和佐大輔のビジネスを紹介!与沢翼との関係は?

和佐大輔さんは1988年2月24日生まれで現在は30歳。高知県中土佐町出身で、現在はイデアパブリッシング株式会社の取締役、株式会社ICCの代表取締役としてインターネットビジネス業界で活躍しています。17歳という若さでインターネットビジネス業界に参入し、その後わずか1年で年商1億円を突破するなど天才的な実力を発揮しています。

12歳の頃に頸椎を損傷する悲惨な事故を経験、その後半身不随というハンデを背負うことになり、車椅子が中心の生活をおこなっていますが、割り箸を口に咥えておこなう和佐大輔さんの独自のタイピング方法で、常人のタイピング速度と同じかそれ以上の速さでタイピングをおこなうことが可能で、わずか3日間で1冊の本を書き終えることができます。

和佐大輔さんが取り入れたあらゆるノウハウは、和佐大輔さんが大好きな漫画からほとんどを取り入れており、ビジネス書などを呼んだ経験はなく、自身も漫画の出版を夢見て出版事業を展開しています。ハンデを感じさせない実績には、結果を出すも出さないも自分次第だということを痛感させられますね。

今回はそんなハンデを背負いながらもインターネットビジネス業界の最前線で活躍し続ける和佐大輔さんが展開するビジネスについて詳しく紹介していきます。また、同じ業界で活躍する与沢翼さんとの関係についても調査をおこないました。そのほか和佐大輔さんに関与している人物なども詳しく紹介します。

1. 和佐大輔のビジネスについて

イデアパブリッシング株式会社の取締役、株式会社ICCの代表取締役としてインターネットビジネス業界で活躍する和佐大輔さん。これまで一体どのようなビジネスを展開してきたのでしょうか。和佐大輔さんが展開するビジネスや、提供しているコンテンツについて詳しく紹介していきます。

1-1. 和佐大輔さんが展開するビジネス

17歳でインターネットビジネスに出会った和佐大輔さん。彼が最初に知ったビジネスはコンサルティング事業でした。高校を中退してインターネットビジネスにのめり込んでいった和佐大輔さんは18歳で会社を設立、わずか1年で年商1億円規模の会社に成長させます。18歳の頃から本格的に始動したコンサルティング事業では、これまでに2,000人以上の出会いがあり、300人以上を指導した経験を持っています。主婦やニートなども成功に導いた経験を持つことから、彼の多様性に大きく注目が集められたようです。

現在は2つの会員制ビジネスを運営するほか、ASP事業にも関わっています。また、冒頭でも紹介した通り、漫画の原作を手掛けるという夢から出版事業を展開しています。和佐大輔さんは独自のメソッドで全自動で毎月の利益を発生させています。このメソッドを確立することができたからこそ、あらゆるビジネスに挑戦することが可能なのかもしれません。

1-2. YouTube

和佐大輔さんがビジネスを提供する一つのコンテンツとして、YouTubeのチャンネルが存在します。和佐大輔さんが解説しているYouTubeチャンネルでは、和佐大輔さんが過去に配信していたラジオやプロジェクトの講師の紹介、実際にプロジェクトに参加した方の声などを聞くことができます。

その他にも、「本当に儲かるコンテンツビジネスの秘密」「無限にネタが増殖する秘密」「売れるコンテンツを無限に生み出す方法」「進化するマーケティングとインターネット」など、役に立ちそうな情報が多く公開されています。2017年10月2日を最後に更新が止まってしまっていますが、役立つ情報が満載なので是非ご覧になってみてはいかがでしょうか。

1-2. フリーコンテンツ

和佐大輔さんはYouTubeのほかにも無料で3つのコンテンツを提供しています。1つ目が「和佐大輔物語」というコンテンツで、初年度から11年連続で1億円を稼ぎ続けた和佐大輔さんの秘密が公開されています。和佐大輔さんがこれまでおこなってきたビジネスを詳しく知ることができます。

2つ目は「凡人の為のBreak Rule」というコンテンツで、凡人がブレイクスルーを起こすために必要な3つの絶対ルールが公開されています。3つ目は「Goal × Zone」というコンテンツで、集中力と行動力が3倍になる驚きの行動マネジメント講座が公開されています。

この3つのコンテンツは全て無料になっているので、紹介した順番に学んでいくことをオススメします。3つとも名前とメールアドレスを入力するだけで簡単に登録可能です。コンテンツは「和佐大輔 OFFICIAL WEBSITE」にアクセスし、「FREE CONTENTS」から登録することができます。

和佐大輔 OFFICIAL WEBSITE

2.和佐大輔と与沢翼は関係ある?

和佐大輔さんと与沢翼さんの関係について調査しましたが、どうやら特に2人が関係しているということは無いようでした。同じインターネットビジネス業界で活躍してはいますが、情報販売やセミナー、コンサルティング事業を展開している和佐大輔さんに対し、与沢翼さんはプロダクトローンチで稼ぐ手法だったので、意外にも2人が顔を合わせる機会は無かったのかもしれません。

しかしながら、共に1億円以上を稼ぐ実力者であることから、世界を旅する年収1億円ブロガーとして活躍する川島和正さんと共に、インターネットビジネス業界で3人の名前が登場し比較の対象になる場面も少なくないようです。

3.和佐大輔に関与する人物は?

和佐大輔さんに関与する人物についてですが、和佐大輔さんのYouTubeチャンネルなどで三浦洋之さんという方と対談をおこなっている動画が存在していました。三浦洋之さんは株式会社XYZの代表取締役を務めている方で、和佐大輔さんの公式Facebookページの管理人を務めるなど、和佐大輔さんが展開する数多くのプロジェクトで運営やサポートをおこなっている人物のようです。和佐大輔さんの右腕的存在なのでしょうか。

また、イデアパブリッシング株式会社は和佐大輔さんと同様にインターネットビジネス業界で活躍する2人と共に設立された出版社で、主にセミナーの開催などをおこなっているようです。ほかにも合宿をおこなったり、革命のバイブル・イデアイズム、大人の大学といったノウハウを学べる教材の販売などもおこなっているようです。

和佐大輔さんと共にイデアパブリッシング株式会社を経営しているのは、エルネスト株式会社の代表取締役として経営コンサルティング事業を展開している原田翔太さんです。最近ではHARASHOW(ハラショー)という名義でシンガーソングライターとしての活動をおこなっていることでも注目を集めています。

もう1人が、マーケティングコンサルタントとして活躍し、電子書籍作家としても活躍している長倉顕太さんです。イデアパブリッシング株式会社が現在も活動をおこなっているかは明らかになっていませんが、この2人は和佐大輔さんに関与していることは間違いないと言えるでしょう。

4.まとめ

今回はイデアパブリッシング株式会社の取締役、株式会社ICCの代表取締役としてコンサルティング事業やセミナー事業、情報販売などをおこない、インターネットビジネス業界で活躍する和佐大輔さんについて紹介しました。17歳という若さでトップとしてビジネスを展開してきた彼の姿は尊敬に値しますね。

また、同じ業界で活躍する与沢翼さんとの繋がりこそ無いものの、やはりインターネットビジネス業界で活躍する実力者達が和佐大輔さんに関与していることが明らかになりましたね。YouTubeの更新は止まっていますが、Twitterなどは現在も頻繁に更新されているようなので、興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。和佐大輔さんがビジネスに臨む姿から何か学ぶものが見つかるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする