想源プロジェクトも該当!詐欺を繰り返す業者の撲滅運動「集団訴訟」

こんにちは。
仮想通貨投資は人気を集めていますね。
株式投資や不動産投資など、さまざまな投資がありますが、少額の資金から始められるというのが仮想通貨投資の大きな魅力なのではないでしょうか?実際に、数万円を仮想通貨投資で運用している人は多くいます。

また、人気を集めている理由は、仮想通貨は価値が高騰する可能性が秘めているからでしょう。
実際にビットコインは2017年度には1BTC250万円の価値まで値上がりしました。
この高騰は、たくさんのニュースでも取り上げられていましたね。
仮想通貨を通じて、一気に資産家に駆け上った人もいるというぐらい、仮想通貨は、大きく儲けられるチャンスがあるのです。
そのような理由から、多くの人が仮想通貨の投資を行います。

そのような背景の影響もあってからなのか「仮想通貨で大きく稼ぐことができるノウハウを教える」「仮想通貨取引の自動売買ツールを販売している」など、甘い言葉を謳っている業者が増えています。
このような業者の中には、信頼して取引できる業者もいると思いますが、ほとんどが悪質業者です。
また、このような詐欺師は詐欺を繰り返す傾向があります。
ここでは、仮想通貨投資詐欺の実態と撲滅方法を紹介。
検証方法の題材として「想源プロジェクト」を起用しています。

仮想通貨投資詐欺は増えている


仮想通貨の投資をはじめている人が増えている背景を逆手にとった詐欺事件は増え続けています。
日本国内の被害総額の情報は入手できませんでしたが、仮想通貨投資詐欺によって、世界全体で1日に約9億5千万円の損失が出ているのです。
この結果を見て驚く方もいるでしょう。
日本国内でも、仮想通貨を狙った詐欺は増えています。
ここでは、詐欺の手口と実際に日本国内であった仮想通貨投資を狙った詐欺事件について紹介していきます。

仮想通貨投資詐欺の手口について

仮想通貨投資の詐欺の手口は、さまざまあるのはご存知ですか?著名人を起用した広告でも詐欺であったケースがあるので、何を信用していいのかわからないという点が仮想通貨投資詐欺の怖いところでもあります。
さっそく、仮想通貨投資詐欺の手口をみていきましょう。

セミナーや友人からの勧誘

セミナーで仮想通貨の販売をしたり、教材の販売やICOへ勧誘をしたりする手法です。
「自動ツールをダウンロードしてもらえれば、仮想通貨を自動売買して大きく利益を出すことができる」とツールをダウンロードさせて、架空の管理画面上にお金を預けて、そのままお金を騙しとって去っていく手口などあります。
また、アドバイザー料とお金を前払いさせて連絡がつかなくなったなどの手口も多いです。

代理店が販売している

仮想通貨の投資をしている人は、日本国内の仮想通貨取引所に上場している通貨以外の通貨を購入したいと思うこともあるでしょう。
海外の通貨を代理販売している事業所も存在します。
こういった事業所は金融庁に申請しなければいけません。
取引をする前に、金融庁のホワイトリストに記載されている企業なのかを確認するようにしましょう。
また、「上場前の仮想通貨を安く購入することができますよ」と話を持ち掛けてくる業者は違法業者であるケースが多いので、注意が必要です。

元本保証をしている

仮想通貨投資のセミナーや勧誘のサイトの中には、元本を必ず保証すると謳っているものもあります。
投資で元本保証と謳ってしまっているのは、明確な違法行為です。
そのような勧誘は絶対に断りましょう。

有名人の名前を使う

有名な人が仮想通貨の開発に携わっているなど、名前を起用した仮想通貨は事実が確認取れない購入するのは辞めましょう。
また、有名人を起用した仮想通貨の広告も詐欺であったケースがありました。
一見、有名人を起用しているから立派な仮想通貨だと思われがちですが、このような詐欺の手口もあるので気をつけましょう。

ICO系詐欺

新しく登場した仮想通貨は安い金額で購入することができて、また、価値が跳ね上がる可能性も秘めているので投資家はICO(新規仮想通貨公開)に注目しているのです。
しかし、新しい通貨の購入者から、お金を回収したあとに逃げ隠れするという手口もあるので気をつけましょう。

過去の仮想通貨投資詐欺の事件について


仮想通貨投資詐欺の事件は増えていると解説してきましたが、実際にどのような事件があったのか気になる人もいるでしょう。
ここでは、過去の詐欺事件を少し紹介していきます。

仮想通貨1.9億円詐取事件

2018年4月16日に詐欺容疑で5人が逮捕された「仮想通貨1.9億円搾取詐欺」。
仮想通貨交換業者を介さない「相対取引」を装って、1.9億円を詐取しました。
「僕に運用をさせてもらえるなら、お金を必ず倍にさせることができる」など巧みな言葉を利用して、多くの人を騙していた事件です。

スピンドル詐欺事件

仮想通貨のスピンドルはGACKTが広告塔をしていた仮想通貨です。
別名「GACKTコイン」だとも言われていました。
有名人を起用した熱心な営業の結果、約220億円の資金調達に成功しました。
資金調達時は30円の価値をつけていたスピンドルは、3円に急落。
多くの人が投資の被害を受けました。
金融庁も有名人も投資していると過剰宣伝して出資金を調達していたことに対して問題視している事件です。

仮想通貨投資詐欺の見極め方について


いかがでしたか?仮想通貨投資に注目が集まっているのを逆手に、詐欺事件は増え続けています。
それでも、仮想通貨の投資を楽しみたいという方もいるでしょう。
そのような場合は、安全に取引することができるのか見極めることが必要です。
ここでは、仮想通貨投資詐欺の見極め方について解説していきます。

コミュニティを閲覧する

仮想通貨にはコミュニティが存在しています。
コミュニティが活発に動いていない場合は詐欺の可能性が高いです。

開発元を確認する

仮想通貨を開発した人物や団体の身元や実績、権威がどのぐらいあるのかを確認しましょう。

取引所に上場されているかを確認する

日本国内の取引所で取り扱っていない通貨の場合は、海外の取引所で取り扱われているかを確認しましょう。
しかし、仮想通貨の投資を始めたばかりの人は、基本的に日本の仮想通貨取引所で上場している通貨のみ取り扱うほうが無難です。

投資案件の詐欺なのかの見極めには「Twitter」が便利

Twitterを利用したことはありますか?Twitterは、匿名でリアルタイムにツイートすることで人気を集めているSNSです。
投資の話がしたいけれど、名前など身元バレしたら怖いと思うことはあるでしょう。
匿名性だから話せることもあるのがTwitterの大きな特徴です。

それらの理由により、Twitter上では仮想通貨投資情報がたくさん流れています。
気になる投資のコミュニティが信頼におけるコミュニティなのかどうかも、Twitterで検証することができるでしょう。
また、登場したばかりの仮想通貨が気になる場合は、Twitterで常に最新情報を入手することができます。
インターネットの情報も便利ですが、このようにSNSを有効に活用する情報収集方法もあります。

最新の仮想通貨投資の「想源プロジェクト」とは

これまで、仮想通貨投資の詐欺が増えているということを説明してきました。
実際に、仮想通貨投資のビジネスではどのようなものが増えているのでしょうか?ここでは「想源プロジェクト」を紹介していきます。
「想源プロジェクト」とは、仮想通貨のノウハウを駆使して、アジア全体で資産1億円超えの富裕層をつくりあげるという目的に起ちあがったコミュニティです。
このコミュニティの代表者が清水聖子さん。

清水聖子さんはアジアブロックチェーン協会の代表理事

仮想通貨取引所が参画している日本ブロックチェーン協会は有名ですが、アジアブロックチェーンというものが存在するようです。
そちらの境界で清水聖子さんは、代表理事を務めているとのこと。
このようなネットワークを利用することによって、必ず大きく儲ける仕組みを創り出したのが「想源プロジェクト」なのです。

仮想通貨投資「想源プロジェクト」は詐欺かどうか?

「想源プロジェクト」に参加をするとアジアの最先端の仮想通貨情報が入手できると興味を抱いた人もいるのではないでしょうか?しかし、申込を決めるのは安心して取引できるのか検証してからにしましょう。
検証には、インターネット検索やSNSによる情報収集を活用していきます。
「想源プロジェクト」を検索すると、下記の事実が出てきます。

清水聖子さんはミラクルアローで詐欺をしていた

清水聖子さんは「想源プロジェクト」の代表を務める前に、「ミラクルアロー」というコミュニティを運営していました。
「ミラクルアロー」は、バイナリーオプションの人工知能搭載システムを活用することで大きく儲けることができると謳っていたのです。
しかし、「ミラクルアロー」でお金を儲けた体験者の方の写真がすべててフリー素材であったり、稼ぐことができなかったりしたため、大きな批判を浴びました。

清水聖子さんは「THE HERO プロジェクト」にも参加

富裕層の人にしか発信されない仮想通貨の情報を入手して、元手の資金を10倍にするという「THE HEROプロジェクト」のインタビュアーとしても清水聖子さんは活動していました。
「THE HERO プロジェクト」への参加費用は30万円です。
しかし、「THE HERO プロジェクト」は悪質なコミュニティで多くの被害者を出したのです。
そのような詐欺事件に清水聖子さんも関与していました。

補足:検証結果から読み取れること

清水聖子さんが代表を務める「想源プロジェクト」は確実に詐欺であるとは言えません。
しかし、清水聖子さんという女性は、過去にもさまざまな詐欺事件に関与しているのは紛れもない事実です。
また、実際にお金を儲けることができた人物も捏造していた過去もあるので、今回に「想源プロジェクト」の話も捏造している可能性が極めて高いでしょう。
ここでは、検証の結果「想源プロジェクト」のコミュニティには、参加しないほうがいいという結論にいたします。

仮想通貨投資詐欺の被害にあったら、集団訴訟を起こそう


仮想通貨投資の詐欺は増え続けています。
詐欺をするような人は、詐欺を繰り返してしまうのです。
その結果、詐欺被害は拡大する一方。
このような悪質業者を減らすためにも「集団訴訟」を起こしてみましょう。
集団訴訟は、日本国内では、まだ認知をされていません。
しかし、インターネットが普及した時代背景を有効に利用することで、詐欺被害にあった人とコンタクトが簡単に取れる時代になったのです。
その結果、集団訴訟を起こすことができます。

悪質業者を撲滅することができる

詐欺被害に遭遇して警察に被害届を出しても、警察は詐欺を立件することができないと動いてくれません。
詐欺を立件するには「欺罔」「錯誤」などがあり、加害者側が「騙すつもりはなかった…」と答えてしまえば詐欺として認められないのです。
詐欺を刑事事件として取り扱えるのは非常に少ないのです。
しかし、民事訴訟は誰でも起こすことができます。
1人で弁護士費用など出せなかったり、訴訟する勇気がもてなかったりして、相手を訴えません。

しかし、集団訴訟を起こすと被害者たちが集まるので、費用も折半できて訴訟を起こすことができます。
このように、集団訴訟が日本国内で主流になってくれば、悪質業者は「訴えられてしまうのではないか…」と不安を覚えて同じことを繰り返し行わないでしょう。
集団訴訟が広まっていけば、悪質業者を撲滅することができるのです。

まとめ

今回は、仮想通貨投資詐欺が増え続けていることを解説しました。
清水聖子さんが代表を務める「想源プロジェクト」も危険でしょう。
清水聖子さんは、過去にさまざまな詐欺事件に関与しています。
詐欺を一度でも起こした人は、何度も詐欺を起こしてしまうものなのです。
このような、悪質業者を減らすためにも「集団訴訟」を広めていきましょう。
集団訴訟が広まっていけば、悪質業者も不安を感じて、詐欺を繰り返さないはずです。
みなさんで、悪質業者を撲滅していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする