毎日7万円を受けとれる「THE FINTECH2018」で被害を受けた人はいるの?!

「THE FINTECH2018」の吉村圭悟さんは、業界では知らない人がいないくらい有名なファイナンシャルプランナーです。

ファイナンシャルプランナーとは、人生で使う「お金」のことについて、きちんとその使い方を計画してくれる「お金」のプロフェッショナルです。

人生では、住宅ローンや子供の学費、病気をしたときの医療費など、さまざまな出費があります。
最近ではカードローンや奨学金の支払いで自己破産するような方も多いようです。

今までに、万を超える相談を受けてきた吉村圭悟さんは、「このままではほとんどの人が、老後破綻する」と警告しています。

吉村圭悟さんの話によると、生命保険に入っても、肝心なときに支払われないことがあり、年金もあてにできず、このままでは、間違いなくほとんどの人が老後破綻を迎えるというのです。

なんとなく、「年金は大丈夫かな?」とか「生命保険って大丈夫なの?」と漠然な不安があるだけに、プロにハッキリと「このままでは老後破綻しますよ」と言われるとこたえますね。

そこで、吉村圭悟さんは「お金を増やす」方法として「THE FINTECH2018」を立ち上げたのです。

それにしても、参加するだけで毎日7万円も受け取れるというこの「THE FINTECH2018」

どう考えても「怪しい」ですよね。
実際に被害は出ているのでしょうか。

THE FINTECH2018に参加して被害を受けないか心配です
「THE FINTECH2018」について、その内容を詳しく調べてみましょう。

「THE FINTECH2018」というのは、「仮想通貨」と「FX」を組み合わせ、人工知能で「全自動売買」を行うというものです。

これには、「投資」について詳しく学ぶことができる「通信教育」のような動画セミナーが4ヶ月分ついてくるようです。

このことだけみても、「投資」についてプロフェッショナルから学べる学校はほとんどありません。
「専門学校」と考えると学費にすれば格安なので「被害」にあうとは言えません。

また、システムの中身をみなくても、すでに3000名もの参加者が毎日7万円を受け取っていることを考えると、被害を受ける心配はなさそうです。

もし、被害を受けるとなると、「全自動売買」が失敗して大損することが考えられます。

そうしたことは本当にないのかを検証していきましょう。

まず、「仮想通貨」についてです。
なかでも、今回の「THE FINTECH2018」では、「ビットコイン」を中心に取引を行うとのこと。

この「ビットコイン」は大丈夫なのでしょうか。
最近では「コインチェック」という出川哲郎さんがCMをしていた申請中の「仮想通貨」取引所から、「仮想通貨ネム」が580億円分も流出して大問題となりました。

こうした話題を見ると、「仮想通貨」って大丈夫なの?と思うのは当然ですよね。

「仮想通貨」自体の歴史が浅いため、セキュリティや法規制が進んでいないのが原因。

ただし、昨年、日本では「改正資金決済法」という法律が施行され、「仮想通貨」を正式に通貨として認め、その定義についても詳しく取り決めています。
また、それまでは自由に開設できた取引所も届出申請が必要となり、そのため「コインチェック」も申請中の取引所だったわけです。

「仮想通貨」は、ブロックチェーンという仕組みで不正ができないようになっています。

普通、こうしたデータはメインのコンピュータで管理され、何重にもセキュリティをかけて不正ができないようにされています。

こうした方式では、バックアップが必要ですし、バックアップコンピュータのセキュリティを含めて膨大な資金が必要な上、完全に守られているとは言えない状況です。

これに対し、ブロックチェーンでは、取引を行うすべての端末で暗号化されたデータが管理されるため、不正を行うとすると、すべての端末を書き換える必要があり、事実上不可能となります。

端末とは、スマホやパソコンのことで、世界中で取引をしているすべてのスマホやパソコンが対象となるわけです。
これらをすべて書き換えるのは、やはり不可能ですよね。

こうした仕組みを取り入れていることから、世界では「暗号通貨」と呼ばれるのが一般的です。

「ビットコイン」は、2009年に発行された「暗号通貨」で、当時は1ビットコインあたり1円の価値もありませんでした。
ところが、昨年末に250万円の値段がついて大変なブームになります。
もし、2009年に、ビットコインを1円でも買っていれば、250万円にもなっていたのです!

もし買うなら1円ということはないでしょうから、1万円買ったとしてら、なんと250億円!

これが「仮想通貨」大ブレイクのきっかけです。
1万円が250億円にもなったら、そりゃブームになりますよね。

「ビットコイン」はその後、熱が冷めたのか140万円程度に落ち着き、コインチェックの問題でひと月足らずで70万円まで下落。

すぐに120万円まで戻しますが、申請中の取引所7つに調査が入るなど、現在は90万円まで下がっています。

「株式投資」では、アメリカの鉄鋼関税問題で1000円下がったなどと言っていますが、「仮想通貨」では1000円程度の上がり下がりはあたりまえ。
1日で10万円、20万円の乱高下もあるのです。

「仮想通貨」の乱高下の原因は、法的な規制がないこと。
比較的素人の参入が多いことが挙げられています。

法的な規制がないので「ストップ高ストップ安」というものがありません。
上がるときはどこまでも上がり、下がるときはどこまでも下がるのです。

また、プロのトレーダーは、アップトレンド、ダウントレンド、レンジ相場などと状況をよみ、セオリーに合わせて売買するのに対し、素人ばかりだと、うわさや欲に振り回されて売買するため、かなり激しく値が動くことになります。

値幅が大きいことは「仮想通貨」の最大の魅力でもありますが、負けると大きな損害にもなります。
被害を受けるとするなら、この損害の部分がもっとも心配ではあります。
値動きが激しいだけに、急落することが怖いわけです。

それでも「仮想通貨」には良いニュースもあります。
大手メガバンクの三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行が、参入を表明。
「ビットコイン」の国内取り扱い店舗数も、昨年の6000店舗から60万店舗に増加。

財政破綻した国家では、自国の通貨の価値がなくなってしまうため、「仮想通貨」を導入する動きもあります。

「仮想通貨」は世界的にみても、かなり浸透する傾向があり、一過性のブームやバブルでないことはあきらかで、今後も伸び続けるのは間違いないといえます。

とくに、現在では60兆円の市場規模があり、2022年には、560兆円までその規模が拡大する見込みだと言われているのです。

結局、「仮想通貨」に関していえるポイントは、「今後も、大きな上がり下がりを繰り返しながら、伸び続ける」ということがハッキリといえるでしょう。

「FX」についてはどうでしょうか。
「FX」は、外国為替相場で使われる手法で、少ない資金で大きな取引ができるのがポイントです。

「ビットコイン」は、現在、1ビットコインで90万円程度の値がついています。
もちろん、通常であれば1ビットコインを購入するには、90万円程度の日本円が必要です。
「FX」では、資金が5万円程度でも、1ビットコイン以上の取引ができることがメリット。

もし、資金5万円で1ビットコインを購入し、「ビットコイン」が90万円から150万円まで上がるとすると、60万円もの利益を得ることができるのです。

「ビットコイン」は、今年中には150万円程度には戻してくるという予想がされていますので、これは特別「夢のような話」ではありません。

「仮想通貨」と「FX」は、うまく値が上がれば利益が大きいというメリットをもつ反面、値が下がると損害も大きいというデメリットがあります。

これこそ「THE FINTECH2018」の被害として心配なところです。

この「デメリット」の部分を完全にカバーするために、この「THE FINTECH2018」では、なんと20億円もの資金を投下しています。

このプロジェクトの肝は「人工知能」です。
この性能、精度が悪ければ、すべてが失敗となります。

そのため、この人工知能の開発に20億円もの資金をつぎ込み、最新式かつ今までにない「AGI」を完全させます。

これは、「将棋なら将棋」と、一つのことしかできなかった人工知能の性質を、柔軟に、さまざまなことに対応できるものとし、あらゆる局面を計算、予想する、独自学習型の人工知能として生まれ変わらせたのです。

この「AGI」を使って24時間自動で売買することにより、アップトレンド、ダウントレンド、レンジ相場の変化を完璧に予測し、もっとも良いタイミングで売買を繰り返すため、利益だけが安定的に積み上げるシステムとなります。

さらに、「複利」を利用することで、利益は雪だるま式に大きくなります。

万が一の不測の事態に備えて、現場では100名を超えるプロトレーダースタッフが常駐して取引を監視します。

この「THE FINTECH2018」は、ここまで完璧に作り込まれているので、「被害」を受ける心配はなさそうだと思われます。

THE FINTECH2018の吉村圭悟さんは信頼できる人ですか?
もともとは、生命保険の営業として活躍され、三年連続営業成績世界一となっている吉村圭悟さん。

その人柄は、「THE FINTECH2018」を作った理由を見ればハッキリわかります。

先程もお伝えしたように、吉村圭悟さんは、ファイナンシャルプランナーとして活躍される中で、「このままでは、ほとんどの人が老後破綻を免れることができない」という結論にぶつかります。

そのためには、「お金を増やし、守る方法を作るしかない」のです。

そうした思いで「THE FINTECH2018」ができています。
吉村圭悟さんが信頼できる人なのは、明白ですよね。

それは、取引の現場、キプロスのスタッフの笑顔からもよくわかると思います。

もしTHE FINTECH2018の被害を受けたらどうすればいいですか?
ここまでお話してきたとおり、「THE FINTECH2018」で被害を受けることは考えられません。

ただ、もしどうしても利益が得られなかったという場合には、全額返金保障があります。

そもそも吉村圭悟さんは、自分のトレードだけで年に何億もの利益をあげておられ、このプロジェクトで儲けようとは思っていないはず。

なにか問題があれば返金保障を利用されるといいでしょう。

THE FINTECH2018の被害者にならないために確認しておくことはありますか?
それでも、確認しておくべきことはあります。
それは、広告にはない詳細を聞いておくこと。

例えば、参加後の流れや、必要な経費の合計、返金保障が適用される条件など。

また、授業の内容が自分に合ったものかも確認しておくといいでしょう。

まとめ
今回は、「THE FINTECH2018」について、「被害」にあうことはないかを見てきました。

まず、詐欺的な要素は、吉村圭悟さんの業界での知名度や実績を考えると、「あり得ない」ということ。

そうすると、システム自体の欠陥による投資の損害が「被害」となる可能性があります。

しかし、それについても検証してきたとおり、「AGI」による「全自動売買」で、デメリットを完全にカバーすることで、損害自体がほぼあり得ません。

それ以外では、「お金を支払ったのに、やり方がわからないからできない」という、意外となさそうなことが起こります。
そのため、やはり事前に疑問点をしっかりと問い合わせて置くことが大切です。

この「THE FINTECH2018」は、すでに募集が始まっており、急がないと質の高い管理運営のために少人数で打ち切られる恐れがあります。

興味のある方は、なるべくはやく検索して、説明の動画などをチェックし、疑問点を問い合わせたうえで参加することをおすすめします。

特典のなかには「先着順」のものもありますので、急いでください!
とくに「投資」をこれから始めようという方には、知識も経験も技術も得られて、利益もはいるというおすすめの内容ですので、ぜひ検索して見てください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする