしまうものです。

ただ、そういった心理を逆手に取った上で経歴を記載していることも考えられます。頭の良い人が考えていることだから正しいと錯覚してしまう人は引っかからないように注意してください。

また、この佐久間健氏はテレビ東京で放送している番組「じっくり聞いタロウ」にも出演していたそうです。
「じっくり聞いタロウ」といえば、割と際どい人物でも出演するような番組なので、いわゆる「正しい人」としいて出演したとは考えにくいですが、それでもこういったプロジェクトを立ち上げるような人物がテレビ番組に出演するというのは数少ない事例です。

人によっては、テレビに出たというだけで信用してしまうこともあります。自分自身が稼いでいることをテレビでアピールすることによって集客を意図していたのかもしれません。
最近では、テレビに出ていたというだけで無条件に信用する層は減ってきているとはいえますが、悪質な業者にとっては、数多くの参加者は必要ないといえます。

ごく少数の参加者からお金を取ることができればいいわけですから、テレビの影響力を自身のプロジェクトの宣伝に使うというのは、効果的ともいえます。
また、それを決定づける事実として、このテレビ出演の後に、「反逆の即金族プロジェクト」を立ち上げたとのことです。

これは明らかにテレビによって知名度を上げてから、プロジェクトへ集客するというシナリオを計画していたといえます。
多くの場合、YouTubeなどのネット動画によって、こういった活動を行うことがありますが、テレビ番組に出演するというのは、結構思い切ったことをやっていますね。

「反逆の即金族プロジェクト」自体は怪しさを感じさせるプロジェクトでもあり、変に知名度を上げてしまうと悪評が広がるのも早いので、戦略的にはあまり効果がないと思えますが、それでもテレビ出演を果たしたというのは新しいパターンといえます。

反逆の即金族プロジェクトではどんなことをして儲けるのか


「反逆の即金族プロジェクト」について、もっと具体的な内容を調査していきましょう。

1か月で1万円を3000万円にするプロジェクトとは、一体どのような内容なのでしょうか。

「反逆の即金族プロジェクト」の動画の中で語られていた内容としては、4つの手法で稼ぐということが明らかになりました。その手法は「競馬」「バカラ」「仮想通貨FX」「ICO」です。
「競馬」「バカラ」に関してはギャンブルの類ですね。「仮想通貨FX」は投資の1つです。「ICO」については聞きなれない言葉かもしれませんが、簡単に考えれば仮想通貨の一種です。
正直これらの手法で「即金で稼げる!」とは考えにくいと感じてしまいます。また、どの手法もリターンだけではなく、リスクが伴うものでもあるため、必ず稼げるとはいえないでしょう。

おそらく「反逆の即金族プロジェクト」のコンセプトとして、佐久間健氏がすべての法則を見抜くことによって、どの方法でも確実に稼げる!ということになっているのかもしれませんが、聞く限り説得力に欠ける内容であることは否めません。
いくら輝かしい経歴を持っていたとしても、書いてあること自体はその他の業者とそんなに変わりません。この手の業者としては、非常に凡庸な内容であることが伺えます。

反逆の即金族プロジェクトは怪しい!?穴だらけの内容とは?

佐久間健という人物も正直胡散臭いですし、儲けの手法も一般的となると、いよいよ「反逆の即金族プロジェクト」を信用する要素がなくなってきます。
「反逆の即金族プロジェクト」では、これらの手法において、どのような攻略法を提示しているのでしょうか。
稼ぎの仕組みを見てみると、どうにも怪しい内容が散見されました。ここでは、「反逆の即金族プロジェクト」が「即金で設ける!」と主張するメソッドを見ていきましょう。

まず、競馬についてです。確かに、理論的な分析によって勝率をあげる方法を作り上げる人はいます。また、そういった攻略法を高値で売りつけるという詐欺被害も起きています。

「反逆の即金族プロジェクト」では、主な内容として「高期待値の馬券を購入する」というメソッドが紹介されていました。
各馬の勝率やオッズなどを見ながら、トータルでプラスになる買い方を示していると考えられますが、ただ、期待値というだけで馬券を購入して儲かるほど競馬は確実なものではありません。
競馬は馬や騎手の調子やその日のレース展開によっても大きく結果が左右されるものです。理論的な分析だけで勝ち続けるには限界があると考えられます。
確かに、メソッドによって多少勝率は上がるかもしれません。
しかし、「反逆の即金族プロジェクト」が提唱している「即金で稼げる」といえるほどのものでもありません。

「バカラ」

同様の内容です。基本的には、勝率の高い方に賭けるという内容でしたが、こちらについてもリスクが伴います。大げさなことをいっているようでしたが、実際の内容はあまりにお粗末と言わざるを得ません。

「仮想通貨FX」

佐久間氏の分析によるところ、情報の裏の裏を読むことによって勝てるそうです。「カラクリを見破る者が全てを支配する」と謳っていましたが、おそらくこういったことなのでしょう。しかし、これについても全ての人がそれを実践できるとは限りません。
もしそういった方法があるのであれば、佐久間氏はこんなに胡散臭い人物にはなっていないはずです。再現性に乏しい説明であることは明らかで、これについても怪しいと言わざるを得ません。

「ICO」

これに関しては聞く価値もありません。具体的な稼ぎ方すら提示しておらず、説明にすらなっていません。何となくこういうキーワードを出すと食い付きがいいと思ったのではないでしょうか。

「反逆の即金族プロジェクト」では、このような内容が説明の中で提示されていました。どれも再現性に乏しく、確実に稼げるとは言い難い内容でした。
信用に値しないプロジェクトと判断できるため近づかない方がいいでしょう。

反逆の即金族プロジェクトの被害に遭うとしたら何が想定される?


「反逆の即金族プロジェクト」が確実に稼げる手法ではない場合、詐欺の被害に遭うことが考えられます。悪質なネットビジネスや情報商材などの勧誘において、結果的にお金を騙し取られるといった被害が多く、「反逆の即金族プロジェクト」に関してもその可能性が考えられます。
ここでは、「反逆の即金族プロジェクト」によって詐欺の被害に遭うとしたらどのようなことが想定されるかを考えていきましょう。

まず、最初に予想されるのは、指示通りにプロジェクトを進めても稼げないという可能性です。これまでの説明からもわかるように、「反逆の即金族プロジェクト」で提示されている手法は、再現性に乏しく、確実に稼げるとは言い難い内容でした。
それを信用した結果、財産を失ってしまうことさえ考えられます。

さらには、参加した後に、高額なバックエンド商材を購入させられることもあります
「言われた通りにやっても稼げない」→「この方法なら稼げます」といった流れで、高額の商材を買わされる被害に見舞われると考えられます。悪質な業者の場合、このバックエンドを購入させるのが目的だったりもします。

稼げないプロジェクトによってお金を失い、さらに役に立たない商材を買わされてまたお金を失うという最悪の事態も想定されます。

このような手口に引っかからないために覚えておきたいこと


悪質な業者に騙されないためにも、自己防衛する能力を養う必要があります。
そのためには、冷静な判断力としっかりとした情報収集能力がなければいけません。

甘い言葉に反応せず、悪質な勧誘に惑わされず、もし気になったとしても、あらゆる角度から情報を収集し、冷静に判断をしなければなりません。

「反逆の即金族プロジェクト」に関しても、「1万円が3000万円」になるなどと、魅惑的な言葉が並んでいましたが、内容としてはお粗末としか言いようがありません。
こういった判断も、しっかりと情報を収集すればできることです。

人間の心理として、「楽して儲けたい」という気持ちは誰しもが持っているものです。その欲をコントロールすることができれば、悪質な業者の被害に遭うこともなくなるでしょう。

まとめ

「反逆の即金族プロジェクト」についてまとめていきました。主催者の経歴が華々しいといっても、テレビに出演したからといっても、何1つ説得力にはならないということは覚えておかなければいけません。
内容を見れば明らかに怪しいとわかるプロジェクトといえます。このような手口に引っかからないように注意しなければいけません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする