SENERで被害83億円!柴田千成の逮捕から学ぶ投資詐欺の危険性と防止法!

こんにちは。最近では、株式投資や仮想通貨で投資をはじめる人が増えましたね。
投資に興味を持つ人が増えた理由は、銀行に預けても低金利でお金を増やすことが難しいということも影響しているのでしょう。
とくに仮想通貨の登場は大きなインパクトがありました。仮想通貨のビットコインは、登場した際は0.01円の価値しかありませんでしたが、2017年末には100万円の価値にもなったのです。

「投資をはじめたいけど、不安…」という人も多いのではないでしょうか?
仮想通貨は夢を与えてくれますが、同時に突然価値がなくなってしまったり、流出して多額の金額が損失したり、大きなリスクもあります。
仮想通貨の流出事件は増えてきました。だから、投資をしていいのか悩んでしまいますね。

投資に悩んでいる方に対して、代理で投資をしてくれるプロ集団が存在します。
投資の代理を事業展開している企業も。豊富な知識を持っている専門家に、資産運用してもらえると安心ですね。
しかし、注意が必要です。預けたお金を私的に流用されてしまうケースもあります。2018年11月には、SENERを装った柴田千成氏に騙された人たちが続出。
投資を依頼する際に、安心して取引することができるのか確認する方法を、ここでは紹介していきます。

柴田千成氏らを逮捕!SENERの詐欺事件について

2018年11月に、米国の投資会社「SENER」を装った架空の商品で現金を集めたとして、無登録営業による商品取引法違反で、柴田千成氏ら8名が逮捕されました。
捜査をして判明したことは、出資総額は約83億円にもなり、うち9割以上が仮想通貨によるものだったとのこと。

騙された被害者は、10代から80代のさまざまな世代の人で約6千人にもなりました。国内に住んでいる方だけではなくて、国外に住んでいる方も被害に遭遇をしています。
2017年2月頃から、月利3~20%と謳い、ビットコイン投資した方を募っていました。
しかし、2017年6月頃から配当金が支払われなくなり、出資金を私的流用していたことが判明したのです。

SENERとは?

SENERは、アメリカの投資商品を販売する会社で、日本に参入をしてきました。
SENERは2017年にワシントンで創業され、世界に7つの支社を持つ米国の企業です。世界をリードする先物投資や資産管理を実施している会社です
現在は、32か国以上で事業展開していて、お客さまにトレーニングや投資管理サービスを提供しています。約2,000人以上の投資専門家を雇用している投資会社です。

優れたトレーディングチームを誇って、お客さまの資産を増やしているのです。2014年には、アジア初となるオフィスを東京に展開して、大きな話題を集めました。

どうして柴田千成氏らに騙されたのか?SENERの魅力

柴田千成氏は、SENERの投資商品によって、約83億円のお金を騙し取っていました。
なぜ、多くの方は、SENERの投資商材を購入しようとしたのでしょうか?優れたトレーディングチームにお金を預けたいと思う人もいると思います。
しかし、SENERには魅力的なボーナス特典が沢山ついていたのです。

SENERには、ボーナスプランがある

SENERは、元本を回収できる仕組みが用意されているとのことで大きな話題を集めていました。投資は資産を効率的に増やせる反面で、うまくいかなければ損をしてしまいます。そのようなリスクがなくなるボーナスプランは人気を集めたのです。

1.毎日配当ボーナス

SENERには、4プランの投資パッケージが販売されています。SENERは世界中から人気を集めて、2017年より1人当たり1アカウントまでと制限を設けられました。
プランごとに配当金の金額は変わります。
また、資産運用の日数に応じて、ステージがランクアップする仕組みです。「ステージ×掛け金」によって配当金額が変わります。
配当は毎日されるということで、大きな話題を集めたのです。毎日、労働力をかけずに、少しずつお金が入ってくることは大きな魅力ですね。

2.紹介制度ボーナス

SENERを友人などに紹介をして、友人がSENERの投資をはじめた場合は「紹介ボーナス」をもらうことができます。
紹介ボーナスの報酬金額は、投資金額の10%です。とても高い報酬額ですね。
このような仕組みによりSENERに投資をする人は増えていったのです。

3.グループリワードボーナス

グループを形成していき、全員の投資金額に対して%をかけた数字がリワードボーナスに換算されるのです。なので、グループの人数が多ければ多いほど投資金額が増えて、グループリワードボーナスが多くもらえます。自分が勧誘した相手をグループのメンバーとみなすことができるのです。

4.ブレークアウェイボーナス

グループの総売上に応じてランクがあがっていく、ランク毎に%が変動していきます。
こちらも、グループのメンバーが増えることによって、総売上金額は上がっていきます。

5.高額の資金を運用する投資家には、センスチアルクラブの特典がついてくる

50,000ドル以上の投資をしている人は、センスチアルクラブの優待が受けられました。SENERから、メンバーシップカードが配布されます。
そのカードを利用すると、SENER自社ビルに宿泊することができます。
また、SENERのイベントに特別招待されたり、空港のVIPラウンジの利用、五つ星ホテルに泊まることもできたのです。これらの特典は、2017年4月までの登録者限定。

柴田千成氏のSENERの他にも、投資詐欺は溢れている

柴田千成氏のSENERに投資詐欺は、大きなニュースになりました。しかし、このような投資詐欺は多く存在します。

スピンドルによる仮想通貨詐欺

2018年に大きな注目を集めたのが「スピンドル」の仮想通貨詐欺です。仮想通貨は2,000種類のコインがあります。
スピンドルが注目を集めたのは、芸能人のGACKTが広告塔をしていたからです。「GACKTコイン」とも呼ばれていました。他のコインと違う広告方法により、大きな注目を集めました。
そのような事情により、スピンドルは、約220億円の出資金を集めることができたのです。

スピンドルは、確実に価格が急高騰する仮想通貨だと説明されていました。
また、スピンドルを販売していた松井直幸容疑者は「1000分の1秒で取引するので、暴落するなどのリスクはない」と説明していました。
最初は1スピンドルあたり30円でしたが、国外仮想通貨取引所での販売をしてから1スピンドルあたり3円に価格が暴落。多くの被害が出た仮想通貨詐欺です。

レアメタル取引の投資詐欺

2018年8月27日に、レアメタルという架空のもうけ話を持ち掛けて、約7,000万円を騙し取ったとして上ノ下潔容疑者が逮捕されました。
経営している会社でレアメタルの取引をしており、出資してくれれば配当金を渡すと嘘をついて、出資金を集めていたのです。
2018年3月に、配当金が約束した通りに支払われないと警察に相談したことによって、レアメタルが架空のものであったことが判明しました。

補足:世界の歴史上で巨額被害が出た詐欺事件について

もっとも被害額が大きかった詐欺事件は、アメリカで起きた「バーナード・ローレンス・マドフ事件」です。被害総額は約5兆円です。
元NASDAQの会長でもある実業家のバーナード・マドフ氏は、1960年に投資の会社を設立します。
NASDAQの会長でもあったので、投資家たちから多くの信頼を受けていたのです。

そのようなマドフ氏が投資会社を運営するということは大きな注目を集めました。
たくさんの資金がマドフ氏の元に集まりましたが、その資金を資産運用するのではなくて、自転車操業的に投資家への配当に回すポンジ・スキームがおこなわれていたのです。
マドフ氏は2009年に逮捕されて、禁固150年となりました。

投資詐欺の見分け方!契約前に確認すべきポイント

投資詐欺が多いのは理解していただけたでしょうか?芸能人を起用した商品でも詐欺事件が起こったり、有名会社や肩書きを悪用したりする詐欺事件もあるのです。
何を信用していいかわかりませんね。
しかし、投資詐欺の見分け方はあるのです。ここでは、契約前に確認すべきポイントを紹介していきます。

契約書の内容を確認する

契約書が「金銭消費貸借契約」の場合は、注意しましょう。金銭消費貸借契約は「お金を貸してくれたら、1年後にはいくらにして返します」という内容が契約書に書かれています。
しかし、安心してはいけません。預けたお金の用途などが記載されていません。
また、お金をどこで預かるのかという情報もないので不適切です。用途などが記載された契約書の作成をお願いしましょう。

会社名、住所、振込先口座などは聞いたものと同じか

会社名や住所が名刺と契約書、振込口座の名義で相違がある場合は注意。
住所を聞いたら、Google Mapなどで実在する会社などか調べましょう。
帝国データバンクでは、企業の経営状況を確認することができます。
安全に取引することができる会社なのかを調べましょう。少しでも、不安を覚えるのであれば、取引を注意してください。

投資先や条件は、聞いていたものと同じか

投資方法はどのような方法なのか、配当金の受け取り時期はいつか、解約条件など内容について相違がないかを確認しましょう。
また、契約書にも記載されているかを確認するべきです。
とくに解約条件は確認を徹底的に行いましょう。

契約書は二部用意されているか、印鑑は押されているのか

契約書は2部用意しておく必要があります。次の場合は注意しましょう。
・契約書が一部しか用意されていない
・二部の契約書を並べて、印鑑を押す割印がない
・契約書が複数ページに渡る場合に、ページの間に押す契印が押されてない

このような不完全な契約書にサインをしてしまったら、契約書を改ざんされてしまいます。

パンフレットやメール、ウェブサイトはすべてコピーしておく

契約する前に、パンフレットやメール、ウェブサイトはコピーして保存をしておきましょう。
とくにウェブサイトの場合は、契約後にサイト削除されてしまう恐れがあります。なので、契約前に、ウェブサイトは印刷しておくと安心です。

通話、会話の内容を録音しておく

商談中の会話や契約時のやりとりなどは、すべて録音しておきましょう。強引なやり方で契約した場合は、このような録音した証拠によって取り消しを求めることができます。また、詐欺被害に遭遇したときに証拠があることで、警察も事件性があると認めて動いてくれます。

柴田千成氏のSENER詐欺事件のように、詐欺被害に遭われたら「集団訴訟」

柴田千成氏が逮捕された「SENER」の詐欺事件に被害合われた方は「集団訴訟」を検討してみましょう。
このような事件は、多くの被害者が出ています。
現代は、インターネットの普及やSNSの利用によって、全国の人と簡単に繋がれるようになりました。
被害者同士で団結することで、悪質業者を訴訟することでさまざまなメリットが得られます。

・弁護士費用や裁判費用を折半することができる
・訴訟に対する不安を低減させることができる
・共感しあえる仲間をみつけることができる

このように集団訴訟を起こすことで、少ない費用と労力だけで、騙してきた悪質業者を訴えることができるのです。
「お金を返してほしい」
「慰謝料を請求したい」
「悪質業者に反省をしてほしい」
というさまざまな気持ちをぶつけることができるでしょう。

日本国内では、集団訴訟は認知されていませんが、ITが発展しているアメリカでは主流になってきています。今後、日本国内でも集団訴訟は主流になってくるでしょう。

まとめ

仮想通貨や株式投資によって、賢くお金を増やしたいと思う人はいるでしょう。
現在は、さまざまな投資情報が溢れています。本当に信頼ができる情報なのかを見極めて、取引をするようにしましょう。
また、取引をする前には、パンフレットやメールを保存しておいたり、会話を録音しておいたりしておくことがオススメです。
信頼関係が築けるまで、リスクについて考えた行動を心がけていきましょう。

SENERの詐欺事件のように被害にあってしまったら「集団訴訟」を検討してみましょう。
日本国内では、まだ認知されていないですが、今後は必ず広まっていくでしょう。
集団訴訟が主流になることで、悪質業者の数を激減させられるのかもしれませんね。
詐欺が増えている日本国内で「集団訴訟」が大きな役割をもつのも、近い未来に訪れます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする