定食屋に必要な開業資金と成功させるコツまとめ

定食屋さんを開く場合にはどのくらいの資金が必要なのか…気になりますよね。

そして、経営方法や資金調達の方法、物件選びや営業許可、そして、食品衛生責任者の資格などもご紹介します。

1. 定食屋に必要な開業資金はいくら必要?その内訳は?

定食屋さんを開業する資金にはどのくらいのお金が必要なのでしょうか。その内訳や目安などをご紹介します。

1-1. 定食屋の開業資金

定食屋さんの開業資金には、物件取得や改装の費用が最も大きい費用になります。物件の規模や広さ、新しさや立地などで物件にかかる費用が変わります。

1-2. 初期費用の内訳

定食屋さんを開業資金の内訳をご紹介していきます。物件の規模によって費用が変わってきますので、目安として考えておきましょう。

厨房機器費用:300万円
厨房工事費用:150万円
業務用エアコン:50万円
看板工事費:50万円
調理機器費用:50万円
物件取得費用:50万円
その他費用:50万円

運転資金を入れずに計算した場合でも700万円程度はかかるということになります。ここに、運転資金や食器の取得費用なども必要になります。

2. 定食屋の開業資金を調達する方法

700万円以上の資金が必要な定食屋さんの開業資金ですが、その調達の方法をご紹介します。

2-1.銀行融資を受ける

定食屋さんの開業資金は、事業資金ということになります。ですから、銀行から事業資金の融資制度を利用することができます。

事業資金の融資は、条件によって金利は違いますが、大体3%程度で事業資金を融資してくれますし返済期間も長めになっています。

そして、事業資金の融資を受ける場合には、通常の個人情報以外にも書類が必要です。定食屋さんの事業計画書や見積もりなどの書類も必要です。場合によっては、保証人や担保が必要な場合もあります。事業資金の場合は、多額の資金でも自己資金ゼロで融資を受けられる場合もあります。ですが自己資金があるほうが融資を受けやすいのも事実です。ですので、少しだけでも自己資金を用意できればいいですね。事業資金の融資の条件や必要書類はそれぞれ違いますので、金融機関に相談しましょう。

2-2.親戚などから借りる

銀行融資は避けたいという場合や、審査を通過できなかったという場合には、どうすればいいのでしょうか。何年もかけて何万円もの資金をためるのはとても大変です。そのような場合には、親戚など頼るという方法もあります。

親戚から借りて開業するのにはメリットがあります。大抵の場合、銀行融資より金利が低く(場合によってはありません)支払い面も融通が聞きますよね。

親戚という間柄がの場合、融資をなかなか言いにくい…という場合もあるでしょう。ですが、親戚などが支援してくれるという場合には、たくさんのメリットがありますので、素直に甘えるのも悪い方法ではありませんので、相談してみましょう。

2-3.助成金・補助金を利用する

飲食店を開業する時の資金が自己資金が足りないときには、国の助成金や補助金を利用するという方法があります。設備金の補助や低金利での融資など、いろいろな補助金や助成金があるので、一度調べてみる価値はありそうです。飲食店を開業するときに利用しやすい補助金としては、創業資金補助金があげられます。また、開業してしまった後でも利用できるキャリアアップ助成金もあります。飲食店の場合は、創業補助金が審査通過しやすいといわれていますので検討の余地がありそうです。

3. 定食屋の物件選びのポイントと契約時の注意点

物件選びの場合は、まず家賃と初期費用がいくらかかるのかが重要ポイントです。家賃は毎月コンスタントにかかってくる大きな出費になります。トータルで考えた場合には、それなりの金額になるので、できるだけ安い方が理想的です。

そして、初期費用は敷金や礼金、そして、仲介手数料などだけでなくその物件を店舗にする際に必要な工事の見積もりもしっかりと考慮して物件を選ぶ必要があります。営業許可をとるために、必要な設備や、壁紙やカウンターなどの内装、水道やガスの配管などがどのくらいかかるか…などもしっかりと計算してトータルで最も費用が掛からず、理想に近いものを選んでくださいね。

そして、ターゲットを考慮した立地選びも重要です。国道沿いなのか駅の近くにするのかによってターゲットが変わりますので、熟慮したいですね。ファミリーがターゲットなら国道沿いで駐車場がある物件を、働く世代がターゲットならオフィス街といった感じで決めていきましょう。

4. 定食屋のような飲食店ビジネスの問題点と成功のコツ

飲食店ビジネスにを成功させるためには、とても大切なポイントがあります。

それは、人材の確保と、魅力あるサービスとメニューの提供、しっかりと計算をして適正な料金を決めるということです。このすべてを満たしていることは最低条件ともいえます。

特に、優秀な人材は店の質を左右するものになります。人材育成は非常に大切です。つまり、いいスタッフを育てることはいいお店を作るポイントなのです。そして代金に見合った魅力あるサービスとメニューの提供、そして、適正な価格設定が重要です。

もし、自分ならこのお店を利用したいと思うかどうかを考えながら飲食店経営をしていきましょう。

5. 失敗しない定食屋の開業・経営方法

多額の資金を必要とする定食屋さん、開業ですから出来るだけ失敗しない方法を選びたいですよね。

5-1. 定食屋のフランチャイズ経営

ノウハウやメニュー、知名度があらかじめ出来ているフランチャイズで出店すると失敗のリスクが少なくなります。

フランチャイズの場合は、加盟金やロイヤリティなどが必要ですが、その反面、ノウハウやメニュー、知名度などを最初から使えるのでメリットもあります。

その分、経営の自由度が低く、資金が必要なので熟慮する必要がありそうです。

5-2. 定食屋の個人経営

腕に覚えがあるという場合は個人経営で開業するという方法もあります。フランチャイズと違ってすべて自分で始めなければなりませんが、ロイヤリティや加盟金は必要ありませんので、初期費用を抑えることができます。自分で経営するので自由度が高くそして、利益はすべて自分のものになるというメリットがあります。また、2号店、3号店という夢が広がるのもメリットです。

自分でメニューを開発する楽しみや経営の自由度がメリットではありますが、ノウハウなどを確立できない場合は失敗のリスクも生じます。

6. 定食屋を開業するために必要な資格や許可

飲食店を開業する場合には「飲食店営業許可」の届け出が必ず必要です。これは、営業許可証は食品衛生法で定められたもので、飲食店は調理業に分類されています。この許可は必ず必要で、もし、許可を得ずに勝手に営業した場合は、営業許可基準もしくは営業許可期間に関する違反となります。その場合は、2年以下の懲役または200万円以下の罰金となります。

そして、営業許可の申請も必要です。申請にかかる手数料は、各都道府県および自治体で違います。まずは、各自治体の保健所に問い合わせをしましょう。そして、営業許可の申請に当たっては、施設への立ち入り検査がありますので、まずは店舗の場所を決めてから、所定の条件を満たした厨房を設置するのが先です。

そして、営業許可をとる際に必ず必要になるのが、食品衛生責任者の資格です。食品衛生責任者の資格は講習を受けてとることができます。食品衛生責任者の資格は難しい資格ではありませんので、心配する必要はありません。

7. 定食屋に必要な開業資金と成功のコツまとめ

定食屋さんの開業資金には、約700万円程度のお金が必要です。これに加えて運転資金も必要になりますので、多額の開業資金が必要です。

資金調達には、銀行融資や親せきからの援助などを検討するとよいでしょう。

物件を選ぶ際には、ターゲットの設定や立地、そして家賃などの条件を検討して物件を決めていきましょう。

経営方法としては、フランチャイズ経営か個人経営という方法があります、どちらにもメリットとデメリットがありますので、自分にあった方法を選ぶようにしたいですね。

食品衛生責任者の資格や営業許可なども必要ですので、講習や手続きを忘れないようにしてくださいね。開業資金は多額になりますが、それ以外にも注意点や手続きが必要ですのでしっかりとチェックしたから開業の準備をはじめましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする