与沢翼さんが対談で語る「平秀信さんのビジネスの凄さ」と支援する人たち

平秀信さんのビジネス、そのビジネスに関わった与沢翼さんをはじめとする人間関係についてご紹介します。

平さんの住宅関連を中心とするビジネスにどんな支援を受けておられるのでしょうか。

平秀信のビジネスについて

平秀信さんは1959年、長崎県に誕生されています。

貧しい生活を余儀なくされた幼少生活を送っておられ、その逆境を味わったからこそ今のビジネスに好影響になっているのでしょう。

現在は、ネットビジネスの起業家としてのビジネスや経営コンサルタントを主として活躍されています。株式会社インプロビック、株式会社エルハウスなど7社の経営を手がけておられます。

平さんは、住宅販売会社エルハウスを設立されたことで有名ですが、そこには、最先端といわれるマーケティングのノウハウを確立して営業を始められたことから始まっています。

平さんのビジネスは業界でも有名ですが、エルハウスにいたっては、創業3年で年商10億円までの収入を得られています。このことは、メディアでも大きく取り上げられたのです。

その後は、株式会社インプロビックを設立してマーケティング・コンサルタントとして、確立した手法を広めていっておられます。

そのビジネスの価値を証明するようなお話があります。1000人規模のビジネス実践会を開き、多くの参加者がその手法を学んだことで企業に成功されるという実績を積んでおられます。

これらは、数多くの経験と知識、スキルというものを生かしてマーケティング手法を提示されている平さんのビジネスの凄さだと言えるでしょう。

ここで、平秀信さんが取り組まれているDRMと海外でのビジネス、及び著書についてご紹介します。

平秀信のDRMの価値は

平さんは、マーケティングを学ばれて、DRM(ダイレクト・レスポンス。マーケティング)というマーケティング手法を確立されます。この手法は集客に特化したビジネスですが、この手法は爆発的な人気を集めました。

このマーケティングに共感された方が多かったということです。

この人気ぶりは小学館のビックコミックでもマンガになるぐらいでした。この手法については、その後「株式会社インプロビック」設立にもつながったのです。

平秀信の海外での活動は

平さんのビジネスへのひたむきな思いが表れているのが海外進出です。

平さんは「刺激」を求めてニューヨークに留学されることになります。その刺激が「今まで経験したことのないもの」でしたので、その留学経験を若手にも広めたいという思いで、若い社員をボストンに留学させるという取り組みをされました。

平秀信の著書にみるビジネス手法

平秀信さんは、2017年に「年俸5億円の社長が書いた儲かる会社のすごい裏ワザ」という本を出版されています。題名をみても、平さんらしいのですが、その内容は読む価値のある作品になっています。

平秀信さんのAmazonページ

この本の中で平さんは自身の自慢として次の3つのことを書かれています。

○私自身(社長)の年俸が5億円であること
○我が社で働く社員の1人あたりの売り上げが1億5000万円であること
○集客で困ったことがないこと

この自慢が平さんのビジネスの支えになっておられます。今までに努力されてきた商品、集客、販売などネットビジネスの知識やスキルをしっかりと身に付けられてきたからこそ実践に生かされたのです。

その成功を伝えたいという意識で、商材販売を続けられています。私たちにそのノウハウを示していただいているのです。

このように、平秀信さんは地道な努力によって築かれたビジネスを実践し、海外にまで進出されています。好きなように生きていくことを目標にされた生活を手にしておられると言ってもいいでしょう。建築を学ばれて、これもビジネスに生かし、今他のメーカーよりも1千万円も安く販売されているエコ住宅も注目されています。

平秀信と与沢翼は関係ある?

平秀信さんは様々なビジネスをされています。

工務店や通販事業、出版社など、かなりの年収を得ておられます。平さんは遅咲きの起業家として有名ですが、20年あまりのサラリーマン生活という下積みが今のビジネスにも大きな影響を与えているのです。平さんが強く言われていることは向上心の持ち方です。

若くして企業をされた人も、平さんのように遅咲きの方も、それなりに知識とスキルを獲得するために努力されてきている、その中で向上心をしっかりと持っているからこそ成功につながるということを強調されています。自分自身のことについても向上心があったからこそここまで登りつめたと言われています。

ネットビジネスにおいて、成功者の方はクローズアップされていますが、その他の方はまだまだ結果がでずに悩んだり苦しんだりされています。この悩みや苦しみは、なぜ怒ってしまうのでしょうか。このことについて、平さんのお話の中に登場するのが、与沢翼さんなのです。ネットビジネス界でも若くして何億も稼いでいる男として有名な方です。

ここで、平さんと与沢さんが対談されたときのことをご紹介します。その動画は30分のものですが、内容は濃いものになっています。

○大きな決断のリスクを最小限にする方法はどんなものか。
○成功に近づくための選択基準はどうあるべきか。
○一般の人と、成功する人との根本的な違い(マインドセット)は何なのか。
○若者と中年の稼ぎ方の違いは何なのか。

などの内容になっていますが、非常に面白いと好評を得ています。この動画は希望者には無料で配布されています。

実は平秀信さんと与沢翼さんとは、長年の付き合いがあります。平さんは与沢さんのことを若手で月収1億円を稼ぐ、自分にはできなかった凄い人だという印象を持っておられます。「年収5億円を稼ぐ私でさえ信じられないと言われるのに、月収1億円は考えられない」と言いながらも、その手法について対談でしっかりと聞いておられます。

与沢さんは、平さんのことを「先生」という呼び方をされるときもあります。「平先生から光栄にもオファーをいただいた」という言い方をされるのです。

また、与沢さんが平さんを評して「成功も失敗も経験し、乗り越えてきた成功者、平秀信のオーラと存在感、マインドは並ではない。この業界の王者に君臨されるだろう。」と言われています。与沢さんがここまで認める平さんの動向はチェックする価値があります。

平秀信に関与する人物は?

平秀信さんとのパートナーとして有名なのは、Mr.Xさん(仙人さん)です。

Mr.Xさんは80億円も売り上げられたことで有名です。平さんは住宅関連の会社経営をはじめとして複数の会社の経営をされ、経営コンサルタントとしても活躍されています。

このように大きく飛躍された平さんですが、ここまでの成功をみるまでには、しっかりとビジネスについて学ばれたからです。

それが、神田昌典さんです。神田さんは1990年代に「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」を日本の中小企業に対して普及させたことで有名な方です。平さんは、この神田さんの顧客獲得実践会の会員になられていました。そこで、コンサルティング手法について学ばれ、その後Mr.Xさんとパートナーを組んでコンサルタントとして活躍されていきました。

まとめ

いかがでしょうか。

平秀信さんのビジネスやそれに関わる人として与沢翼さんとの関係についてご紹介しました。

現在の平さんを見ますと、もう十分稼いだだろうという認識を持ってしまいます。しかし、平さんのお人柄がそうさせるのか、まだまだ多くの人に伝えたいことがあるという思いが強いようです。

平さんと関係している方も多く、ご紹介しました方以外にもいろいろな方のインスタや動画にも登場されています。まだまだ続く平さんのビジネスに注目していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする