黒田公二「THE HERO プロジェクト」は仮想通貨投資を謳った高額セミナー詐欺の可能性大!

昨年までは仮想通貨バブルと言われており、ビットコインが一時期200万円を突破するなど話題になりました。
そのムーブメントに乗っかって「億り人」なんて言葉も流行しました。
しかし、現在では、全盛期の勢いは無くなっており、下落を続けています。

ただ、このような仮想通貨投資を悪用して、私たちからお金を騙し取ろうとする悪質な業者も存在するということを知っておかなければなりません。
今回取り上げる黒田公二氏の「THE HERO プロジェクト」は、内容を調べる限り怪しいとしか言えないので、疑わしい部分を徹底的に言及していきます。

仮想通貨の投資勧誘は怪しいものが多い

仮想通貨について漠然とした知識しかない人もいるでしょう。

テレビのニュースだけを見るような人であれば、仮想通貨=儲かるみたいなイメージが残っている人も多いかと思います。

まずは、仮想通貨についてザックリと説明していくことで、本件の内容をより理解しやすくしていきます。

仮想通貨について


仮想通貨は、ネットワーク上で流通性や汎用性を持つ電子的な決済手段を指します。

または、国家による裏付けのある「法定通貨」とは逆の意味を持つというのも理解するためのポイントとなります。

実は、仮想通貨=ビットコインなどというイメージを持っているかと思いますが、「仮想通貨」という言葉が登場する前にも、「仮想通貨」的な存在はありました。

例えば、ゲーム内で流通する通貨に関しても、定義上は「仮想通貨」と呼ばれます。

ただ、ビットコインなどのように物品の購入など汎用的に使用できる通貨としての仮想通貨は最近になって登場してきました。

そして、実際のところ決済通貨というよりも、投資対象としての価値の方が大きかったこともあり、価格の上昇を見込んだ積極的な仮想通貨投資が流行しました。

その流れにのって、莫大な利益をあげることができた投資家も多く、「仮想通貨で億万長者」という事例が数多く見られました。

しかし、問題点も多数指摘されており、「価値の保証がない」「課税の逃げ道になる」「投資詐欺」などが挙げられています。

現在では、投資ブームも下火となっており、仮想通貨業界への規制の動きが活発化するなかで、これまでのような勢いは無くなっており、これまでのように莫大な富を築き上げるのは難しくなってきています。

仮想通貨の投資詐欺について

仮想通貨は数多くの問題点が指摘されています。
その1つ「投資詐欺」については、自己責任の領域から外れた個人に被害が及ぶ問題でもあります。

仮想通貨において、投資詐欺の問題が発生している原因としては、知識不足とイメージが大きく関わっていると考えられます。

知識がない物に投資をするべきではないのですが、メディアなどに煽られて「仮想通貨は儲かる」というイメージが刷り込まれてしまった場合に、仮想通貨投資の勧誘に引っかかってしまう可能性が高くなります。

「確実に儲かる」「自由が手に入る」「リスクゼロ」など、あり得もしない甘い言葉を吹っかけてくる悪質な業者によって、知識の乏しい人たちが食い物にされているという現状があります。

確かに、仮想通貨は投資対象としてメジャーになっているものではあります。

しかし仮想通貨投資で稼ぐということは、かなり難しくなっているということを認識しなければなりません。

そのような理解をしているだけでも、悪質な投資勧誘を受けたときに、「そんな話あるわけない」と一蹴することができます。

大事なのは、悪質な勧誘に対して、相手にしないということです。

そういったことを踏まえた上で、黒田公二氏の「THE HERO プロジェクト」を見ていきましょう。

黒田公二氏が手掛ける「THE HERO プロジェクト」の内容は?


黒田公二氏の「THE HERO プロジェクト」の概要を解説していきます。

一言でまとめれば「仮想通貨投資で確実に儲かる方法を教えます」という内容です。

もっと詳しく見ていくと

「総資産700億円超のハイパー大富豪が一般市民は一生知ることのできない仮想通貨・特権情報を鬼暴露」
「0.1%超上流お金持ち層の人々は事前に急騰を知り、完全ノーリスク・完全出来レースで資産を倍々ゲームで増やしている」
「一生有り余るお金と生きていく」

などという言葉が見られます。

この文章だけを見ると、漫画のような設定に思えますが、
簡単にまとめれば、「お金持ちだけが知っている仮想通貨で儲かる方法を教えます」といった感じでしょうか。

そんな方法が本当にあるのかも疑わしいですし、もしあったとしてこのような形で勧誘を行うというのもよく考えればおかしな話ですよね。

さらに、「THE HERO プロジェクト」では、儲けの手法として「インサイダーゲーム」というキーワードを使用しています。

インサイダー=内部情報という意味ですので、価格が上昇する仮想通貨の銘柄の情報を事前に教えてもらい、それに従って投資をするだけで稼ぐことができると解釈することができます。

株式市場では、インサイダー取引は違法行為ですが、法整備が追いついていない仮想通貨の場合、インサイダー情報を取得したうえで投資を行う行為は違法とされていません。

仮想通貨市場において「インサイダー取引」が存在しないとは言い切れず、「THE HERO プロジェクト」で言及されている内容についても、あながち間違っていると言い切れることはできません。

しかし、見るからに怪しいのは事実です。

「特権階級」「完全ノーリスク」「完全出来レース」など、釣ろうとするワードが散見されています。

「確実に儲かる」と言われても、そのまま信じてはいけません。

「THE HERO プロジェクト」はICO関連?


黒田公二氏の「THE HERO プロジェクト」について、具体的な手法などは明らかにされていません。

インサイダー情報といっても、どこから手に入れたどのような情報なのかは不明確です。
こういった情報に関しては、プロジェクトに参加でもしない限りは知ることはできないと思いますが、ある程度予想することはできます。

現在の仮想通貨市場は、ビットコインに代表されるように緩やかな下落基調となっています。

そのため、上場しているメジャーな仮想通貨銘柄に投資を行ったとしても、大きなリターンを望むのは難しいと考えられます。

また、黒田公二氏は「THE HERO プロジェクト」の中で「半年で1万円が1億円になる」と豪語しているように、投資資金は1万円からでもいいと謳っています。

上場している仮想通貨銘柄に1万円を投資して、半年間で1億円になるような大暴騰は現実的に難しいでしょう。

なので、もっと別の可能性が想像できます。

そこで可能性として非常に高いと考えられるのが「ICO」という仮想通貨です。

詳しくない人も多いと思いますので、簡単に説明していきます。

ICOとは
ICOは「Initial Coin Offering」の略で、事業者や個人などが発行する仮想通貨のことです。

発行する目的としては、資金調達などが挙げられるのですが、それをICOという仮想通貨を発行することによってお金を集める仕組みとなっています。

ICOを購入した人は、その仮想通貨を保有することになります。

もし、新規に発行されたICOが取引所などに上場した場合、価値が上がるため、大幅な利益を得ることが可能となります。

ICOの場合、こういった流れによって、投資資金を何十倍、何百倍にすることも可能となっているので、注目されていた手法でもありました。

しかし、ICOにもデメリットはあります。

ICOで利益を得るためには、その銘柄が上場することが条件となっているのですが、上場するのはほんの一部の銘柄でしかありません。

また、中には資金を集めるだけ集めて、持ち逃げするという詐欺被害も頻発しています。

なので、ハイリスクハイリターンな投資対象といえます。

現在では、ICOに対する世界的な規制も進んでおり、以前のように大幅に稼げるという事例も少なくはなってきています。

黒田公二氏の「THE HERO プロジェクト」では、資産を仮想通貨投資によって莫大に膨れ上がらせることを約束しています。

そして、「インサイダーゲーム」と称している投資方法の内容としては、ICOで上場する可能性が高い銘柄の情報を事前に教えてくれるというのが、予想としては有力です。

ただ、現在の規制状況から鑑みても、このようなオファーは非現実的と言わざるを得ません。

「THE HERO プロジェクト」の裏には高額塾「HERO’s CLUB」が…!


黒田公二氏の「THE HERO プロジェクト」をただの怪しい仮想通貨投資の勧誘だと認識していましたが、より悪質な可能性が高まってきました。

それは、「THE HERO プロジェクト」の無料オファーに参加した後に現れる「HERO’s CLUB」という高額塾の勧誘です。

こちらのセミナーでは、受講料が30万円するというかなり高額なセミナーとなっています。

これは「THE HERO プロジェクト」について、あれこれ調べる以前の問題で、「無料オファー」からの「高額塾勧誘」という流れは、詐欺業者の鉄板でもあります。

もうこの時点で、「THE HERO プロジェクト」は怪しいと判断してしまってもいいと思います。

もし仮に「THE HERO プロジェクト」が健全なプロジェクトである可能性が残されていたとしても、このような甘い言葉に乗っかってしまう時点で、同様の詐欺案件の被害に遭う確率が非常に高いと考えられます。

もちろんプロジェクトの内容を精査して、しっかりと検討することは非常に重要です。

ただ、悪質な業者には、特有の流れというものが存在します。

「THE HERO プロジェクト」の「無料オファー」→「高額塾」というのもその1つです。

セミナーに多額の費用を支払って参加してみても、実際にはまったく稼げず、損害が広がっていくばかりという可能性が高いです。

仮想通貨投資を謳った詐欺被害に警戒しよう


仮想通貨の投資詐欺に引っかかってしまう原因としては、知識不足とイメージの問題が深くかかわっています。

仮想通貨に対して漠然とした知識しか持っておらず、なんとなく儲かりそうというイメージで固まっている人ほど、騙されてしまう可能性が高いです。

仮想通貨についてしっかりとした知識を身につけるか、知らない物には手を出さないという明確な意思が必要となります。

また、仮想通貨だけではなく、それ以外にも悪質な詐欺の勧誘は多数存在しています。

そういった案件の被害に遭わないためにも、情報を正確に見極め、警戒を怠らないことが求められます。

そして、もし被害に遭ってしまった時の対処法についても頭に入れておきましょう。

例えば、「消費生活センター」「警察」などの適切な機関に相談を持ち掛けるというのは非常に有効です。

返金などを求めて訴訟を起こすという手段も考えられます。

訴訟の場合は、訴訟費用などの負担を軽減できる「集団訴訟」がおすすめです。

集団訴訟であれば、同様の被害者と一緒になって戦うことができますし、経済面や精神面で心強い方法といえます。

被害に遭わないようにするというのが一番ですが、もしものときのために対処法についても頭の片隅に入れておいてください。

まとめ

「THE HERO プロジェクト」では、特別感を出して一般人を騙そうとする手口であると判断することができます。
よく調べれば、ほぼ確実に詐欺であることは理解できるので、安易にうまい話に乗らないように注意してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする