年収1億円社長の平秀信はなぜ有名なのか?出身や評判はどうなのか?

日本にはインターネットビジネスを通じて成功して大物起業家として名を轟かせている方は多くいますが、その中でも特に有名な人物、日本のインターネットビジネスの先駆者と言える人物が平秀信さんです。

彼が今までに残してきた功績の数々が、今や伝説的なものとなっており、起業家を目指す人にとっても目標となる人ともいえるでしょう。

今回は、そんな平秀信さんのこれまでの輝かしい実績や、なぜここまで有名な人物になってきたのか?その理由などに迫っていきたいと思います。

平秀信はなぜ有名?

平秀信さんは今でこそ、株式会社エルハウスや株式会社インプロビックの代表取締役として活躍をしていますが、元々は普通の企業のサラリーマンとして生活を送っていました。平秀信さんが従事していた職業は住宅メーカーで家を売る仕事をしていたのですね。その頃から仕事をこなす能力に長けており、会社のほとんどの売り上げを平秀信さん一人の力で上げていたと聞きます。

そこまで個人に頼る会社もどうなのか?と感じてしまいますが、そこまでの能力があったのであれば、会社も頼らざるおえなかったのかもしれませんね。

しかし、そんな会社ですから長く経営が続くはずがありません。

多額の借金を平秀信さんになすりつけるようにして、倒産してしまのです。このとき、平秀信さんが背負った借金の額は数億と言います。個人でそんな借金ですから、簡単にどうにかなるような話ではありません。

真面目に今まで会社のために働いていた平秀信さんにとって本当にショックな出来事だったはずです。しかし、一緒に働いていた同僚を守る為、さらに継続していた仕事を続けるために、自らが起業をして会社を立ち上げるのでした。

普通、ここまでの仕打ちを受ければネガティブな考えになり、自暴自棄に陥ってしまうことでしょう。しかし、平秀信さんは自分のためではなく他人のことを第一に考え行動に移したのです。これだけでも偉大なことですし、本当に尊敬ができる起業家なのだと感じます。

そして、そこから平秀信さんの生活は毎日仕事に追われ、かなりの激務を過ごすことになるのでした。まともに仕事をする道具も機材もままならず、寝ることを忘れてひたすら仕事に打ち込むのです。この頃、あまりに過酷な激務で、何度も救急車に運ばれたことがあるようです。

平秀信さんは若かったからなのか、とにかくがむしゃらに必死に働くことが正解だと考えていました。しかし、あるマーケティング手法との出会いで、その考えは大きく覆されることになるのです。その手法というのは、ダイレクトレスポンスマーケティングという手法で、このマーケティング手法を手に入れることで、平秀信さんは爆発的に売り上げを上げるノウハウを確立して、平秀信さんが行った住宅見学会には長蛇の列ができるほどのなりました。

この手法を駆使することによって、あった数億の借金を返済することに成功しました。あまりの出来事だったので、この一連の流れが漫画として公開もされたぐらいです。

この平秀信さんの実績が全国的に有名になっていき、実際に成果を上げた工務店が出てきて、多くの人達が平秀信さんのノウハウを必要としてきたのです。そして、平秀信さんは自身のノウハウを一人でも多くの人達に伝えるべく、株式会社を設立して、ノウハウを伝える活動を始めたのでした。自分で学んで実績を残してきたことを、すぐに人に伝えるというのは、成長する人が間違いなくやっている成功の原理原則です。平秀信さんはそれに早く気付き、常に実践をしてきた人ともいえます。

日本だけにはとどまらず、大きな実績を残しているのにも関わらず、まだ成長したいという気持ちからニューヨークへと留学をするのです。この経験をもとに、自分がした経験をもっと多くの若者に経験させてあげたいという強い思いを持ち、ニューヨークのマンハッタンにも会社を設立し、自分の会社の社員を留学させたりもしました。

マンハッタンの会社でも不動産業やコンサルティング業を展開して、大きな功績を残すことに成功しています。

また、インターネットビジネスの業界ではインフォプレナーとして、数多くの情報販売に携わってきました。その情報商材を通じて、多くの人にお金を稼ぐノウハウなどを広く伝え、インフォプレナーとしての地位を確立することにも成功したのです。

平秀信さんの活躍は現在進行形であり、今でも一人でも多くの起業家に自身の知識や経験、ノウハウやスキルなどを伝えるべく積極的に活動して影響を与えています。平秀信さんを師事して師と仰ぐ人や、彼の言葉やノウハウから自身の人生に大きく影響を受けている人も少なくないはずです。

平秀信の出身は?

平秀信さんは長崎県生まれで、なかなか過酷な幼少期を過ごしました。出身は長崎なのですが、父親が突然蒸発をしてしまい、母親と兄に育てられることとなり、長野県へと移り住むことになりました。非常に貧乏な家で、勉強をしたいけど勉強机もない状態、みかんを入れる段ボールを机代わりとして勉強をしていたといいます。さらに、長野県は冬が寒いことでも有名で、冬の期間は非常に辛い時期を過ごしていたそうですね。

平秀信さんはサラリーマン時代に、かなりの理不尽な借金を背負うことになります。しかし、今はこうしてそういったどん底も跳ね返し、日本を代表する大成功した起業家へと変貌を遂げたのでした。こういた逆境から成功への道へと進んでいけたのも、幼少期の辛い経験があったからこそのなのかもしれませんね。いくら、過去に辛い経験をしていようともあきらめない精神があれば、いつかは大きな成功を掴むことができるということを、身を持って伝えている人物ともいえるかもしれません。

平秀信の評判は?

平秀信さんの評判ですが、様々な評判がある中、特に多いのは彼に感謝している人の声が多いということです。平秀信さんはインフォプレナーとして、色々な情報商材も販売してきました。

それによって、批判の声や詐欺といった声も聞こえてくるのですが、それ以上に多いのは平秀信さんを賞賛する声や、彼のノウハウを知って実践することで人生が変わったという声がとんでもなく多いということです。それぐらい、平秀信さんのノウハウは本物であり、多くの人を納得させるものとなっているのでしょう。

有名起業家には批判の声はつきものです。逆に批判をされるということは、それだけ平秀信さんに期待する人が多いという証拠です。何よりも、平秀信さんには誰にも批判することができない、残してきた大きな実績というものがあります。そういった実績と平秀信さんを批判している人を比べれば、どちらが正しいのかを理解できることでしょう。

まとめ

インターネットビジネスの業界に、多大なる影響を与え大きな爪痕を残してきた平秀信さん、彼の伝説を塗り替えることができる起業家はこの先出てくることはあるのでしょうか?今後もどんどん成長して大きな功績を上げ続けていくのでしょう。そんな平秀信さんをこれからも注目していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする