たこ焼き屋に必要な開業資金と成功させるコツまとめ

たこ焼き屋をやったら儲かるのか?

儲かるなら簡単そうだしやってみたい!という人は少なくありません。

たこ焼き屋をだすにあたって、その開業資金や、失敗しない経営方法や運営方法をご紹介します。

1. たこ焼き屋に必要な開業資金はいくら必要?その内訳は?

まずたこ焼き屋には、個人で開業するものと、FC加盟店(フランチャイズ)で開業資金は随分変わってきます。
FC加盟店とは、フランチャイズに加盟している人や法人が、フランチャイズの本部からそのお店の看板や、サービス・システムや、商品を取り扱う権利を譲渡してもらい、利用代金をフランチャイズ本部へと納金するというシステムです。

コンビニやファミリーレストランなどのチェーン展開している店舗などにはこのFC加盟店(フランチャイズ)が多く存在しています。

フランチャイズの場合、「売上に対して何%」という支払い方法があったり、月額費として固定された金額など、細かい計算方法があり、売上総利益高に対して細かく指定されていることが多く見受けられます。

個人で経営していくにはフランチャイズに支払うお金はありません。

またひとえに「たこ焼き屋」といっても店舗型なのか屋台型なのかによっても開業資金は変わってきます。
それでは開業資金がいくらくらいになるのか内訳をみてみましょう。

1-1. たこ焼き屋の開業資金

フランチャイズでたこ焼き屋を開業する場合
店舗規模によりますが
400万円~1000万円程度です。

個人店でたこ焼き屋を開業する場合

・小規模な店舗
200万円程度
・中規模な店舗
500万円程度

と言われています。

また、それでは開業ができない!といった場合は、屋台での開業だと100万円程度の開業資金でたこ焼き屋ができるようですので、店舗のみではなく、屋台での開業も視野にいれるといいかもしれません。

1-2. 初期費用の内訳

内容
・フランチャイズに加盟するための加盟金額
50万円~200万円
・店舗の内装や外装の工事費用
200万円~500万円
・厨房などの設備
50万円~300万円
・食材補償・店長研修・開店にかんするための費用などなど

ざっと考えても資金には余裕があったほうがよいでしょう。
予期せぬ支出があることを見込んだ方が安心です。
比べると、FC加盟するための加盟金額がなどが結構出費の割合には大きいのではないでしょうか。

個人の場合フランチャイズに対する加盟金額は支払うことはりません。
店舗なのか、屋台にするのかによおっても初期費用は随分変わってきます。

1-3. ランニングコストの内訳

ここのランニングコストは
店舗運営で1ヶ月の売上げ125万円と仮定
一日5万円の売上で25日の営業の場合です。
大まかに設定していますが、

・たこ焼きにかかる食材費やそれを包むパックの費用
47.5万円
(食材の価格高騰なども視野に)
・店舗家賃
10万円
・水道光熱費
7.5万円
・アルバイトなどを雇った場合の人件費
15万円
・その他(電話代など)
10万円

これに加え、FC加盟をした場合は「研修費」「加盟金」「毎月のロイヤリティーの支払い」「販売促進費」などの費用が追加でかかってきます。
FC加盟はブランド力が大きいため、成功もしやすいですが、実際に利益がなくなると支払いが大変だという声もよく聞きます。なのでFCチェーン店が次々に閉店していくのです。

2. たこ焼き屋の開業資金を調達する方法

たこ焼き屋の開業資金を調達する方法ですが、
一番はたこ焼き屋ではたらきながらその資金をためることが、たこ焼き屋の運用や経営をしりながら、たこ焼きもやけるようになるので一石二鳥なのではないでしょうか。

また、あなたはオーナーのみで、自分は現場にでないという場合は、稼げる職種にてお金をかせぎ、貯金をしているのが良いでしょう。

3. たこ焼き屋の物件選びのポイントと契約時の注意点

たこ焼き屋を開業するにあたり成功の秘訣とも言える最も重要なことは、
店舗物件選び!になります。
思っていた以上に店舗選びに時間がかかるというのは店舗型の飲食店ではよくあることです。
誰だって、「少しでも良い物件で開業して成功させたい!」と思うものです。
時間がかかり焦ってしまうかも知れませんが、契約のときにも必要なことなどを調べておき、自分はどんなお店を開業したくて条件は大丈夫なのか?ということを、はっきりしておくのが大切です。
物件がきまってしまえば、開業にむけて、店舗の工事などに進んでいき期間は1ヶ月~2ヶ月程度で出来上がります。

4. たこ焼き屋のような飲食店ビジネスの問題点と成功のコツ

日本中どこを歩いていても見渡すかぎり飲食店があります。
そこでたこ焼き屋のような飲食店ビジネスを成功させるために必要なことは、
やはり立地のよさなどの物件選びです。
おいしいたこ焼きを焼いていても、人がだれもこない場所で開業しても、誰も食べに来てくれません。
立地・物件選びはとても大切です。
それから商品のオリジナリティー(FC加盟ではなく個人経営にかぎりますが)や、商品の価格設定・お店の雰囲気や看板など。
初めて見るお店でもそのお店には入りたくなるような清潔感などはあるのかどうか?
また、宣伝や販売促進するためにはどうしたらいいのかという事。
宣伝しなければお客様は商品があることを知りませんから、商品宣伝はとても大切です。
また一度掴んだお客様を話さないように販売促進することや、接客も大切です。

5. たこ焼き屋経営の成功事例と年収

成功事例と年収ですが、どのようにたこ焼き屋を営業していくかによって、大きく差が出てきます。

まず、店舗か屋台なのか。
低資金での開業をどうしてもおこないたい!という場合は屋台式のたこ焼き屋をおすすめしてきました。
今は自動車での飲食店の開業もとても多く見られます。
自動車で営業する許可の取得に関しては日本中47都道府県どこでも可能。
店舗運営に比べると初期費用や、運営費用などの金額が少なく、簡単に移動できるため、場所にしばられることもなく利益を上げていくことができます。

また、取り扱っている商品は「たこ焼きだけなのか」
にもよって、売上などが変わってきますね。
よくあるチェーンのたこ焼き屋にはたこ焼きオンリーのお店はありますでしょうか?
おそらく一番有名なたこ焼きチェーンでは今はたこ焼き以外の商品も多く出していますね。
また、店舗の中で食べれるイートインスペースや、たこ焼きをつまみに飲めるたこ焼き屋もあります。
もちろんこれは利益にはダイレクトに反映されるものなのはおわかりいただけたと思います。

6. 失敗しないたこ焼き屋の開業・経営方法

飲食店はどこにでもあり、有名チェーンが根強いたこ焼き屋を開業して経営していくためには、
お客さんがお店に来てたこ焼きを買ってくれる理由を一つでも多く増やすことです。
あなたのたこ焼きのファンにさせることです。

どこにでもあるお店の中から選ばれる店になるということです。
その内容はたくさんあると思います。
おいしい、子供が好きで食べたがる、駅から家の途中にある、看板が目を引く、お店の人が一度買っただけなのに覚えていてくれた
など。買いに来てくれるお客様は「特別感」に弱いということを忘れないようにしましょう。
大きな理由だけがお客様にひびくわけではありません。
小さな理由も些細なこともすべてプラスに活かしていくことが失敗しないたこ焼き屋の作り方です。

6-1. たこ焼き屋のフランチャイズ経営

フランチャイズのメリットとしては、過去に「成功例」として実績のあるビジネスを始められることです。
加盟店にとってはメリット・デメリットなど多く存在しています。
大きなメリットとしては、フランチャイズ本部のブランド力を最大限に活用できること。
自らブランド力を作る必要がないため、店名や看板など大勢の人が知っている、馴染みのあるたこ焼き屋だった場合「あそこにあのお店できたんだ」など話題にもなりますし、
「フラっと」仕事帰りに寄ってみる、などと「行ってみよう」という集客力は最初からでていくものです。
初めての開業であっても集客力にはとても長けているため、運営がしやすいのがメリットです。

デメリットとしては、加盟店は本部にたいし、お金を払い続けないといけないということ。
また、そのフランチャイズの契約終了をしよう!とおもっても、また別のたこ焼き屋を個人で出す!となった場合、同じたこ焼き屋を出す(同業種)ことを禁止されるケースもあるようです。

6-2. たこ焼き屋の個人経営

個人経営のたこ焼き屋はフランチャイズと比べて自分のやりたいようにできる点がメリットですね。
前述していた、お客様をつかむという売り出し方や、オリジナル商品の開発などは個人経営のメリットのひとつ。
開業資金もすくなく、ロイヤリティーを支払う義務もないため、低予算の経営が可能です。

しかしデメリットとすればブランド力。
なにもしないたこ焼き屋のたこ焼きは一度食べてみておいしくなかったら固定客はつかめません。
また有名ではないので、信頼性もありませんし知名度も低いということです。
そこで必要なのは広告力だと思います。
それは低予算でもできることもありますし、予算をかけてでもすることです。
店舗の存在や、どんなウリで売っているのかなどを知らないとお客さんは足を運んでたこ焼きをかいにきてはくれません。

7. たこ焼き屋を開業するために必要な資格や許可

たこ焼き屋をはじめとする、飲食店を開業し経営するには保健所の食品衛生課に営業の許可申請をだしてもらうことが必要です。
許可を得るためには、様々な条件を満たしていることなので、その条件についても詳しく問い合わせをしておいたほうが良いです。
そうでないと、店舗などの工事がおわったあとに「実はこの条件だと営業許可がおりません」ということになりかねず、開業資金も無駄なものになってしまったりプラスで資金がかかったりなどする可能性があります。
また営業許可証に加え飲食店を経営するにあたり、食品衛生責任者の資格を持っている人が店舗にいるということも条件になってきます。
資格をとるには1日程度の講習をうけることでもらうことができ、公益社団法人日本食品衛生協会のサイトで確認してみてください。

また、食品衛生責任者がいない・食品衛生責任者の講習を取りに行く時間をつくることが困難といった場合には、栄養士や調理師の免許があれば講習を受講しなくても食品衛生責任者になることが可能なので、
従業員を雇う場合はそういった資格をもっているのかなども検討材料にいれると良いでしょう。

8. たこ焼き屋に必要な開業資金と成功のコツまとめ

1 立地条件・物件
2 フランチャイズじゃない場合はオリジナル商品
3 価格設定
4 店の雰囲気や内装や看板
5 宣伝や売り方(販売促進)

成功するにはこれにつきると思います。
開業資金は、FC加盟か個人経営、店舗型なのか屋台(移動ができる自動車などでの販売)などによっても大きく変わってくると思います。

経営をしていくと利益の数字ばかりに目をむけがちですが、忘れてはいけないのは「自分がお客だったらこう動く」「自分がお客だったらこういうお店に入りたいなと思う」という俯瞰的な経営理念が必要になってきます。
開業資金の予算により自分が開業したいたこ焼き屋できる範囲。
開業してからの明確なビジョンがあることが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする