仮想通貨XCPにおすすめのウォレットってなに?

最近は仮想通貨がニュースをにぎわすようになってきていますよね。

それだけ仮想通貨が世間的に認知されるようになってきた証拠ではないでしょうか。

しかし、その仮想通貨もどういった仕組みんいなっているのかを詳しく説明することができる人は一握りではないでしょうか。

仮想通貨を所有している人は理解しているかもしれませんね。

そんな仮想通貨はどのようにして所有したらよろしいのでしょうか。

仮想通貨取引所でやり取りしてからそのまま放置している方もいるかもしれませんね。

仮想通貨はウォレットで管理するのが代表的です。

今回は、仮想通貨の次世代の可能性を秘めているといわれているXCPについて紹介していきながら、おすすめのウォレットについても触れていきます。

1.仮想通貨XCPとおススメウォレット

XCPのことを説明しようと思うと、まずはカウンターパーティーのことを説明しないとなりません。

カウンターパーティーとは、ビットコインの機能を活かしたプラットフォームのことを指しています。

このプラットフォームは次世代のものと呼ばれており、今後市場を大きく開拓していくのではないかといわれています。

このカウンターパーティーはビットコイン2.0と呼ばれるプロジェクトで、開発されているので、ビットコインのブロックチェーンを使っており、そのうえでトークンを作成しています。

そのカウンターパーティーで使われるコインのことをXCPと呼ばれています。

XCPの特徴はカウンターパーティーとリンクしているので、カウンターパーティーの特徴を説明していきます。

まず1点目は、独自のトークンを発行することができることです。

この独自のトークンを発行することができるというのは大きなポイントです。

そして、2点目は、公平性を重視しているというところです。

どういうことかというと、カウンターパーティーはマイニングの承認システムにおいて、Proof of Burnという仕組みを使いました。

そのため、XCPが開発者と参加者の両方が公平に分配されました。

これは、開発者だけが大きな得をするということではないため、カウンターパーティーの価値を上げると共に、開発者に対しての信頼も高いです。

3点目は、セキュリティ能力が高いところです。

これは、現在の仮想通貨業界において重要なポイントです。

仮想通貨自信の信頼がまだ、世間的に安定していないからこそ、セキュリティの問題はささやかれている問題です。

その中で、ビットコインのブロックチェーンを使用しているため、XCP自身の セキュリティも安定しているのが特徴になっています。

では、このXCPはどのように管理するのがよいのでしょうか。

仮想通貨取引所で管理していると、ハッキングの可能性が高いため、安心することができません。

その中で仮想通貨の管理の方法として、使われるのがウォレットです。

ウォレットは大きくオンラインウォレット・ソフトウェアウォレット・ハードウェアウォレットの3種類に分けられます。

オンラインウォレットは、仮想通貨取引所が代表的なものとして挙げられます。

オンラインウォレットの特長は、管理がオンラインで行われているため、自分が管理することができず、ハッキングの可能性も高い点です。

しかし、手続きが簡単だというメリットがあります。

ソフトウェアウォレットの特徴は、アプリを使って仮想通貨を管理することができる分、セキュリティを上げることができます。

そして、それ以上にセキュリティレベルが高いのが、ハードウェアウォレットです。

ハードウェアウォレットは、別のハードウェアを使って管理するために、そのハードウェアに故障が生じない限りは仮想通貨のセキュリティに問題は起きにくいのがポイントです。

そんなウォレットのの中でXCPを管理するのにはどのウォレットがよいのかを次の章で触れていきましょう。

2-1.XCPのおすすめウォレットと使用方法①カウンターウォレット

こちらはXCPのプラットフォームであるカウンターパーティーの専用ウォレットです。

このウォレットはソフトウェアウォレットに分類されます。

ソフトウェアウォレットの特徴は、仮想通貨の管理を自分のパソコンやスマホで行うことができるので、その分ハッキングの可能性が低くなる点です。

仮想通貨取引所はオンラインウォレットに分類されますが、ハッキングをするときはハッキング者は大きな規模の場所をまずハッキング対象として考えます。

その点で、仮想通貨取引所は最初に狙われる場所ではないでしょうか。

そのためハッキングされる可能性が高いといえます。

その点で自分で管理することができるカウンターウォレットは、パソコンのウィルス流出のリスクはあるものの、その点を対策をしておけば、セキュリティ能力は高いといえます。

また、カウンターウォレットは、登録方法がシンプルです。

Counterwallet(カウンターウォレット)から、ウォレットをダウンロードし、必要事項を入力するだけで完結することができます。

手間がかからず、セキュリティ能力も期待できるウォレットではないでしょうか。

2-2.XCPのおすすめウォレットと使用方法② LedgerNanos(レジャーナノエス)

Ledger NanoSはハードウェアウォレットに分類されます。

3種類のウォレットの種類があると紹介しましたが、このハードウェアウォレットが3種類の中ではセキュリティ能力が高いので、XCPを安心して管理したい方には特におすすめのウォレットです。

ハードウェアウォレットというので、USBを使って、仮想通貨の管理を行っていきます。

このLedger NanoSはまずパスワードを設定するところから始まります。

パソコンにUSBを接続したときに必要になるのがこのパスワードです。

そして、リカバリーフレーズの設定に移ります。

リカバリーフレーズはこのUSBが仮に紛失や故障をしたときに復元するために必要になるものです。

ここで注意するべきなのは、このリカバリーフレーズをほかの人に知られてしまうと、その人がこのXCPを管理することができるようになるため流出してしまうと考えてください。

ですので、このリカバリーフレーズの管理は厳守しましょう。

リカバリーフレーズの設定後は、Ledger ManagerとLedger Walletアプリをインストールすることでセットアップが完了します。

USBに保存する段階で、フォルダにかけることもできるのでよりセキュリティを上げることができますよね。

手間がかかる分、それだけセキュリティを保つことができるので、仮想通貨を安全安心で管理したい方は使用してみましょう。

3.XCPの2018年予想

XCPは今後伸びていく可能性が高いとみられています。

その理由としては、独自でトークンを作成していくコインが今後も流行していくといわれているためです。

その点で考えるとXCPは今後も注目を浴び続けるコインと考えてよいでしょう。

また、金融庁のホワイトリストにXCPは入っているので、これは仮想通貨の信用と価値を表しているため、金融庁からの処分を受ける可能性もありません。

2018年ももちろんですが、その先も楽しみなコインですよね。

4.まとめ

カウンターパーティーをプラットフォームとして仮想通貨XCPとXCPにおすすめのウォレットを紹介してきました。

仮想通貨現在も発展途上ですよね。

最近、世間的に認知されてきたので、今後、より仮想通貨市場全体が整備されていくと思われます。

だからこそ、仮想通貨のような資産をどのように守っていくのかが重要になります。

仮想通貨取引所のような場所で仮想通貨の管理を任せておくのも一つの手ですが、自分でウォレットを所持して、コインを管理したほうが安心なのは間違いないです。

自分が所持している仮想通貨の規模にもよると思われますが、自分の責任で資産を守っていくようにしていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする