うどん屋に必要な開業資金と成功させるコツまとめ

うどん屋を始めるためにはどのくらいの資金が必要なのでしょうか。

今すぐ始めたい!という方にも、いつかは始めたいという方にも有益な開業資金の情報をご紹介します。

1. うどん屋に必要な開業資金はいくら必要?その内訳は?

うどん屋を始めるときに必要な資金はいくらぐらいなのでしょうか。提供するものや場所で大幅に変わる開業資金について見てみましょう。

1-1. うどん屋の開業資金

うどん屋を開業する際に必要な資金は300万円から1000万円程度です。

どんな場所に出店するのか…や店舗の広さ、揃える調理器具のグレードによっても開業資金はかなり変わってきます。

また、自分でメニュー作りからスタートする場合とフランチャイズでうどん屋を始める場合でも、開業資金は異なります。

自分でメニュー作りからスタートするのであれば、メニューを作るための開発費などが必要ですし、マーケティングもしなくてはなりません。フランチャイズであれば、メニューやレシピは必要ありませんが、加盟金が必要になります。

どんな方法で開業するか…は、必要になる開業資金の額にかなり影響します。

1-2. 初期費用の内訳

うどん屋を開業する場合、店舗を借りる(もしくは買う)場合は、場所や規模によって大幅にコストが変わるため、ここでは場所代以外の初期費用についてまとめていきます。

資金の内訳としては

・物件費用 100万円
・調理器具 50万円
・カウンター設置 50万円
・テーブルなど 50万円
・その他内装など 200万円

といったところです。物件の規模によって物件費用や内装などの料金が変わってきます。

2. うどん屋の開業資金を調達する方法

数百万円の開業資金がかかるうどん屋ですが、どうやって資金調達すればいいのでしょうか。

もちろん、コツコツと貯金するという方法が最もシンプルです。自分でためた資金なら金利や月々の支払いを気にすることなくうどん屋を始められます。

ですが、数百万円もの大金を貯金するとなると何年もかかるもの…できればすぐに始めたいという場合には融資という方法があります。

2-1.銀行融資

銀行や公庫からの事業資金の融資制度を利用することができます。

事業資金は、通常のフリーローンなどと比べてかなり金利がやすくなっており3%程度でまとまった資金を融資してくれます。

事業資金の融資を受ける場合には、個人情報などの他に、事業計画書や見積もりなどの書類が必要です。

また、場合によっては保証人や担保が必要な場合もあります。自己資金ゼロで融資を受けられる場合と、自己資金が必要な場合があるので、そこも金融機関に確認しましょう。

融資の条件や必要書類はそれぞれ違いますので、金融機関に相談しましょう。政策金融公庫や都市銀行、地方銀行などいろいろな銀行で事業資金の融資制度がありますので、調べてみましょう。

2-2.親戚などから借りる

銀行融資は出来るだけ避けたいという場合や、親戚などが応援してくれているという場合は、借りて開業するという方法もあります。

銀行融資より、金利が低く(場合によってはなし)支払い面も融通が聞くのが親戚などから支援してもらうときのメリットといえます。

なかなか言いにくい…という場合もありますが、親戚などが支援してくれるという場合は、素直に甘えるのも悪い方法ではありません。

2-3.助成金・補助金

開業するにあたっての資金が足りないときには、助成金や補助金を利用するという方法もあります。飲食店でよく使われる助成金や補助金としては、新規開業の補助金や創業資金補助金などがあります。また、開業した後に資金が必要な場合は、キャリアアップ助成金も利用できます。特に、創業補助金は飲食業であれば、通りやすいと言われていますので、検討してみても良いでしょう。

3. うどん屋の物件選びのポイントと契約時の注意点

うどん屋さんを始めるときに絶対に必要なのが、物件です。自分が持っている物件を使用する場合は別ですが、物件を借りて店舗を運営するということになるかと思います。

たくさんの飲食店用店舗の中からどんな物件を借りればいいのでしょうか。ポイントをご紹介します。

3-1.メインターゲットを決める

メインターゲットは誰なのか…は店舗の物件を決める上でとても重要です。ファミリーなのか、それとも働く世代なのかによっても物件は変わってきます。

ファミリー層をターゲットにするなら、国道沿いや住宅チ地近くの広めの物件で車を止めるスペースが必要ですし、働く世代ならオフィス街や駅の近くがいいでしょう。

3-2.家賃と初期費用

当然のことですが、家賃と初期費用がいくらかかるのかも重要なポイントになります。家賃は毎月コンスタントにかかってくるものなので、できるだけ安い方が理想的…。ですが、相場より極端に家賃が安い物件には何かそれ相応の理由があるものです。

そして、初期費用は敷金や礼金、そして、仲介手数料などだけでなくその物件を店舗にする際にどんな工事が必要かも検討しましょう。

保健所の許可を取るために必要な設備や、壁紙などの内装、水道やガスの配管などがどのくらいかかるか…もしっかりと計算しましょう。

ただ「場所がいいから」「広さが丁度いいから」というだけでは決められないのが、店舗の物件選びです。

3-3.厨房と客席の広さと動線

厨房の広さと客席の広さ、そして、動線をうまく作れるかもポイントになります。いざ、うどん屋を始めたときに「動きがとれない」とか「満席になったら厨房がパンクしてしまう」ということになると、提供する料理の品質にも関わります。また、うどんという汁物を運ぶのですから、通路は広く取っておかないと事故の原因になります。

4. うどん屋のような飲食店ビジネスの問題点と成功のコツ

うどん屋をはじめとする飲食店ビジネスのコツとはなんでしょうか。もちろん、成功が活躍されている店などはありません。ですが、成功するためにはやはりポイントがあるのです。

4-1.人材確保

店舗を運営していく中で大切なのが”スタッフ”です。優秀なスタッフがいれば、それだけで集客率があがります。また、店の責任としてお客様に食べ物を提供するわけですから、優秀なだけでなく真面目で誠実なスタッフである必要があります。

料理のスキルがあるスタッフだけでなく、接客が上手なスタッフやテキパキと片付けができるスタッフを起用することや育てることが大切です。

スタッフの質はそのまま提供する料理の質でもあり、ひいてはその店舗の質でもあるのです。

4-2.魅力あるサービスとメニュー

飲食店を成功させるためには、魅力あるサービスとメニューが必要です。そのためには、ターゲットをしっかりと設定し、そのターゲットを見据えたうえで「どんなサービスをしていくか」を決める必要があります。ファミリー向けなら開放的な空間で、子供向けのメニューを提供できればポイント゛高くなりますし、大人向けの店舗にしたいのなら、落ち着いて食べられる空間や雰囲気、しっとりとしたBGMなどがあるとよいでしょう。

また、メニューのバリエーションや量、コース設定などもターゲットを見据えて設定しましょう。

4-3.しっかりと計算をして代金を決める

人件費や材料費、場所代などを検討した上で適正価格で商売をしましょう。
極端に高すぎるメニューゆ極端に安すぎるメニューを出すと目立ちはしますが、長期的なビジネスとしてはオススメできません。

原価を計算した上で、適正な利益を出せる価格設定を心がけたいですね。

5. 失敗しないうどん屋の開業・経営方法

飲食店には、リスクがつきものです。成功したい…そして、失敗しない開業方法をご紹介します。

5-1. うどん屋のフランチャイズ経営

すでに知名度やノウハウ、メニューが確立している有名店のフランチャイズでうどん屋を始めるという方法はとても気軽に、そして、経営のスキルがなくても始められる開業方法です。

フランチャイズに加盟する際に加盟金が必要ですが、自分でゼロからスタートするよりずっと楽にレシピやノウハウを手に入れることができます。

大手企業のノウハウがあるわけですから、当然、失敗のリスクも低く、集客力もあります。

加盟金以外に、ロイヤリティを支払う必要があるためコスト的に厳しいという側面はありますが、そのを支払うだけの価値があるフランチャイズであれば、成功率はかなり高めです。

5-2. うどん屋の個人経営

うどん屋を開業するだけの、レシピやメニューがある場合や、自分でゼロから始めたいという場合は個人経営で開業することになります。

個人経営の場合、すべて自分で始めなれりばなりませんが、その分、自由度が高くそして、利益はすべて自分のもの…というメリットがあります。

フランチャイズと違って、本部に縛られることがないので自由にサービスやキャンペーンをすることができます。

自分の味とやり方で勝負したい!という方にオススメです。

6. うどん屋を開業するために必要な資格や許可

うどん屋は飲食店ですから、開業する場合には「飲食店営業許可」の届け出が必ず必要です。営業許可証は食品衛生法でさためられたもので、飲食店は調理業に分類されています。そして、営業内容や提供するもの、その形態で「飲食店営業」と「喫茶店営業」の2つに区分されています。

もし、許可を得ずに勝手に営業した場合は、営業許可基準もしくは営業許可期間に関する違反となります。その場合は、2年以下の懲役または200万円以下の罰金となります。

営業許可の申請手数料は、各都道府県および自治体で違うので、問い合わせをしましょう。営業許可の申請に当たっては、施設への立ち入り検査がありますので、まずは場所がを決めて、所定の条件を満たした厨房を設置した上で、保健所に申請をしましょう。立ち入り検査では、完成した物件が、申請した内容や、各都道府県の条例で定められた施設基準に合致しているかを、保健所の職員が目視して確認をします。その際には、店のオーナーや代理人の立ち合いも必要です。これをクリアしなければ、営業許可が下りませんので、しっかりと条件を確認してから物件の施工などを始めるようにしましょう。

そして、営業許可をとる際に必ず必要なのが、食品衛生責任者の資格です。食品衛生責任者の資格は講習をうけてとることもできますし、調理師や医師、薬剤師などの資格がある場合は、食品衛生責任者になることができるとされています。

つまり、うどん屋を開業する場合には、営業許可と食品衛生責任者の資格が必要ということです。

7. うどん屋に必要な開業資金と成功のコツまとめ

うどん屋を開業するために必要な資金は、最低でも数百万円単位になることが予想されます。物件の場所や規模、内装や調理器具のグレードで初期費用は大きく変わりますので、どこまでこだわるかは資金と相談するということになりそうです。

資金は、自己資金で足りなければ融資という方法もあります。事業主向けの事業資金の融資は金利が低く、返済期間が長いものが多いので資金調達にはオススメです。

また、物件を選ぶときのポイントやターゲット、そして、レシピやノウハウも必要です。レシピやノウハウがないという場合には、個人経営ではなくフランチャイズという方法もあります。

うどん屋の開業には、営業許可と食品衛生責任者の資格が必要なので、申請方法や条件なども開業する前に確認しておきましょう。営業許可の条件や申請費用は都道府県によって違いますので、これも確認が必要です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする