雑貨店に必要な開業資金と成功させるコツまとめ

雑貨店を開業したいと考えている方は多いかもしれません。自分のセンスで商品を集めて、お気に入りの商品に囲まれ、それをお客様に販売するなんて、非常に夢のある商売です。

しかし、新たに雑貨店を開業するのは簡単なことではありません。特に開業資金など、どれだけ掛かるのか?というのは、大きな問題となってくることでしょう。

今回は、雑貨店を開業したい方に向けて、どのくらいの開業資金を必要とするのか?また、成功させる為にはどういったコツがあるのかをご紹介していきます。

1. 雑貨店の開業資金はいくら必要?その内訳は?

雑貨店だけには限らず、新たにお店を開業しようと考えた場合、まず考えなくてはいけないのが開業資金がいくら必要なのかということです。

どれだけ良いアイデアや、ビジネスモデルがあったとしてもそれを成立する店舗であったり、商品がなければ何もすることができないことは理解していることでしょう。

では、大まかに雑貨店を開業しようとした場合、どれだけの開業費用が掛かるのか?また、初期費用の内訳やランニングコストの内訳をご説明していきます。

1-1. 雑貨店の開業費用

基本的に雑貨店に開業資金というのは、飲食店などを開業する際に必要となる設備投資を必要としないですし、客席なども必要ないので、ある程度の金額の抑えることができます。

・テナントの初期費用
・内装費
・仕入れ代金
・人件費
・什器・備品
・梱包・包装紙

これだけの準備をするくらいの金額が、雑貨店を開業するのに必要な資金となりそうです。もちろん、雑貨店に規模などにもよりますが、最低限これだけあれば開業することは可能です。

1-2. 初期費用の内訳

初期費用の内訳としてはテナント初期費用に10万円、内装費に50万円ぐらいが妥当なので、併せて60万円くらいを見ておくと良いでしょう。

もちろんのことですが、立地によってテナントの家賃も変わりますし、内容にこだわりデザイン性の高い雰囲気にしたければ、もっと金額は掛かります。

さらに必要になるのは、初期の仕入れ費用です。ここをあまり抑えすぎてしまうと、中途半端な品揃えとなってしまうので、小規模な雑貨屋だとしても、300万円ほどのお金は最低限必要となってきます。

1-3. ランニングコストの内訳

では、実際に営業を始めてから掛かるランニングコストの内訳ですが、まずは人件費です。誰も雇わないで一人で営業していくのであれば必要はないのですが、防犯面から考えても自分以外に一人の従業員が雇いたいところです。

そうなると、1ヶ月で20万円ほどのコストが必要になります。他には什器や備品、梱包用の包装紙などが必要となるので、これで10万円くらいを目途に見ておくと良いでしょう。

2. 雑貨店の開業資金を調達する方法

雑貨店が飲食店など他のビジネスと比べて開業資金を安く抑えられるとはいえ、数百万円の開業資金が必要となるのには間違いありません。

それだけの資金をすでに確保できているのであれば問題はありませんが、大抵の場合そこまでの資金を確保できてない方が多いのではないでしょうか。

そこで必要なのが、雑貨店を開業するために必要な資金を集めるということです。いわゆる、資金調達というものです。ここでは、個人で資金を調達する方法をお伝えします。

開業の資金調達と言えば、銀行に融資を交渉するといったイメージがある方が多いとは思いますが、現実的に個人で銀行からの融資をしてもらうのは、非常にハードルが高いものとなります。

ですので、個人が資金調達をするのに適している現実的な方法をご紹介します。

2-1.地方自治体に融資をお願いする

各地の地方自治体には、開業資金融資の窓口を設けており、その地域に住む人や開業をする人に対して融資をしてくれるといった制度があります。

雑貨店を開業するのであれば、地方自治体から受けることができる融資の金額で充分間に合うでしょう。さらには、利子補給制度などの、金利の一部を自治体が負担してくれる制度を設けているところもあります。

この制度に関しては、融資というよりも助成金や地域に暮らす人の為の公的サービスといった意味合いの方が大きいので、金利が安く設定されており、返済しやすいものとなっています。

3. 雑貨店の物件選びのポイントと契約時の注意点

雑貨店は、店頭に置く商品のコンセプトにもよりますが、物件をどこにするかで大きく売り上げが変わってきます。

ですので、物件選びは慎重に行わなければいけません。もし、良さげな物件を見つけたのであれば、すぐに決めるのではなく、その物件の周辺を実際に歩いて「人通りはあるのか?」「平日と週末の人通りはどんな感じか?」といったことを確認してみることも大切です。

また契約時の条件にも注意をしましょう。契約をしたは良いが、実は看板を設置するのはNGだったなんてこともあり得ます。実際に契約する際には、そういった全ての条件を確認した上で契約を行いましょう。

4. 雑貨店のような在庫ビジネスの問題点と成功のコツ

雑貨店のような在庫ビジネスの問題点を言えば、やはり在庫をどれだけ抱えるのか?また成功する為には、目玉商品を生み出す事がポイントとなります。

その為にも徹底した在庫管理術や、世の中のトレンドを常に読み、それに自身のアイデアを加えて、独自性をもった販促をしていくことが成功のコツとなるでしょう。

5. 個人経営の雑貨店の成功事例と年収

個人経営で雑貨店を開業した事例は多くありますが、その中でも成功していると言えば東京の板橋区にある「大人の雑貨mama」さんなんかは有名ですね。

年収は不明ですが、実際雑貨屋はそこまで稼げない業種と言われています。ですので、お金儲けというよりも自分の好きなことをビジネスとしていきたいといった方には向いているのかもしれません。

6. 失敗しない雑貨店の開業・経営方法

失敗しない雑貨店の作りだすためには、いくつかのポイントを抑えておくことが重要です。当然のことながら、何も考えずにお店をオープンさせたところでお客様は来てくれないでしょう。

特に重要なのは、お店のコンセプトとターゲットを明確にすることです。コンセプトを明確にすることで、お店の特徴がでますし、お客様からの支持を得やすいです。

ターゲットを絞ることで、どういった商品を陳列するのか?また、どういったお店作りをするのかが明確になるので、ブレない経営を行っていくことができるのです。

7. 雑貨店を開業するために必要な資格や許可

雑貨店を開業するのには、特に必要な資格はありません。ただ、色々な商品を取り扱う為、環境対策商品、家庭用品安全基準認定商品、危険物該当商品、あるいはGマーク商品や業界推奨マーク入り商品などに関しての知識を勉強しておくと良いでしょう。

8. 雑貨店に必要な開業資金と成功のコツまとめ

雑貨店は、開業ををしようとすれば比較的短期間で開業することができます。開業資金が足りなくとも、地方自治体の制度を利用すれば融資を受けることは可能です。

しかし、開業してから軌道に乗せるかは、お店のコンセプトとターゲット選定が重要なものとなってきます。開業前にはとにかく構想を練れるだけ練って、準備万端の状態でオープンを迎えるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする