参加するだけで毎日7万円貰る⁈ 吉村圭悟の「THE FINTECH2018」は詐欺なのか⁈

参加するだけで毎日7万円もの金額が振り込まれるという「THE FINTECH2018」

インターネットで販売されているいわゆる「情報商材」には、さまざまなものがあり、詐欺が横行することもしばしばあるようです。

プロダクトローンチと呼ばれる「いかにも怪しい」広告が使われていることが、インターネットビジネスが「詐欺」と誤解される理由。

テレビショッピングのように、思わず買ってしまって後で後悔するようなことは皆さんも経験されているのではないでしょうか。

今回は、吉村圭悟さんの「THE FINTECH2018」について、果たして「詐欺」なのか?を徹底的に検証していきます!

吉村圭悟のセミナーはやっぱり詐欺?

そもそも、プロダクトローンチという広告が「詐欺」でも用いられることが大きな問題です。

プロダクトローンチとは、縦スクロールの長〜い広告で、前半部分どころか、ほぼ最後の方まで「なんの広告?」というくらい内容がハッキリしないもの。
これによって、ついつい最後まで読んでしまい、読み終わったあとは「ほしい!」となっているわけです。

現在では、メールマガジンを何話かに分けて送る方法や、動画を添付する手法も用いられています。

こうした手法をとる理由は、「商品のよさ」をきちんと伝えることにあります。

なんとなく流れているCMとは違い、ストーリー性を持たせることで、集中して内容をみていただけますし、最後までハッキリさせないので、まるでミステリードラマでも見ているようにいろいろなことを予測、想像させるのです。

通常の広告と比べて売上が上がるのは言うまでもありません。
これは、最近のテレビでも、健康食品などの広告に用いられている手法です。

今回の吉村圭悟さんの「THE FINTECH2018」でも、メールマガジンやLINE@が用意されて、動画付きのプロダクトローンチが送られてきます。

これが「詐欺」のように思わせる部分があるのかもしれません。

では、「THE FINTECH2018」は本当に詐欺なのでしょうか。

「THE FINTECH2018」の柱は「仮想通貨」「FX」「AGIによる全自動売買」というもの。

その順序は、「LINE@」登録、申し込み、専用のサイトにログイン、専用の口座開設、さまざまなセミナー動画の閲覧など。

必要な資金は、申込時とシステム利用料とでもいうべきものがいくらかと、実際投資につぎ込む費用がいくらか。

まったくお金がいらないかのような「無料」などの言葉がでてくるので、紛らわしいこともあるかも知れません。

これは、「通常であればかなり高額であるものが無料」など、利用できる内容の一部をさすことが多いようです。

その中身の核の部分は、「投資」と「学習」です。
どちらかというと「通信教育」「ネットスクール」といった性質がつよく、カリキュラムがしっかりしていて「投資」について一から学ぶことができます。

また、口座を開設して手続きをすませると「全自動」で売買をしてくれますので、資金を入金して売買を開始。

こうして、実際に投資を体験して利益をあげながら、知識を学んでいけるという内容で、これから「投資」をはじめたいという人にはこれ以上ない内容です。

こうした、株式、外為、仮想通貨について、きちんと学べる学校は少なく、そういう意味でも、非常に貴重なツールとなり得ます。

結局、プロダクトローンチの言葉じりを捉えて「詐欺」だということは早計で、内容は本当にしっかりしたものです。

こうしたことから、吉村圭悟さんの「THE FINTECH2018」は「詐欺」ではないとハッキリお伝えできます。

吉村圭悟のセミナーと他との違いは?

それでは、「THE FINTECH2018」の内容は、具体的にはどういうものでしょうか。

参加するだけで毎日7万円貰るというシステムは、普通に考えるとやはり有り得ない内容で、「詐欺」と言われても仕方がないような宣伝文句です。

実際のところはどうでしょうか。
実は、この「仮想通貨」「FX」「AGIによる全自動売買」は、今までにはなかった新しいシステムで、吉村圭悟さんが作りだした驚くべき内容なのです。

まず「仮想通貨」です。
「仮想通貨」は、サトシ・ナカモトなる人物が書いた論文をもとに作られたものです。

その本質は、「両替をしなくても、世界中で使える通貨」です。

これはずっと以前より世界中からニーズのあったもの。
貿易などで、両替に使う手間やタイムラグは、非常に大きな損害となりうるもの。
そのため、「両替をしなくても世界中で使える通貨」を待ち望む声はあちこちで聞かれていたのです。

普通は、「通貨」というと国が発行するものであり、国の信用で成り立っています。
そのため、ジンバブエのように国の財政が破綻すると紙幣は紙切れ同然になってしまいます。

幸い、日本の円はそんなことになる心配は今のところありません。
ただ、「通貨」というものは国の信用で成り立っているということがよくわかると思います。

「仮想通貨」にはそうした国の信用がありません。

では、「仮想通貨」の信用とはなんでしょうか。
「仮想通貨」には、「ブロックチェーン」というものが導入されています。

これは、世界中で行われている「仮想通貨」のやりとりが、世界中でやりとりしている端末にすべて暗号として残っているということ。

これにより、「仮想通貨」の帳簿を不正に書き換えるには、サーバー
のコンピュータをハッキングすればできるというものではなく、取引に使われているすべての端末で書き換えを行う必要があるため、「不正ができない」ようになっているのです。

「仮想通貨」は、こうしたシステムを担保に「信用」を得ているのです。

「仮想通貨」には、大手銀行である三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行が参入を表明しており、「ビットコイン」が使える店舗は昨年の6000店舗から60万店舗に増加。

改正資金決済法が昨年施行され、正式に「仮想通貨」が通貨として認められるなど、すでに「仮想通貨」はなくてはならないものとなりつつあると言えるのです。

こうしたことから、現在すで60兆円の規模を持つ市場が、2022年には560兆円規模まで伸びることが予測されています。

たしかに、今年のはじめには申請中の取引所である「コインチェック」から500億円分もの「仮想通貨ネム」が流出して問題になりました。

また、「仮想通貨」のメリットとも言えますが、法的な整備、規制がほとんどなく、上げ幅、下げ幅が大きいという問題もあります。

セキュリティに関する問題や、法的整備の問題は、今後追いついてくるといえます。

こうしたことをすべて考慮して考えても、結論として「仮想通貨」はこれからも伸び続けるといえるのです。

「FX」については、外国為替相場で使われる手法。
レバレッジというやりかたで「少ない資金でも大きな金額を取引できる」のが特徴です。
「今買っておけば絶対儲かるのに!」というときに資金が少ししかなければ、利益を多く上げることはできませんよね。
そこでこの「FX」を使って、大きく利益を上げるというわけです。

「仮想通貨」は伸び続けて上げ幅が大きい事がメリットで、「FX」は少ない資金で大きく儲ける事ができるのがメリット。
ところが、これらにはもちろんデメリットもあるのです。

「仮想通貨」は上げ幅が大きい分もちろん下げ幅も大きいです。
「FX」は少ない資金で大きな取引ができるので、その分負けると損害も大きくなります。
また、現代社会では、誰もが24時間スマホやパソコンから売買ができるので、おちおちと目を話す事ができません。

コインチェックの問題では、1ビットコイン140万円でしたが、一気に70万円まで値が下がってしまいました。
さらに、その後一月余りで120万円まで戻し、現在は、90万円程度。

このように「仮想通貨」は、上げ下げの幅が大きく激しいため、一瞬も気が抜けないのです。

‪「THE FINTECH2018」には、もう1つの要素「AGIによる全自動売買」があります。
これはいったいどういうものでしょうか。

実は、「AGIによる全自動売買」とは、人工知能が市場の動きを予測して最もいいタイミングで自動で取引を繰り返し、安定的に利益を上げるというシステムです。

これによって、「大きく負ける」ことはありませんし、24時間放っておいても利益が出ることになるのです。

すなわち、「仮想通貨」「FX」のデメリットがほぼ完全にカバーでき、それでいて24時間なにもしなくてもいいのです。

そのためには、もちろん人工知能の性能がもっとも重要な部分となります。
この人工知能がしっかり予測して、売買を成功させなければ、何もかもがパァになります。

吉村圭悟さんは、この人工知能の開発に20億円もの資金をつぎ込んでいます。
通常の人工知能ではなく、柔軟にさまざまな状況に対応でき、独自の学習能力を備えた「より人間に近い」人工知能なのです。

吉村圭悟さんがこの「AGI」にかなりの情熱を注いでいるのは間違いありません。

それだけこの「THE FINTECH2018」には「AGIによる全自動売買」は欠かせないものであるのです。

ここまで見てきたように、「THE FINTECH2018」は、ほかのものとは全く違う内容で、洗練されていて追随を許さない内容です。

「ほかとは全く違うレベルの高いもの」であるという事ができます。

吉村圭悟のセミナーには返金保障がある?

「THE FINTECH2018」には「全額返金保証」があります。
それだけ自信があるという事です。

ただし、さきほど流れを簡単に説明しましたが、この流れの通りにキチンと行動する事が大切です。
「できない」「やらない」では返金保証が効くかどうかはわかりません。

それほど難しい内容ではないので、手順に沿って順序よく行えば誰にでもできますし、しっかりとサポートもしてくれます。

吉村圭悟から詐欺に遭わないために確認すべき情報はある?

さて、実際に申し込んだとして、「詐欺!」と思わないためには、疑問に思うことを先に全て聞いておくこと。

幸い、窓口は用意されているようのなので、疑問に思うことはすべて先に聞いておきおましょう。
とくに、「全部でいくらかかるのか?」とか、「どういう作業があるのか?」ということについては、必ず確認しておくことをお勧めします。

たとえば、これから「投資」を始めたいと思っていて、それなりに資金も用意しているけど、何から始めていいかわからないという方には、これ以上ないプロジェクトです。

何度も申し上げているように、実際に「全自動システム」により「売買」を「経験」する事ができ、「利益」ももらえるのです。
さらには、「仮想通貨」や「FX」に関する詳しい内容を学ぶことができます。
「知識」と「技術」も手に入れる事ができるのです。

まとめ

今回は、吉村圭悟さんの「THE FINTECH2018」について見てきました。

たしかに、広告や文言だけを見ると「詐欺じゃないの?」と疑いたくなる面は多々あります。

しかし、実際に詳しく調べて見ると、かなり信頼性の高い内容であることは間違いありません。

「無料!」「何もしなくていい!」といった言葉がたくさん出てくるので、そのあたりが引っかかってくるかもしれませんが、ある程度のお金は必要ですし、口座開設や動画を見て知識を身につけるなど、多少の作業はあるはずです。

プロダクトローンチをよく読んで、「何が無料なのか」「何をしなければいけないのか」を確認しておくこと。
また、それだけではわからない場合は、しっかりと問い合わせて納得してから自己責任で参加するようにしてください。

ただ、これほどの内容のものは見たことがないので、インターネットビジネスの「情報商材」も、今後はレベルが底上げされて大変だなぁと思います。

こうしたレベルの高い商材が売られるようになったら、ちょっと素人が知ってることをまとめただけの商材は、もう絶対売れないですね。

どんな詐欺まがいの内容でも売れていた時代はもうすでに過去のものとなっていて、現在では、かなりレベルの高いものが売られているということを、この「THE FINTECH2018」は証明していると言えるのです!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする