鉄板焼き屋に必要な開業資金と成功させるコツまとめ

鉄板焼き店を始めるために必要な開業資金はどのくらいなのか…そして、成功させるためのコツやポイント、物件選びの際の条件や、開業に必要な資格や許可などもご紹介します。

鉄板焼き店を始めたいという方、必見です。

1. 鉄板焼き屋に必要な開業資金はいくら必要?その内訳は?

鉄板焼き店を始めるためには、資金が必要です。いったいどのくらいかかるのでしょうか。必要な資金と内訳をご紹介します。

1-1. 鉄板焼き屋の開業資金

鉄板焼き店の開業資金は、800万円から1500万円程度となります。どのくらいの広さの店舗を借りるかや居抜き物件かどうかでかり開業資金がちがってきます。また、運転資金も必要ですから、覚えておきましょう。

1-2. 初期費用の内訳

鉄板焼き店は、換気が重要です。換気がしっかりできていないと店内が煙くなってしまいますから、とても重要です。また、鉄板の準備をしなくてはなりませんから、費用がかさみます。店内の内装や照明などにこだわるのなら、1000万円以上の資金があるほうが良いでしょう。

・物件費用 300万円
・改装費用 400万円
・厨房機器 300万円
・その他調理器具 100万円

この金額に運転資金が必要です。人件費や材料費などが必要ですから、やはり1000万円程度あるほうがいいでしょう。

2. 鉄板焼き屋の開業資金を調達する方法

高額の開業資金が必要な鉄板焼き店ですが、1000万円以上の大金をすんなりと投資できる人はそうはいません。資金調達の方法はどうすればいいのでしょうか。

2-1.銀行融資を受ける

鉄板焼き店は、飲食店で事業性がありますがら、必要な資金は事業資金ということになります。事業を始める資金を想定して作られた融資制度はまとまった金額を融資してくれます。

事業資金融資は、通常のカーローンやフリーローンなどと比べて金利が低く返済期間も長くなっています。融資の条件によって金利は違いますが、大体3%程度で事業資金を融資してくれます。

事業資金の融資を受ける場合には、個人情報や資産状態だけでなく、事業計画書や見積もり、領収書などを揃えで審査をうける必要があります。中には、自己資金ゼロで融資を受けられる事業資金の融資もありますので、調べてみる価値はありそうです。融資の条件や金額によっては、自己資金が必要な場合があるので、金融機関に確認しましょう。

ですが、飲食店経営の場合、事業資金を融資してもらうためには、自己資金があるほうが融資を受けやすいのは事実です。少額でも構いませんので、自己資金を用意できれば可能性は高くなります。

2-2.親戚などから借りる

もし…、銀行融資は避けたいという場合や、万が一、銀行融資の審査に落ちてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。諦めるしかないのでしょうか。

もちろん、何年もかけて、事業資金をためていくという方法もあります。ですが、それはとても大変ですし、時間がかかります。どうしても、今すぐ鉄板焼き店をはじめたいという場合には、親戚など頼るという方法もあります。もし、開業を応援してくれている親族がいるという場合は、一旦お金を借りておいて、開業してから返済していくという方法もあります。

親戚から借りることには、銀行融資にはないメリットもあります。金利は銀行融資より低いのが通常ですし(場合によってはありません)支払い面でもかなり融通が効きます。

親戚という間柄ですから、特有の複雑な人間関係があるものです。親戚にお金の話はしにくい…という面もあるでしょう。ですが、親戚などが支援してくれるという場合には、たくさんのメリットがありますので、素直に甘えてみるのは良い方法です。

2-3.助成金・補助金を利用する

飲食店を開業する時の資金が自己資金が足りないときに、国の助成金や補助金を利用するという方法があります。飲食店を開業するときに利用できるものとしては、創業資金補助金があげられます。また、開業してしまった後でも利用できる補助金もあります。キャリアアップ助成金などか゛それにあたります。創業補助金は、飲食業であれば審査通過しやすいと言われています。手続きの方法は、専門の方に聞いてみましょう。

3. 鉄板焼き屋の物件選びのポイントと契約時の注意点

資金調達と同様に重要なのが、物件選びです。鉄板焼き店は、換気が必要なのでそれなりのダクトを取り付けられる店舗が必要です。また、店舗の広さも必要ですから、念入りに選びたいですね。まずは第一のポイントは、家賃と初期費用です。礼金や敷金はできるだけ安い方がいいわけですし、家賃は毎月コンスタントにかかってくる大きな出費になります。ですから、無理のない範囲で決めましょう。なんとなく「このくらいでいいか」ではなく、明確な予算を計算してから物件探しをしましょう。

鉄板焼き店は近隣への煙やにおいという問題がありますから、周囲の店舗や近隣の家の状態にも注意しましょう。そして、駐車場の有無や、交通の弁、周囲に似たようなお店がないかも調べておきましょう。

4. 鉄板焼き屋のような飲食店ビジネスの問題点と成功のコツ

4-1.人材確保

店舗を運営していく中で大切なのが”スタッフ”です。優秀なスタッフや接客が上手なスタッフは、、集客率を上げてくれる要素です。また、店の責任としてお客様に食べ物を提供するわけです。ですから、優秀なだけでなく真面目で誠実…責任感あるスタッフが必要です。

つまり、料理のスキルがあるスタッフだけでなく、接客が上手なスタッフやテキパキと片付けができるスタッフを起用することや育てることが大切です。

スタッフの質は提供する料理の質に直結しています。つまり、その店舗の質でもあるのです。

4-2.魅力あるサービスとメニュー

鉄板焼き店をはじめとする飲食店を成功させるためには、魅力あるサービスとメニューが必要です。
そのために、客層ターゲットをしっかりと設定しましょう。そして、そのターゲットを見据えたうえで「どんなサービスをしていくか」を決める必要があります。ファミリー向けなら開放的な空間で、子供向けのメニューやキッズスペースがあれば高ポイントです。また、大人向けの店舗にしたいのなら、落ち着いて食べられる空間や雰囲気、間接照明、などがあるとよいでしょう。

また、メニューのバリエーションや量、コース設定なども重要です。

5. 失敗しない鉄板焼き屋の開業・経営方法

大金が必要な鉄板焼き店ですから、失敗が少ない方法で開業したいですよね。

5-1. 鉄板焼き屋のフランチャイズ経営

すでに知名度やノウハウ、メニューが確立している有名店のフランチャイズを利用するという方法があります。

フランチャイズに加盟するためには、加盟金が必要です。ですが、ノウハウがあるわけですから、当然、失敗のリスクも低く、知名度が高い店舗ならそれだけで集客力もあります。

加盟金以外に、ロイヤリティを支払う必要がありますが、支払うだけの価値があるフランチャイズであれば、成功率はかなり高くなります。

5-2. 鉄板焼き屋の個人経営

鉄板焼き店を開業するだけの、レシピやメニューがある場合は個人経営で開業することもできます。

個人経営の場合、自由度が高くそして、利益はすべて自分のもの…そして、2号店、3号店を目指せるというメリットがあります。

自分の味とやり方で勝負したい!という気骨がある方にオススメです。

6. 鉄板焼き屋を開業するために必要な資格や許可

鉄板焼き店を始めるためには、営業許可と食品衛生責任者の資格が必要です。営業許可は、各自治体の保健所に、食品衛生責任者の資格は、講習を受けることで取得できます。難しい資格ではないので、安心してくださいね。

営業許可を取得する際には、立ち入り調査があるので物件を選ぶときにこの条件を満たしているかを確認しておきましょう。

7. 鉄板焼き屋に必要な開業資金と成功のコツまとめ

鉄板焼き店を始めるためには、店舗の規模や居抜きかどうかで初期費用がかなり変わります。フランチャイズで始めるか、個人経営で始めるかでも費用が変わりますので、しっかりと初期費用の試算をしましょう。

鉄板焼き店を始めるためには、飲食店の営業許可と食品衛生責任者の資格が必要ですので、これも確認して準備をしておきたいですね。

しっかりとノウハウやレシピを確立して鉄板焼き店を成功させましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする