毎日7万円がもらえる「THE FINTECH2018」は詐欺?! その仕組みを解説!

今月は支払いは大丈夫ですか?
自分に借金がなくても、親が借金を背負っていて肩代わりするようなこともありますし、支払いは不安ですよね。

いくら収入があっても、次から次から出費はかさむばかり。
月どれくらいの収入があれば安心できるでしょうか。

今回の「THE FINTECH2018」は、なんと毎日7万円!!
参加するだけで、毎日7万円が振り込まれるというプロジェクトです。

普通に聞けば、「詐欺確定」ですよね。
そんなうまい話あるわけありませんから。
友人や家族でこんな話をしていたら、「あんたそれ詐欺だから、絶対やっちゃダメよ」って言いますよね。

ところが、今回の話はそうでもないのです。
実際に詳しい話を見てみると、ものすごくよくできたシステムで、「なるほど!」という内容です。

そのベースになるのは「仮想通貨」「FX」そして「AGIによる全自動売買」です。
これらによって、安定的に利益を上げ、毎日7万円の収入にするというプロジェクト。

それでは、詳しく見ていきましょう!

THE FINTECH2018は新手の詐欺?

「THE FINTECH2018」とは、参加するだけで毎日7万円以上の利益が出るという「仮想通貨」への「投資」になります。

「仮想通貨の投資」というと、「なんだ、仮想通貨か」と思われる方もいらっしゃるかと思います。
「仮想通貨」について、しっかりと説明しおきましょう。

「仮想通貨」は、世界中で両替なしでインターネット上で使える通貨です。

通常、「通貨」は国家が発行し、国の信用で成り立っています。
日本であれば「日本銀行」「造幣局」が発行し、日本の信用で売買されています。
日本の政治や経済で不安定あれば、「円」は安くなりますし、日本の政治経済に明るい材料があれば「円」は高くなります。

財政破綻やハイパーインフレなどで国の信用がなくなると、通貨の価値は下がり、ジンバブエドルのように「紙切れ」になってしまいます。

ジンバブエでは国が財政破綻をし、その紙幣は折り紙になってお土産として売られていると言います。

「仮想通貨」は、「国」が発行するものではありません。
つい先ごろまでは技術さえあれば「誰でも発行できた」のです。
そのため、詐欺もたくさん横行していました。

発行できても、「信用」がなければ流通しません。
そのため、一時は6000種類もあると言われていた「仮想通貨」も、現在は主要なものは200種類程度。
この中から、どれが「信用」を勝ち得て世界中に流通していくかは、現在も大きな注目となっています。

2009年には「ビットコイン」という「仮想通貨」が発行されました。
当時「ビットコイン」には1円の価値もなかったのですが、2017年末に250万円の値段をつけて大ブレイクします。
これが「仮想通貨」のブームを起こすきっかけになったわけです。
これによって、「ビットコイン」は世界中で流通するようになり、日本でも昨年は6000店舗のみだったのが現在は60万店舗で使用可能となっています。

「ビットコイン」などは「仮想通貨」のなかでも「暗号通貨」と呼ばれ、データが暗号化され、ブロックチェーンというシステムで保護されているため不正ができないようになっています。
これはメインコンピュータにセキュリティをかけて保護するものとは違い、取引が行われている全ての端末に、暗号化されたデータが保存されており、不正を行うためにはこれらの全ての端末を書き換える必要があるというものです。

このブロックチェーンの技術は、今後は「ネット選挙」などにも使われることが検討されています。

こうしたことが「信用」となっている面もあります。

他にも、昨年日本では「改正資金決済法」という法律が施行されました。
これにより、「仮想通貨」が正式に通貨として認められたといえます。

そうしたこともあり、大手メガバンクの三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行でも「仮想通貨」参入を表明しており、もはや「仮想通貨」は、なくてはならないものになりつつあるのです。

こうした「仮想通貨」は、今がチャンス。
その理由は、法的な規制がないことです。

規制がないことで、昨年の「ビットコイン」のように250万倍などということが起こり得ます。

現在は、アメリカの鉄鋼高関税などの動きで株式が1日で1000円も下落するなどで話題となっていますが、仮想通貨ではそんな程度は変化のうちに入りません。
毎日10万円、20万円の値動きがあることもあるのです。

こうした「仮想通貨」の乱高下は、「仮想通貨」のメリットの1つです。
相場が安定すると利益は出にくいですが、乱高下すると逆に利益は大きくなります。

今回の「THE FINTECH2018」は、こうした「仮想通貨」のメリットを使ったプロジェクトで、「詐欺」とはまるでちがうものです。

主催者の吉村圭悟の経歴や人柄は信頼できるもの?

「THE FINTECH2018」は、吉村圭悟さんによって作られました。
その一番の目的は「一般のサラリーマンやOLは、稼いだお金を貯金しているだけでは老後破綻を免れない」という理由です。

吉村圭悟さんは、ファイナンシャルプランナーとして何年も前線で活躍してこられました。
その経験から、「生命保険も年金もあてにはならない。ましてや稼ぎだけでは老後破綻は逃れられない」という結論に達します。

「お金を増やし、守ることが重要だ」というのです。
そのため、吉村圭悟さんはすぐにプロトレーダーとしての活動を開始され、拠点を本場のキプロスへと移し、本格的に活動を開始されます。

プロのトレーダーとして、お金を増やすための知識と経験と技術を取得します。
その後、全国を回って3000回以上のセミナーを開催します。
金融アドバイザーとして、「お金の増やし方」を広めていくのです。
それも、「このままでは、一般サラリーマン、OLの老後破綻は目に見えている」と心底心配されての行動です。

その結果、1万人にも及ぶ受講者が吉村圭悟さんのセミナーに参加されているのです。

そもそも、吉村圭悟さんはアリコジャパンで生命保険の営業をしていました。
この生命保険の営業で、吉村圭悟さんは他の人にはマネのできない快挙を成し遂げます。

三年連続営業成績世界一です。

これはすごい記録です。
営業を経験したことのある人ならわかるでしょうが、これはすごいことだと思います。

吉村圭悟さんは、ファイナンシャルプランナーという概念がまだ日本にない頃に、ファイナンシャルプランナーの専門の会社を立ち上げます。
そこで、投資家を相手に相続税の相談を受けていたとのこと。

相続税は、日露戦争時に軍資金を調達するために作られた制度で、現在では先進国ではほとんど導入されている国はありません。

たとえば家を親から相続する場合、ものすごい額の相続税を支払わなければなりません。
その額を手持ちで持っていればいいですが、なければ家を売らなければならないわけです。
親と一緒に住んでいたとしたら、家を出て、家を売らなければならないという、とても理不尽な税金です。

吉村圭悟さんは、生命保険と資産を絡ませて、総資産を目減りさせる商品を開発します。
それにより、生命保険に加入すると相続税対策になるというのです。
この商品の開発に、吉村圭悟さんは寝る間も惜しんで、顧問税理士と何度も打ち合わせし、合法かどうかを確認したと言います。

実際、この商品は画期的な内容であったらしく、口コミで一気に広まったと言います。
そこで、「三菱」や大手銀行からも声がかかったのです。

「三菱」は傘下に明治生命を抱えていて、吉村さんとはライバル同士にもかかわらず、「うちのお客様でも相続税対策が必要なお客様はたくさんいる」とのことで、紹介があったというのです。
この商品がいかにすごい商品であったのかがよくわかるエピソードです。

この結果、なんと吉村圭悟さんは累計161億円もの売り上げ記録を樹立!
161億円です!

吉村圭悟さんは、この成功の理由を「座右の銘である一期一会を実践した結果だ」とお話しされていて、これにはうなづける面もあります。
いくら商品がよくても、「信頼」できない人に任せられないからです。
161億円もの売り上げがあったということ。
それも「三菱」などの大手からあったということは、よほどの「信頼」がなければ成り立たないことなのです。

吉村圭悟さんは、「ふつうのサラリーマンやOLの老後破綻を防ぎたい」という理由で、今回のプロジェクトを発足されています。
こんなありがたい話はありません。

キプロスのスタッフも、みんな笑顔で、吉村さんがいかに信頼されているかが良くわかるのです!

THE FINTECH2018の仕組みを教えて!

では、「THE FINTECH2018」の仕組みを見ていきましょう。
「仮想通貨」のポイントは、一過性のブームやバブルではなく、しっかりしたニーズがあり、信用もある、すでに世界中で日常生活に密着した「まだまだ伸び続ける」ものだということ。
また、法的な規制がなく、乱高下が激しいということ。

さらに「FX」では、少ない資金で大きな取引ができるというのがメリットです。
現在は「ビットコイン」でも、1ビットコインにつき90万円の値段が付いています。
資金が5万円しかなければ、0.05ビットコイン程度しか取引できません。
「FX」であれば、資金5万円でも1ビットコインの取引ができます。
これが、年内には150万円まで上がると言われているので、150万円まで上がったとしたら60万円の利益が出ます。

これが「仮想通貨FX」のメリットです。

ところが、これには反面もあり、負ける損害が大きいということになります。
現在は90万円程度の値がついているビットコインでも、70万円程度にまではすぐに下がることがあります。
そうすると、しきんが5万円しかないのに20万円の損害で、15万円の借金を背負うことになります。
「FX」にはこうした怖さがあり、なかなか素人には難しい面があるのです。

さらに、現在では誰もがスマホやパソコンから24時間取引ができます。
これによって、ちょっとよそ見しているあいだに暴落したり、高騰したりすることがあるのです。
そうなると、トイレにも行けず、寝る暇も惜しいということになってしまいます。

こうしたデメリットを完全に解消するのが今回の「AGIによる全自動売買」です。

吉村圭悟さんは、20億円もの資金を投入して最新式の人工知能AGIを開発。
これにより、市場を正確に予測し、24時間全自動で、最も良いタイミングでの売買を繰り返し、たんたんと利益だけを上げるのです!

そのため、24時間ほかのことをできますし、負けることがありませんので、デメリットは無くなります!

実験期間の5年間では3000名の参加者全員に毎日7万円以上の利益があるとのこと。
100%ではないので、負けることはあっても、利益の方が圧倒的に大きいということです。

また、現場には100名のプロトレーダーが常駐し、AGIの売買を監視しているので、万が一不測の事態があっても、すぐに修正が可能。
完璧な体勢でばいばいを行なっているのです。

THE FINTECH2018が詐欺じゃない保証はある?

はっきりいって、この世には「保証」なんてありません。
なので、やってみないと分からないというのが事実です。

ただ、ここまで見ていただいた通り、吉村圭悟さんという方が悪意に満ちた方とはちょっと思えません。

これは主観ですが、「一般サラリーマンやOLの老後破綻を防ぎたい」という信念のために頑張っている吉村圭悟さんは、画像を見ても信頼されているのがよくわかります。

ましてや、すでに何十億という資産をお持ちですから、今更詐欺をする理由がわかりません。

保証はありませんが、詐欺ではないともはっきり言えます。
ただし、すべて人任せの方にはお勧めできません。

これには4ヶ月の投資について学ぶカリキュラムが用意されていますので、そうしたことを学び、自分で自分のお金を増やして守りたいという気持ちが大切だと思います。

まとめ

今回の「THE FINTECH2018」は、すでに募集が開始されています!
参加は早い方が特典が多くてお得だと言いますので、気になる方はすぐに検索されることをお勧めします!

こうしたものは、質の高い管理運営を考慮して、少人数で募集を締め切ることがよくありますので、すぐに申し込みをされることをお勧めします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする