佐藤みきひろとはどんな人物!?詳しく解説!

ネット業界で新しいことを学ぼうとしているとよく目に入りやすい人物の一人に佐藤みきひろがいます。

佐藤みきひろは2000年代からネット業界で活躍を続けている人間であり、成功と失敗それぞれを繰り返してきたことでもよく知られています。

彼はネットビジネスで大きな成功を収めながら、一度は挫折を味わいその後また再起を果たしたというなかなか珍しい経歴を持つ人間で、ネット業界で成功を収める人間は決して少なくはないのですが、その成功をずっと持続できる人間というのは実はかなり少ないのです。

一度失敗をしてしまうと「この人間の手がけるビジネスはダメだ」「ネット商材でも売上につながらない」と言わんばかりか悪い噂が先行してしまい、その人間がたとえ新しいテクニックを生み出したとしても注目を集めづらくなってしまうのです。

しかし佐藤みきひろの場合はそんな逆境にも負けること無く、一度の失敗の後にまた自分なりの新しいビジネスを模索し、さらにその研究を重ねて斬新な手法を展開することで成功を収めています。

その結果2018年現在でも活躍を続けているなど、ネット業界では20年近く第一線に立ち続けている人間だと言えるのです。ではそんなネット業界のベテランでもある佐藤みきひろの経歴や評判などについてここではふれていきたいと思います。

佐藤みきひろはなぜ有名?

佐藤みきひろ氏はどのようにして有名になったのでしょうか。彼の経歴を見ると彼は1972年生まれ。千葉県君津市の出身のようであり、ネットビジネスに関しては2000年代初頭から携わってきたということです。

彼が一躍有名になる切っ掛けになったのは、ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)に出会ってからです。

このダイレクトレスポンスマーケティングは顧客に対して接触するチャンスをいかに増やし、ネット上の店だけではなく、リアルの店を運営する上でタッチポイントをどのように増やしていくのかということを、理論立てて構築した商材となっています。

ネット業界はまだ2000年代初頭では大きなビジネスを展開しているショップも少なく、当時はまさに入れ食いとも言える状況でした。

そこで佐藤みきひろのビジネスも注目される機会がたくさんあったため、ネットビジネス黎明期に置ける有名人として数々のメディアでも取り上げられることになったのです。その結果佐藤みきひろという名前はよくも悪くも有名になり、注目を集めることになりました。

佐藤みきひろの出身は?

佐藤みきひろの出身地や学歴については先程触れたように1972年の千葉県君津市生まれです。それ以外の詳細なプロフィールは実際には公開されておらず。フェイスブックの佐藤みきひろページに多少記載がしてあった程度です。

佐藤みきひろさんのFacebook

その他の経歴から察するところに、彼は大学に進学した経歴はなく、18歳で高校卒業した後に様々なビジネスに携わっていたようです。インターネットビジネスに出会ったのは20代後半の時のようです。

そこでまだ当時はそれほど有名ではなく、インフラも未発達、携帯電話ではネットに接続できなかったインターネットビジネスに早くから着目をしていました。そしてネットビジネスを手がけるベンチャー企業でがむしゃらに働くことで、インターネットビジネスの可能性について他の人間よりも早く学ぶことができたようです。

さらにその先行して得ることができた知識と経験を持って2000年代初頭にインターネットビジネスで多くのお金を稼ぐことに成功しました。

しかし一度の成功で彼はそれまで自分が手にしたことがなかったような大金を手にしたことで、仕事に対するモチベーションを失ってしまったのです。一時期は夜の街で遊ぶことにハマってしまい、そして気が付いた時には数千万円に及ぶ借金を背負うことになりました。

人間関係も一旦完全に破滅に陥り、どん底とも言える状態になってしまったのです。

佐藤みきひろの評判は?

しかしそんなどん底の中からも、先程例に挙げたあげたダイレクトレスポンスマーケティングに出会ったことで、佐藤みきひろは大成功を収めることに成功なったのです。

ただしインターネット業界ではやはり一度流行した手法はすぐ他社にもとりいられてしまいますし、また自分でセミナーを展開していたことによって、ダイレクトレスポンスマーケティングの優位性もそれほど長く続くものではなかったのです。

そしてまた一時期低迷期と言われる時期が数年間続きましたが、現在ではネットビジネスカレッジ(NBC)と呼ばれるネットビジネスに関するセミナーの主催を行っています。

ネットビジネスカレッジ(NBC)の公式サイト

ネットビジネスカレッジでは、当初からまだその時はそれほど注目されているマーケティング手法ではなかったFacebookでの集客と、フェイスブック広告の展開などにもセミナー受講者に対して指導していました。

その結果早くから指導を受けた人間はFacebookを使って多くの売り上げを上げることに成功したということです。
現在もYouTubeを使った動画コンテンツの制作と、そしてそれによる広告収入の売上かた。また新しいソーシャルメディアサービスを使ったネット広告の打ち方や、コンテンツの作り方などを日々研究に励みながら数多くののセミナー受講生に伝えようとしています。

また佐藤みきひろの特徴としてよく言われるのが、ネット上のビジネスだけではなくリアル店舗のビジネスのコンサルティングを行っているということです。

佐藤みきひろは1990年代は飲食店業や販売店業そして店舗の開発などにも数多く携わっていた経験があるため、ネットとリアルビジネスの両方に強いという特性を持っています。その時の経験を十分に活かし、ネットで集客をしてリアル店舗での売上に反映して行くといった二重の強みを持って多くの顧客を獲得するに至っているのです。

まとめ

佐藤みきひろは成功と失敗を繰り返してきた人間だけにその評判は良いものも悪いものもあります。特に彼のビジネスが上手く行かなかった時期に、彼の指導を受けた人間の中には「佐藤みきひろを選んで失敗だった」と感じる人間がいたとしてもおかしくはないでしょう。

たしかにその時期の佐藤みきひろはモチベーションを大きく失っていたこともあり、指導内容が不十分であったとしてもおかしくはありません。

しかし人間常に順風満帆とは行かないものです。自分に原因があるだけでなく身内のトラブルでもめてビジネスがうまくいかないこともありますし、健康上の理由などでどうしてもビジネスに本気で取り組めないということもあるでしょう。

やはり問題をしっかりと見据えるのであれば、佐藤みきひろの今を考えるのが最も適当だといえます。

その意味では佐藤みきひろは何度も再起を繰り返してきた人間であり、ピンチから立ち直る強さをしっかりと持っている人間だということは、彼の実績から分かってくることです。失敗からも再起して最終的に成功をつかみたいと思うのであれば、佐藤みきひろの学習素材だけではなく、彼の生き方そのものが生きた素材になるかもしれません。

そういったなかなか教材で学べないことを知ることができるのも、佐藤みきひろから学ぶ大きな意味だと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする